292.伝説の講義「スポーツマンのこころ」

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

先日、岐阜経済大学の髙橋先生をお呼びして保護者向けに「スポーツマンのこころ」をお話して頂きました。

「スポーツマンのこころ」はサッカー関係者なら知る人ぞ知る講義です。

まだ知らない人はそのうちどこかで聞くことになるでしょう。

それにしても感動的で心の底から共感できる内容でした。

私が常々保護者や子どもに言っていること、発信していることが見事にリンクしていて、フォレストの活動理念もまた更に確信を得ることができました。

 

スポーツは遊びであり、ゲームである。

ゲームは真剣に楽しむもの。

真剣にやらないのなら一緒には出来ない。

グッドルーザーの精神。

一番大切なのは「自分」

自分という原石を磨く。

それは、チャレンジすることであり、困難を克服すること。

辛い。けど、やりきる!

これを日常でもスポーツという非日常でもやりきる!

とにかく自分を知り、自分を大切にすること。

 

 

などなど、他にも共感できる話やキーワードがポンポン出てくる出てくる(笑)

この講演会は突然のお知らせにも関わらず、多くの保護者が出席してくれました。

仕事などで参加出来なかった方、スミマセン。

参加した方から情報が集まったらシェアしますね。

これからスポーツを通して様々な可能性が広がる時代に突入します。

スポーツが人々を笑顔にし、健康にし、幸せにします。

これはもう間違いない

 

時代の流れ

 

です。

だから伊勢原FCフォレストのビジョンは、

 

 

1. PERSONAL

子ども一人一人の人間力を引き出す

 

 

2. HAPPY

子どもを通じて、保護者と共に学び成長する

 

 

3. FUTURE

子どもの輝く笑顔と地域活性化の発信基地になる

 

 

となるのです。

 

ちなみに1のpersonal、2のhappy、3のfutureの順番は、、、

1、個人(自分)

次に

2、家族(保護者)

最後に

3、地域(社会)

 

の順番となっております。

まずは「自分」を知ること。

そして「自分」を大切にすること。

 

あなたも自分を大切にいたわり、自分を労いましょう。

 

それが今日のあなたへのメッセージです。

 

今日1日があなたにとって自分を大切に考える1日となりますように。

 

(^_-)-☆てつ

 

★伊勢原駅前に国産木材でスタジアムを作る★

投稿者: 一場 哲宏

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間のFCしらゆりシーガルス監督を経て、2019年に一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC公認キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中