212.なぜ、勉強ができる子はサッカーもうまいのか?その理由とは。

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

「勉強ができる子はサッカーもうまい」

もちろん、そうでない場合もあります。

私は勉強できないし、サッカーもうまくない(汗)
でも、サッカーを子どもに教えるのは大好きです!(笑)

さて、話がそれましたが、勉強できる子がサッカーもうまい傾向は確かにあります。

なんでだろう?と考えました。

「勉強ができる」とはどういう事なのかを考えると、ピン!ときました。

「勉強ができる」とは、「頭が良い」とも表現できます。

単純にテストで点を取るとか成績がいいとかだけではありません。

数字に表れない「頭の良さ」や「かしこさ」も大切ですからね。

では、「勉強ができる」「頭がいい」「かしこい」子どもは何がすごいのか?

それは、

「学ぶことを学ぶ力」

が優れているのです。

何でこれはこうなんだろう?などの興味関心から始まり、

もしかしたら、こうなんじゃないか?

こうやってみたらどうだろう?

少し分かった!じゃあこれは?

う~ん、分からない。調べてみよう。

お~!そういうことか!

やった!面白い!分かった!できた!

これらは学ぶことを学んでいるプロセスの一環です。

知的好奇心を満たすための学びです。

学ぶことは楽しい!が分かっているのです。

どうでしょうか?

これらの一連の流れは勉強にもサッカーにも当てはまりませんか?

学ぶことを学べる子どもは、勉強もできるしサッカーもできるのです。

逆説的に言えば、サッカーが上手い子は勉強もできるとなりますね。

つまり、あの流れが優れているんです。

えっ?あの流れ?

そうです!あの流れです!

明日へ続く。。。

今日1日があなたにとって素敵な1日となりますように。

(^_-)-☆てつ

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

211.子どもは遊びの天才!

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

突然ですが、芝生の斜面の写真は何をしている所か分かりますか?

先日、6年生の県大会がありました。

1試合目が終わり、次の試合まで2時間半の空き時間があったのですが、5年生を中心とした遊びの風景です。

要するに、

「ドリブルして斜面の下から上に到達するゲーム」

なのですが、斜面の上から次々とスライディングしてくる仲間をかわさないといけません。

スライディングしてボールを奪うことができた人が、ドリブルする権利をもらえます。

私も挑戦しましたが、これが難しい!

なにせ、ドリブルしながら斜面を登りつつ、スライディング部隊をかわさないといけないのですから。

でも、これがかなり面白い!

スライディング部隊はちゃんと一列に並んで順番待ちをしていたり、みんなでスタートの声を掛け合ったりとルールも作られている。

自分たちが楽しむためのルールを自分たちで決めて、改良しながら永遠と遊んでいる。。。

やっぱりルールは上から下に強制的に守らされるものではなく、自分たちが安心・安全に楽しく過ごすために自分たちで作り出すものなんだな~と思いました。

5年生を中心としながらも1年生や他の学年も混ざっているし、同じゲームを別の場所で3年生がやり始めていました。

もちろん、服は芝だらけ、土だらけ。。。

この遊びを知らずに汚い服を着て家に帰ってきた子どもを見たら、

「なんでこんなに汚いの!?」

「6年生の応援に行ったんでしょ!?」

「何してたの!?」

となるかもしれませんが、お父さん・お母さん怒らないでくださいね。

その他にも枯草を集めてベッドを作っているグループもありました。

呼ばれて横になったら本当に寝そうになりました。。。

子どもは遊びの天才です。

 

今日1日があなたにとって気付きを得られる1日となりますように。

 

(^_-)-☆てつ

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

 

 

210.仲間を思いやる心の大切さ

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

昨日は、6年生が小学校生活最後の公式戦でした。

1回戦は勝ち、2回戦はPKで負けてしまいました。

結果を言えばそれで終わりですが、そこまでのプロセスや負けが決まった瞬間のストーリーは素晴らしく、負けたのに幸せな気持ちにさえなりました。

涙が出るほど感動したし、嬉しかったです。

 

最後に戦ったその相手は、かなりの強豪で自分たちよりもはるかに格上でした。

半年前に戦った時には1点も取れないどころか、内容でも圧倒されて完敗していました。

その相手に1点を先制し、後半に失点したものの全く沈むことなく最後まで堂々と戦ったのです。

試合後、コーチ同士で話をしました。

 

「彼らは心も体も技術・戦術も、信じられないくらい成長した姿を見せてくれた」

 

私は、1年生から彼らを見てきました。

途中でメンバーが減ったり増えたりしましたが、今いる彼らは自慢できる最高のメンバーです。

オランダ・ドイツ遠征に行ったメンバーもいますし、思い入れがあります。

 

さて、PKでシュートが入らず負けが決まった瞬間、

彼らはどのような行動を取ったでしょうか。

 

みんなでそのキッカーの所に駆け寄って迎えに行き、

うなだれている身体に手を回し、

センターサークルまで戻ってきました。

 

公式戦でPKを外したことのある人なら分かると思いますが、PKを外した後センターサークルまで戻るのが辛いのです。戻れないのです。責任を感じているから。

でも、チームメイトはみんなで彼を迎えに行きました。

誰に何を言われるでもなく、自然とそうしていました。

 

試合は負けて悔しい気持ちはあるけど、

その内容や戦う姿勢、

成長の度合い、

一体感と連帯感、

仲間を思いやる心

 

などを見れたので、嬉しいしなんだか幸せな気持ちになりました。

彼らには感謝しかありません。

自分たちの力を引き出してくれた相手チームにも感謝です。

両チームが本当に精一杯戦いました。最高の試合でした。

全学年で応援に来て良かった!

6年生のその姿を1年生から中学生がしっかりと受け止めました。

このチームは、本当に素敵なチームです。

最高の仲間たちです。

一生続く、かけがえのない宝です。

今もまだ幸せな気持ちに包まれています。

ありがとう。

 

今日1日があなたにとって幸せを感じる1日となりますように。

 

(^_-)-☆てつ

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

209.他者の意見を受け入れる(3才児)

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

この1年間の年少さんの成長はとても凄いと感じています。

低学年には低学年の、高学年には高学年の成長があり、

それらは私たちコーチにとって一番うれしいものです。

年齢が低くなれば低くなるほど、成長の個人差が表れるものですが、

一人ひとりを見ても成長度合いにはびっくりします。

 

あれだけ自分とボールの関係性が強く、自分のボールを他の人に蹴られるのを嫌がっていたのに、

今では2人で1つのボールを奪いあい、1対1の練習をしています。

サッカー以外でも、成長を感じることはよくあります。

例えば、コーチに促されなくても自分でトイレに行ったり、水を飲みに行ったりできる。

これもコーチに指示命令されて動くのではなく、自分で考えて行動することの一歩となります。

また、自分と他者の関係性も理解し、協力することも少しずつ理解できるようになってきました。

試合前にみんなで円陣を組んで「エイエイ・オー!」もやっています。

試合では、ボールを奪いに行ったり、ゴールを守ったりとその時々で考えながらプレーしています。

 

でも1番の成長は、他者の意見を受け入れることができるようになっていることです。

練習でマーカーを円形に置くことがあります。

今まではコーチが置いていました。

しかし、最近では子どもたちに任せています。

もちろん「あーでもない、こーでもない」と言い合いはあるものの、

自分の意見を主張するだけでなく、他者の意見を聞いたり受け入れたりできるようになっているのです。

 

「自分の意見が全てではないし、自分の意見がいつも通るとは限らない」

 

それをサッカーで学べるってすごいと思いませんか?

サッカーを通して得るもの、その経験の蓄積は将来必ず役に立ちます。

 

彼らの20年後、30年後を見据えて、今の指導をしています。

 

今日1日があなたにとって有意義な1日となりますように。

 

(^_-)-☆てつ

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

208.沈黙には3つの意味がある

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

子どもと話をする時に、だまってしまうことってありますよね。

コーチや親がついつい言ってしまう言葉の一つに、

 

「何で黙ってるのー!!!」

 

「黙ってないで何か言いなさいよー!!!」

 

などがあります。

しかし、その沈黙には3つの意味があるって知ってますか?

 

1)考え中の沈黙

2)休止、停止中の沈黙

3)拒絶中の沈黙

 

1)考え中の沈黙

子どもが何かを思い出そうとしていたり、表現する言葉を探している時の沈黙です。

 

2)休止、停止中の沈黙

子どもが自分の感情と向き合っていたり、静めようとしている時です。また、思考を停止している時の沈黙でもあります。

 

3)拒絶中の沈黙

子どもがもうそれ以上話したくないという態度を示している時です。反抗して拒絶している時の沈黙です。

 

子どもが黙っている時に、

「何かを思い出そうとしているのかな?」

「自分の気持ちをコントロールしようとしているのかな?」

「反抗的になっちゃっているな」

などはたいてい見れば分かると思います。

あなたが感情的になってしまうとこれらが分かりませんし、冷静に対処することも難しいでしょう。

子どもが黙り込んでしまった時、この3つを思い出して時間をおいてみたり、別の日にしてみたりなど柔軟に対応したいですね。

 

でも、

実際は難しいですよね。。。

 

冷静に対処するためには、

自分に余裕がないといけません。

自分に余裕を持つためには、

自分自身が満たされていないといけません。

自分自身を満たすためには、

自分を認め、ほめて、ねぎらうことです。

 

あなたはいつも仕事や家庭や育児で頑張っている。

あなたはもっと良くなりたい、もっと成長したいと思っている。

だからあなたはこのブログを読んでいる。

あなたが一生懸命なのはちゃんと気付いていますよ!

お天道様はいつもあなたのことを見ています。

 

今日1日があなたにとって自分を労うことができる1日となりますように。

 

(^_-)-☆てつ

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

207.新年の抱負は○○したい!から○○する!へ変換しよう。

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

高学年になるとサッカーノートを記入してコーチに提出しています。(強制ではありません)

 

ノートの文章の中で、

「〇〇したい」と書いてあったら、

「〇〇する!」とできたら訂正してもらいます。

 

なぜなら人間は思ったことは実現の方向に進むし、

それを言葉や文字にすると更に実現へと向かうからです。

 

野球のイチロー選手やサッカーの本田選手の作文が、〇〇したいですのようにあやふやに描いているのではなく、かなり具体的に数字も織り交ぜながら書いていることはあなたも知っていることと思います。

 

そういえば、昨年の1年間だけでも仕事面・プライベート共に決断したことや、やる!と決めたことは本当に実現したり、その方向に動き始めたりしています。

 

最近、色々な本を読んだり人から聞くことの1つに、

「とりあえず行動してみよう!」

というフレーズがあります。

 

悩んだり考え込んだりするんだったら、とりあえず行動してみよう!

そして失敗してその失敗を元に次を考えて行動しよう!

「決断」は大切です。

決断しなければ行動はないし、

行動がなければ、失敗も成功もない。

つまり、

決断しない⇒行動しない⇒現状維持すらない。

それは、時がどんどん流れているからです。

 

私は決断するのに時間がかかるタイプですが、

本当に決めたら後戻りせずに絶対やるタイプです。

 

「〇〇したいな~」ではなく、「〇〇する!」と決断することが大切です!

 

私はお腹が出てきたから、ちょっとやせたいな~!(笑)

 

今日1日があなたにとって決断できる1日となりますように。

 

(^_-)-☆てつ

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

206. 「欠点を補い合う」というチームの作り方

サッカーチームを作る上でベースとなる考え方があります。

子どもたちに様々なアプローチで成長を促しますが、その1つはチーム内で競争を促すやり方。

他方では、チーム内で助け合うという考え方です。

その根底には、私も含め人間はみな欠点や足りない所がある。

チームで他のみんなの足りない所を補い合おうというものです。

一人ひとりがチームメイトの長所・短所を把握してサポートし合うのです。

その為には、思いやり・協力・感謝・リスペクトがやはり必要となります。

その意味では、私は最低のサッカー選手(特に高校時代)だったと言えます。

味方にも相手にも文句を言いまくってプレーしていたからです。

本気でプレーするとどうしてもこのように感情が爆発してしまう。

そんな事も時には必要なのですが、、、

私たちコーチは、子どもたちに様々なアプローチを考えます。

時に競い合い、時に高め合い、助け合い、協力し合う。

それが、サッカーも強くなるし人間的にも成長することに繋がります。

コーチはサッカーを通して子どもたちをどのように導くか。

私はサッカーによって育てられたようなものです。

恩返しをしなければ!!!

今日1日があなたにとって気付きをもらえる1日となりますように。

(^-^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★