274.負の連鎖を自ら断ち切り、人生を切り拓くことができるのか。

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

 

6年生が最後の公式戦でPK戦の上、負けてしまったことは以前書きました。

今日はその続きの物語です。

まずはこちらを読んで、状況を思い出してください。

210.仲間を思いやる心の大切さ

 

あの時、PKでシュートを外してしまった選手にとって、

そして、チームにとって、

今日まで物語が続いているとは思いませんでした。

 

今日は招待大会最終日。

小学校生活最後の大会。

最後の試合。

最終順位を決定するその試合。

試合時間は残り1分半。

 

同点。

このまま終わればPK合戦に突入。

あの日のPKでの敗戦があるのでベンチも観客もざわついている。

 

「またか。。。」「またPKか。。。」

誰もがあの日の敗戦を思い返している。

もうあのようなシーンは見たくない。

そんな親御さんたちの悲痛な思いが伝わってくる。

 

その時、

あの試合でPKを外した選手がベンチから立ち上がり、

チームメイトに声を掛け、交代してピッチに入った。

 

次の瞬間、試合終了。

そしてPK合戦へ。

 

その彼はベンチにいたらPKを蹴る資格は得られないが、

残り数秒でその資格を得ることに成功した。

 

それが吉と出るか凶と出るかは分からず。。。

 

そして、PK合戦が始まる。

 

一人目のキッカー、両者、成功。

 

二人目のキッカー、両者、成功。

 

そして、三人目。。。

 

あの彼が登場。

 

あの日と全く同じ状況。。。

 

外したら負け。。。

 

2カ月前の公式戦でPKを外し、

「PKはもう蹴りたくない」

「もう失敗したくない」

「みんなに迷惑かけたくない」

「俺のせいで負けたなんて嫌」

となるのが普通だと思う。

 

しかし、彼は全く同じ状況で

失敗するか成功するか分からない状況で

3人目のキッカーとしてゆっくり歩いていく。

背中には小学生の彼には抱えきれないくらいの

はるかに大きなプレッシャーを背負いながら。。。

 

ボールをセットして、

ゆっくりと後ろに下がる。

 

あの時は右側に蹴り、ポストに当たって枠の外にボールが飛んでいった。

あのシーンをどうしても思い出してしまう。

ボールがポストに当たった時の「カーン」という乾いた音。

泣き崩れる選手。

なぐさめる選手たち。

あの時のシーンが脳裏をかすめる。

 

あの時から2カ月。

全く同じ状況で、

ボールから5・6歩下がった所に彼はまた立っている。

 

そして、一呼吸置き、ボールに向かって走り始めた。

 

また明日。。。

 

今日1日があなたにとって笑顔の1日となりますように。

 

(^_-)-☆てつ

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

 

 

 

 

 

 

 

273.“ 体操のお兄さん ” デビュー!

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

この大会はすべて子どもたちの手作りです。

開会式や閉会式も子どもたちが行います。

サポート役の学年の子どもたちが

・ルールを発表する人、

・運営方法を発表する人、

・注意事項を発表する人、

・ビジョンとミッションを発表する人

など役割分担をして皆の前で伝えます。

あんなに大勢の前でマイクを片手に話をするのです。

当然緊張します。

間違えることだってあります。

それがまた一生懸命で可愛かったりするのですが。。。

中には、間違えた時に

「失礼しました」

と言って言い直す選手もいてびっくりします。

中でも開会式(たまに閉会式でも)で登場する

“体操のお兄さん”

には最大の拍手を送りたくなります。

「は~い!みんな~!おっはよ~!」

「あれ~?元気がないな~!もう一度、おっはよ~!」

と登場してエビカニクス体操を踊ります。

各学年に必ず1人は「体操のお兄さんキャラ」がいます。

本当にみんなが笑顔になります。

みんなの笑顔を作り出すお兄さんを私は尊敬します。

来年はどんなお兄さんがデビューするのか今から楽しみです。

今日1日があなたにとって思い出に残る1日となりますように。

(^_-)-☆てつ

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

272.コーチ!ごめん!今日は自分たちでメンバーも作戦も決めるから!

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

 

この大会は運営を子ども主体で行います。

そして、参加チームの子どもたちも同様に全てを子どもたちが行います。

ウォーミングアップ、スタメン、作戦、選手交代などなどです。

参加賞として各チームに作戦ボードがプレゼントされます。

自分たちでいろいろと書き込んだり、マグネットでシステムを考えたり。。。

あーでもない、こーでもないと話し合いながら進めています。

小学生の部は前半と後半ではなく、3ピリオド制です。

1本目に出場した選手は2本目に出場できません。

3本目は自由です。

誰をどこで出すか。誰と誰を組み合わせるか。

1本目から勝負をかけにいく?

いやいやバランスをみてメンバーを決める?

どうしても出場時間に差がでてしまうのですが、あまりにもひどい場合にはコーチから声をかけることもあります。

 

普段、コーチが色々と決めて試合を行っているチームが多いと思います。

ところが今日はコーチは口出しできません。。。

本部でみんなでコーヒーを飲みながら笑って見ています。

 

するとほとんどのコーチから言われる言葉があります。

それは、

「あの子、あんなこと言うんだ」

「あの子、意外とリーダーシップあるんだな~」

「そんなプレー見たことない!すごい!」

 

子どもたちが自由に自分を表現し始める

 

子どもたちの表情はとてもニコニコ。

でも真剣に勝負している。

負けて泣いている選手もいる。

真剣に楽しんでいるからこそですね。

 

自分たちで気付き、

自分たちで学び、

自分たちで成長する。

 

そんな大会です。

 

今日1日があなたにとって楽しい1日となりますように。

 

(^_-)-☆てつ

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

 

 

271. サッカー大会なの!?コマ大会なの!?

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

サッカー大会なのにコマ回し大会もあるってどう思います?

普通のサッカー大会では、試合と試合の合間にはミーティングしたり練習したりというチームがほとんどです。

ここでは、伊勢原市の特産品「大山こま」をみんなで回して遊びます。

写真の後ろに見える山が日本遺産の大山(おおやま)です。

参加チームのコーチたちも、時には保護者の方も童心に返って楽しんじゃいます♪

伊勢原青年会議所さんのお力を借りて、伊勢原の文化、郷土玩具を後世に伝えていくのです。

私が子どもの頃は、コマ回しやけん玉などの伝統的な遊びをしたものです。

今の子どもたちはやはりゲームなのでしょうか?

それでも伊勢原市の子どもたちは青年会議所さんの精力的な活動もあり、人に教えることができるレベルの子もたくさんいます。

この大会では、回し方のレクチャーも子どもたちの役割です。

回せなかった子どもが初めて回すことができ、

「やったぁ~!回った!」

という声が聞こえる。

そして、教えた子どもも一緒になって喜ぶ。

笑顔がはじける!

 

~文化を広め、継承する~

 

サッカーだけではなく、地元の団体と協力して伊勢原の文化を広めて、継承していく。

大人も子どももみんなが笑顔になる。

そんなサッカー大会です。

 

今日1日があなたにとって嬉しい1日となりますように。

 

(^-^)/てつ

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

270.てっちゃん!俺、審判やって文句言われた!

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

私たちのサッカー大会では、会場設営から大会運営まですべてを子どもたちがやります。

審判も例外ではありません。

審判は大人がやっても難しいです。

審判は経験値が重要で、やればやっただけ上手になるものです。

反則があったにもかかわらず、笛を吹くことができなかったり、

反則じゃないのに吹いてしまったりと、

反省と検証を繰り返して経験値を上げていくのです。

子どもたちは練習試合で審判の練習をさせてもらうこともありますが、

それでも子どもたちの経験値は低いのでたくさん失敗するわけです。

 

文句を言われて嫌な思いをするのです。

そこではじめて審判の大変さを知り、

審判に対するリスペクトの気持ちが生まれます。

自分がプレーヤーとして試合をしている時に、

審判に文句を言うなんてとんでもない!

ということが分かるのです。

 

ちなみにこの大会では、子ども同士で審判を教え合う姿もあります。

産業能率大学サッカー部の皆さんや向上高校サッカー部のお兄さんたちもお手伝いに来てくれています。

大学生や高校生が小学生に審判を教えながら大会をサポートする光景。

 

ほのぼのしています。

 

小学生から大学生までが関わる地域ぐるみのサッカー大会です。

 

今日1日があなたにとって素敵な1日となりますように。

 

(^_-)-☆てつ

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

269.大会をサポートすると成長する件

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。


私たちが主催するサッカー大会は、  

子どもたちの

 

子どもたちによる

 

子どもたちのための

 

サッカー大会

です。

なので大会を仕切るのは当然子どもたちです。

主に別の学年がサポートを行います。
例えば、5年生の部では4年生がサポート役。

3年生の部は6年生がサポートするような形です。  

サポートとは、

・グランド作り(コートにラインを引く、ゴールや本部設営、大山こまの土俵作り)

・開会式の司会進行

・大会本部受付業務 ・審判 ・星取表の記入

・カフェの経営(参加チームのコーチ陣にコーヒーやお茶菓子のサービス)

・大山こま大会の実施

・閉会式の司会進行

・後片付け などなどです。
  普通のサッカー大会は、開会式も審判も運営もすべて大人がやります。


普段は大会に参加すると試合をやるだけですが、 ここでは子どもたちがすべてを行います。  


プレーヤーではなく、運営側に立つ意味

  それだけに、子どもが自分で実際に大会を運営する立場に立つと、 保護者の苦労が分かるのです。

それはサッカー選手としてだけでなく、人間としての幅を広げることにもつながります。

経験値が上がり、思考が深くなります。

大会をスムーズに進行させるためには、 「今自分は何をするべきか」 を考えて行動しなければなりません。

ボールを蹴りたい!試合に出たい! でもその日は大好きなサッカーが出来ないので辛い思いをします。

目の前で試合をしてるのに、自分はできないのです。 体がうずうずします。

 

様々な立場を経験することで成長が約束される

大会に参加している子どもより、 大会を運営している子どもの方が間違いなく成長します。

応援したり、応援されたり、 サポートしたり、サポートされたり、 それが自然にできる子どもたち。  


「自分たちで作る大会」



とても素敵だと思いませんか?  


今日1日があなたにとって素敵な1日となりますように。  


(^_-)-☆てつ  


★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

268.対戦相手にアドバイス!?

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

 

昨日は対戦相手をほめる話をしましたが、今日はアドバイスを送るという話です。

 

この考え方も昨日と同様、相手も一緒にうまくなるという考えが根底にあります。

 

自分たちだけでなく、みんなが上達する。

みんで一緒に学び合って上達する。

「相手チームにアドバイスできる人は必ずうまくなるよ!」

 

という話を子どもたちにしています。

 

理由はこうです。

まず、アドバイスができるということは、相手チームがどのように戦っているのかを考えて分析しながらプレーしているということです。

 

「相手はパスを多くつないでくるチームだな。」

「フォワードの選手が足が速いからスペースに出してくるな。」

「バイタルエリアをあまり使ってこないんだな。」

 

例えばこんなことを分析できています。

 

そして、それを踏まえて

 

「パスは上手だからもっと積極的にシュート打ってくればチャンスが生まれると思います。」

「フォワードの選手に頼ってタテパスばっかりだと守る方は流れが読めるから、くさびを入れてタメを作る方法もいいかもです。」

「クロスの攻撃はとてもいいからバイタルを使えば僕たちは守りにくくなるかも」

 

これらは高学年と中学生の実際の会話の例です。

 

このように、アドバイスできるということは、

 

相手の戦い方を分析し、

 

次にどうするかを理論的に考え、

 

人に分かるように言葉で伝える。

 

こんなことができる選手は絶対うまくなりますよね!

 

ぜひやってみてください。

 

今日1日があなたにとって大切な1日となりますように。

 

(^_-)-☆てつ

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★