139.もっと厳しく指導してください問題

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は「厳しい指導」についてです。

 

「コーチ!もっと厳しくビシバシとやってください!」という親御さんはいませんか?

さて、この「厳しく」とは何なのでしょうか?

 

・コーチが子どもに大きな声でやらせる?

・指示命令を出す?

・勝負の厳しさを教える?

・勝ち負けにこだわる?

 

コーチが子どもに「ああしろ!こうしろ!」と伝え、

子どもがそれに従ってプレーするのであれば、

それは「厳しい指導」ではなく、むしろ逆です。

子どもは言われたことをやればいいからです。

自分で考えて行動するほうがよっぽど大変だし、厳しいです。

ただし、なにも考えられない子どもにただ漠然と考えろと言ったところで

答えは出てこないので、「教える」ことも大切です。

 

要するに、そのバランスと伝え方の手法が肝心なのです。

 

キッズ、低学年の段階ではコーチがメンバーを固めて、

指示命令を出してそれに従わせれば、ある程度の結果は期待できます。

 

今、目の前しか見ることしかできない親御さんは、

 

今、目の前の試合に勝ったか負けたで一喜一憂します。

 

将来を見据えた上で、「今」を見ている親御さんは、、、

 

つづく。。。

 

今日1日があなたにとって自分を振り返る1日となりますように。

 

(^_-)-☆てつ

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

※英語バージョンはこちら

English version kidsfootball coaching

 

 

60.試合の対戦相手なのに一緒に練習?

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は、試合の対戦相手と一緒に練習をするの!?という話です。

これは、しらゆりでは実はとっても普通のこと。特に低学年ではほとんど毎回やっています。

なぜか?

その根底には、

相手も味方も一緒に上達する!

という考え方があります。

もちろん、試合をしての勝ち負けも大事です。サッカーですから。勝負ですから。

と同時に楽しい!って心から思うことも大事です。

特にキッズ年代では、ウォーミングアップの鬼ごっこから一緒にやります。

初めて出会うサッカーの仲間とコミュニケーションを取って仲良くなる。笑顔になる。

合同練習では、いつもやっているメニューを対戦相手にもやってもらう。

相手がいつもやっているメニューを一緒にやってみる。

すると、今後に活かせる様々なアイデアがたくさんあります。

しらゆりで練習試合をやる時は、私が練習のファシリテーターとして進めていきます。

次はこれ!という感じではなく、子どもたちに質問しながら進めていきます。

そうすれば、与えられた練習ではなく、自分たちで考えた自分たちの練習になります。

だからモチベーションが違う!(笑)

そして楽しい!(笑)※真剣に楽しむことも含まれます。

嬉しい事に、子どもとの接し方や言葉の掛け方が勉強になりました!

と言って下さるコーチもたくさんいます。(感謝)

試合は、対抗戦もやりますが、相手チームも自チームもごちゃまぜでミックスしてチームを作って試合をする「ミックス戦」もやります。

これがまた最高に面白い!

ミックスゲームについては、後日改めて書きますね!

~今日のまとめ~

  • 「相手も味方も一緒に上達する」という理念
  • 鬼ごっこから一緒にやってコミュニケーションを取る。
  • 合同練習では、お互いにメニューを出して気づきをもらう。
  • 対抗戦だけでなく、ミックス戦もやると盛り上がる。

今日1日があなたにとっていろいろな人から何かを学べる1日となりますように!

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★