57.私にとって指導理念は命よりも大切

おはようございます!キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は、「人生において大切なもの」についての話です。

私は、サッカーのコーチ業を20年近くやっています。

ドイツやイギリス、日本のJリーグクラブや街クラブでの指導経験を通して、絶対に譲れない指導理念があります。

それは、

子どもたちがサッカーを通して、自主的・主体的に行動できる人間になること。

※自主的と主体的の違いは後日書きます。

別の言い方では、

自分で考えて行動できる人間になること。

なんです。(このブログで何度も書いてますが。。。)

これからどんどんグローバル社会が到来してきます。

自分から物事を言ったり行動したりしないと何も始まらない。

“叩けよさらば開かれん”という事も海外生活で経験してきました。

つまり、自分から発信すること、行動することって本当に大切なんです。
私が尊敬するロボスFCの久保田さんもブログで書いてます。

ロボスFC 久保田さんのブログ

http://neutralfootball.hatenablog.com/entry/2018/08/06/165306

今の子どもたちが将来社会に出たときに、日本をそして世界を引っ張るような人間になってほしいし、自分の人生の道を自分で切り開くような人間になってほしい。

私が以前お世話になった柏ラッセルの名前も同じ。

今は亡き濱田先生が、ラッセル車のように雪をかき分け、自分の人生を自分で決めて進んでいくような人間になってほしいとの願いからでした。

ラッセルスポーツクラブHP

http://www.russell1997.jp/jr.html

イギリス時代にお世話になった「前田学園」や「ロンドンジャパニーズジュニアFC」

もやはり確固たる理念がありました。様々な先生方に育てて頂き、今の自分がいます。

http://www.maedagroup.co.uk/

http://www.ljjfootball.co.uk/

自分で考えて行動できる自主的・主体的な人間

を育成するには、まずは自分がそうならなければならない。

プロサッカーコーチとして生きていくために必要な指導理念であり、私の使命でもあります。(使命とは、命を使うと書きます)

私は、今までの経験を基に指導理念を確固たるものにしてきました。

私がプロサッカーコーチとして、世のため人の為にできること。

それは、

「自主性・主体性を育むこと」

もちろん、時にはトップダウンも必要ですが、基本的には失敗しようが何しようが自分で考えて行動することが大切です。

プロサッカーコーチとして、キッズのスペシャリストとして、

この理念・哲学は命よりも大切です。

これが脅かされるなら全力で守ります。

これは、私の「核」となるものです。

これがもし必要とされないのであれば、必要とされる場所を自分で作ります。

指示命令を出して動かすのは簡単です。

でも、それだと人は育たない。

この考え方に賛同して頂ける方が、今のクラブに通ってくれています。

心から感謝しています。ありがとうございます。

私は私の人生における使命を大切にします。

指導理念・フィロソフィーに命を使います。

伊勢原の発展を願って。。。

あなたにとって大切なものは何ですか?

今日1日があなたにとって、大切なものを大切に思える1日となりますように!

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

56.言霊 × 夢実現

おはようございます!てっちゃんです♪

今日は思考は現実となるの話です。

世界に通用するサッカーコーチを育成している倉本和昌氏は言います。

 

「人生は言葉で作られる」

 

サッカー選手になりたい!という夢を持っている子どもはたくさんいると思います。それを否定してはいけません。誰も夢を諦めさせる権利はないし、否定する権利もない。

本田選手が、作文にプロサッカー選手にないたい!というかなる!って子どもの頃書いたそうですが、これって大切だと思います。

何が言いたいかというと、○○になりたい!というのは、その言葉の裏に「どうせ、なれないけど。。。」という潜在意識が隠れている。

逆に、○○になる!という言葉の裏には「絶対になる!」という潜在意識が込められている。

この違いは天と地の差。

普段自分たちが意識できるのは、顕在意識。

それに対して、普段意識出来ていない心の奥の方にある意識が潜在意識。

自覚されることなく、行動や考え方に影響を与える意識。

で、この潜在意識と顕在意識の割合は9対1と言われている。最近ではそれ以上という研究結果もあるらしい。

つまり、『心に決めてしまう』ことが非常に大切ということなのである。

なれないかも、、、と思っていたら本当になれないし、なれる!って決めてしまえば本当にそうなる。

だから、

 

○○になりたい!ではなく、○○になる!

 

と口に出し、思いを言霊に乗せること。

そして、なんと、そう決めると脳が勝手にそのための検索をかけて情報を集めてくれるそうです。

だからサッカーノートに、「○○したい」と書いてあったら「○○する!」に書き直してもらいます。

ところで、私は伊勢原に国産木材でスタジアムを作りたいです!あっ!いや、作ります!!!絶対に!!!

 

それどころか、実は日本中に作ることを計画しています。

国産の木を使って作る!

詳しくは、第11回~13回を読んでいただけると幸いです。

そう言えば、新国立競技場も国産の木材をふんだんに使うとのこと。

伊勢原スタジアムも楽しみです。

 

今日もあなたにとって素晴らしい1日になりますように。

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

55.それは、お医者さんごっこから始まった。

おはようございます!キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は、私の指導者人生のスタートは「お医者さんごっこ」からという話です。

 

私の“日本”での指導者人生スタートは千葉県柏市の幼稚園でした。

サッカーや幼児体育の時間だけでなく、普段の保育から子どもと関わることが大切!という考え方の素晴らしい幼稚園でした。

毎朝、色々なクラスに入って行き、コーナー保育で子どもたちと遊びます。

※コーナー保育とは、ままごと、積み木、製作、ブロックなどのコーナーを設置し、自分で好きな遊びを選んで、主体性、集中力、自己肯定感などを育む保育方法の1つ。

 

中でも人気だったのが、おままごとでの「お医者さんごっこ」でした。

 

私はいつも「患者役」、子どもが「医者」です。

 

子ども: 今日はどうしました?

私: あ、いえ、特に元気です。

子ども: まあ!大変!横になってください。

私: 先生、話が噛み合ってないような。。。

子ども: 熱を測りましょう!50℃ですね。

私: 50℃ですかっ?

子ども: はい、手術しましょう。お腹を出して!切ります!

私: 先生!それはおままごとで使う包丁ですよね?やめてください!痛いです!あ~!

子ども: はい!もう終わりました!

私: はやっ!ありがとうございました。

 

こんなやり取りを毎朝繰り返し、お医者さんの都合で何度もお腹を切られてきました。

お腹だけならまだしも、手も足も体中を5人くらいのお医者さんに切られまくることもしばしば。

命がけで子どもたちとの信頼関係を構築していきました。

 

つまり、ただ単にサッカーや体育の時間に出向いて行ってレッスンを行うのではなく、普段の保育からお互いの距離感を縮めることで相互に理解し、信頼関係を築ければ、レッスンの質が変わってくるということです。

 

キッズ年代のコーチをしているあなたも、ぜひお医者さんごっこからスタートしてみてください。(笑)

 

~今日のまとめ~

 

  • すべての指導のスタートは信頼関係から始まる。

 

  • 命がけで遊びに付き合おう!

 

 

今日1日があなたにとって人のために行動できる1日となりますように!

 

(^^)/て

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

 

54.ウソ~!?コート作りでチーム力がアップ???

おはようございます!キッズのスペシャリスト、てっちゃんです。

今日はサッカーコートを自分たちで作ることがチーム力アップに繋がる!?という話です。

 

しらゆりでは、4年生くらいから自分たちでコート作り(ライン引き、ゴール設営等)をやり始めます。

5年生、そして6年生にもなると、こちらが何も言わなくても自分たちで手際よくコートを作り終えます。

まずは、8人制コートのサイズを覚えることから始まります。

ゴールエリアは?ペナルティエリアは?センターサークルは?PKは?それぞれ何メートル?

メジャーを4本使って外枠を取り、ゴールラインのポイント(ゴールエリアやペナルティエリア)同士をメジャーで繋ぐ。

ラインカーに石灰を入れて、線を引く。

では、はたしてコート作りとチーム力がどう繋がるのでしょうか???

サッカー界でよく言われる言葉

 

オンザピッチとオフザピッチは同じ

 

つまり、サッカーのプレーと普段の生活はイコールで結ばれる。ということ。

普段から周りをみて行動できる人は、サッカーでもよく周りをみてパスを出したりパスを受けたり出来る。

サッカーのコートを子どもたちに作らせると、面白いくらい子どもの言動とプレーがリンクします。

 

子どもの言動=プレーの質

 

自分からメジャーやラインカーを取りに行き、他の人にも指示を出せる人。

あっ!ベンチを運ぼう!ゴールにネットを張ろう!など、次の行動を見つけて動ける人。

おーい!そっちは大丈夫か~?とコミュニケーションやリーダーシップを取れる人。

逆に、、、

友だち同士で喋ったり、遊んだり、やってるフリをする人。。。😥

そして、コーチも子どもの長所、短所、課題を確認することが出来る。

子どもの認知、判断、実行の質を高めるためにも、コーチの人身掌握術にとっても有効!

コート作りを成功させるには、皆で声を掛け合い、協力し、一人ひとりが次に何をするべきかを考えて動く。

あれっ!?これってサッカーと同じじゃない!?

コート作りを自分たちですることが、チーム力アップに繋がる理由、ご理解頂けましたでしょうか?

~今日のまとめ~

  • オンザピッチとオフザピッチはイコール
  • 普段の言動がコート作りとリンクする
  • コーチも子どもの様々な面を把握できる

 

写真提供:SKJ加藤さん

 

今日1日が新たな発見を見付けられるような1日となりますように!

(^-^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

53.説教?指導?それとも。。。?

おはようございます!キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日はキッズの指導で私が心掛けていることをお伝えします。

それは、

言葉の選び方、

話の内容、

話の長さです。

幼児や低学年の指導は、高学年や中高生とはまるで違います。特に話が通じるか通じないかの差は大きいです。

例えば、「集合!」よりも「集まって~」の方がいいし、「整列!」よりも「並びっこ!」、「円になって!」ではなく「みんなで丸くなろう!」の方が分かりやすい。

幼児に「こちらのチームの勝利!」って言っても「しょうり」って何?

となります。

だから、「かち!」「まけ!」がいいですよね!

良いことは「マル!」ダメなことは「バツ!」

良い言動には「グリーンカード」ダメな言動には「イエローカード」

など簡単な表現方法が分かりやすいし、心に入ります。

ところで、キッズの指導で子どもを立たせたまま、10分も20分もずっ~と話しているコーチをたまに見掛けます。

当然ですが、子どもはもちろん右から左に流してます、、、(汗)

そもそもそんなに集中力が無いし、言葉もそこまで理解出来ません。

だったら、遊びません?

コーチがたくさんいて、代わる代わる一人ずつ順番にコーチが話をし、子どもはありがたく聞いている。

それ、必要でしょうか?(時には必要な場合もあるかな~?)

いずれにしても、コーチの自己満足にならないように心掛けたいです。

子どもはコーチの話を聞くより遊びたいんです。

「話は子ども同士で!」

話は、コーチがするより子ども同士で話し合いをする方がよっぽど有意義です。子どもだけで作戦会議をやると面白いですよ。大人では絶対に思いつかない作戦がポンポン出てくる。いや、その作戦は無理だな~って思うけど、おー!いいね~!やってみよう!と話しに乗っかる。

コーチが子どもたちに話をするときは面白おかしく伝えたいですね。そして、質問しながら考えてもらう。コーチは子どもより偉いわけではないので、ファシリテーター(まとめて導く役)に徹すればいいんです。

キッズ年代では、コーチの話の時間は短い方がいい。練習時間も長くなくていい。

練習は、朝から夕方までダラダラやるより、1時間集中してやった方がいいです。

サッカー以外のことをたくさんやってください。その方が人生、豊かになりますよ!

以上、まとめると、

・コーチの話は簡潔に!

・なるべく簡単な言葉を選んで!

・子ども同士の話し合いの場を設ける!

・コーチはファシリテーター役に徹する!

・練習時間は短く集中して!

・サッカー以外の経験も大切にする!

今日もあなたにとって気付きや学びの多い1日になりますように!

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

52.あなたの子は挨拶ができる?できない?

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は、挨拶ができる子とできない子、その理由は〇〇にあった!そして、挨拶ができる子どもを育てるには?という話です。

 

ある日の出来事です。

この日もお母さんと手をつないで幼稚園に来たN子ちゃん。

先生:「おはようございます!」

母:「おはようございます。」

N子:「。。。」

母:「あんた!先生になんてご挨拶するの?おはようございますでしょ!?」

N子:「ボソボソ。。。」

母:「まったくこの子は~(怒)」

 

たまに見かけるシーンです(笑)

 

挨拶ってやっぱり大切ですよね。

 

でも、体育会系のノリもちょっとね。。。

 

先輩を見つけたら直立不動!カバンを下す!

大声で「こんちぁー!ッス!」

先輩が見えなくなるまで待つ。。。

なんてのも馬鹿らしい。

 

あくまでも笑顔で自然に挨拶を交わしたいですよね。

どうしたらいいんでしょう?

 

簡単です。

 

子どもは親の背中を見て育ちます。

親が率先して明るく笑顔で自然に挨拶すればいいんです。

 

特に一番大切なのは、

家族での挨拶。

朝、起きたときの家族で交わされる「おはよう!」

がやはり基本です。

 

親子はもちろん、夫婦間でも大切です。

 

夫婦間や家族間で自然に挨拶できている子どもは、

挨拶が上手です。

家族みんなで交わされる

「おはよう」

「ただいま」

「いただきます」

「おやすみ」

ってなんだかいいですよね。

 

全ての挨拶はそこからスタートします。

 

~今日のまとめ~

挨拶は強制されるものではなく、

笑顔で自然に交わしたい。

それにはまずは夫婦・家族から。

笑顔で「おはよう!」

 

今日1日が笑顔で挨拶できる気持ちのいい1日になりますように!

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

 

 

 

51.理想的な低学年の指導

おはようございます!キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は、ゴールデンエイジを迎える前に押さえておきたい低学年指導の4つのポイントについてです。

 

①自分の意志で取り組む気持ちを育む

 

②外発的動機づけや他者との比較はNG

 

③自分を表現することの大切さ

 

④試合におけるアプローチの方法

 

詳しくは、2018ジュニアサッカークリニックに記事を書いていますので、是非ともご確認ください。

 

WEB版

https://www.bbm-japan.com/_ct/17193469

 

2018ジュニアサッカークリニック

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF-Soccer-clinic-8%E4%BA%BA%E5%88%B6%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%81%AE%E8%B3%A2%E3%81%84%E6%B4%BB%E7%94%A8%E8%A1%93%E3%81%A8%E7%B7%B4%E7%BF%92%E6%B3%95-B-B-MOOK1410/dp/4583625502

 

 

今日1日が、過去を振り返り新しい一歩を踏み出す1日となりますように!

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★