106.キッズのサッカーに戦術は必要か?必要じゃないか問題

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は、キッズのサッカーに戦術が必要か?必要じゃないか?の話です。

 

その前に「戦術」と聞くとあなたはどのようなイメージを持ち、どのように答えますか。

もしかしたら、システム?どう攻めて、どう守るか?どのように戦うか?

このような感じでしょうか。

いつも倉本和昌氏のサッカーセミナーに参加していますが、とても勉強になります。

まず、サッカーの行動プロセスは、

①知覚

②判断

③実行

となる訳ですが、簡単に言うと、

①状況をみて(知覚)

②何をしようかな?&どうやろうかな?(判断)

③プレー(実行)

という流れになっています。

ここで①から②への流れに注目してください!

 

「みて、何をしようかな~?と考える」

 

これって立派な戦術ではありませんか?

戦術をあんまり固く考えず、柔らかく考えてみる。

 

特筆すべきは、①&②と③の間には大きな境界線が存在することです。

③の実行は目に見えるが、①&②の知覚と判断は目に見えないということです。

しかも、プレーのミスの80%は①と②で起こっていると言われています。

ということは、知覚と判断を向上させればどんどん上達することになりますね!

 

~今日のまとめ~

 

  • 戦術とは「みて、何しようかな?と考えること」

 

  • 目に見えない知覚と判断のミスが80%

 

  • キッズ年代から知覚と判断のトレーニングをやろう!

 

今日1日があなたにとってハッピーな1日になりますように。

 

(^_-)-☆てつ

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

 

 

 

105.チームは生き物

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は、チームは生き物!?という話です。

これは是非とも保護者の方にも知っておいて欲しい内容です。

チームは、第1段階から第4段階へとまるで生き物のように成長していきます。

 

【第1段階 形成期】

この時期は、お互い様子見の時期です。まだ誰がどんな人か分からない事もあり、自分を出せずにいます。この時期に何かに取り組んだとしてもお互い他人任せの状態なのでうまくいかないと思った方がいいでしょう。

【第2段階 混乱期】

この時期は、自分を主張する時期で意見がぶつかり合います。もちろん、それは裏を返せば本気になってきた。真剣になってきたということ。ケンカも絶えません。

【第3段階 標準期】

この時期は、個人の役割がはっきりして小さな成功体験をすることができます。成長したい!という意思がチーム全体に広がります。うまくいくこともいかないこともあります。

【第4段階 達成期】

この時期は全員が本気になっています。ベクトルが同じ方向に向いて一枚岩となっているのでどんどんチャレンジし、大きな成果を生むことができます。

 

各学年の1年間を想像するとどのようにチームが変遷していくかイメージできると思います。

小学校6年間で考えると6年生のある時期からは第4段階に入ります。

1年間、あるいは6年間のスパンを考えると、チームは人生と同じで良い時もあれば悪い時もあります。

そして、大切なのは第2段階を飛び越して第1から第3にいくことは無いということです。

つまり、第2段階の意見のぶつかり合いは、成長するために必要不可欠なのです。このぶつかり合いが小さければ、第3段階での成長も小さいものとなります。

逆に、激しくぶつかり合ってお互いの意見を出し合うことができれば、第3段階は素晴らしい成長が約束されます。ぶつかり合うのは、本気や真剣さの証拠だからです。

チーム同士ですぐに言い争いやもめ事がある。。。

それをどう考えるかでその後の成長が決まります。

 

今日1日があなたにとって悔いのない1日となりますように。

 

(^_-)-☆て

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

104.理想的なキッズ指導の心構え【遊び編】

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日はキッズ年代のサッカー指導においての「遊び編」です。

毎回お話していますが、サッカーはスポーツです。

スポーツとは体育ではありません。

詳しい説明は避けますが、体育は体を鍛える意味が深い教科です。

それに対し、スポーツは遊びです。

つまり、

 

サッカー = スポーツ = 遊び

 

なんです。

そして、

遊び = 学び

となります。

幼少期の子どもたちは、何をどのように学ぶのでしょうか?

それは、

 

生きる力(人間力)の根っこを「遊び」から学ぶのです。

 

幼稚園や学校で机に向かって勉強を学ぶのではありません。

もちろん、そのような時間が必要なこともあるかもしれませんが、基本的には外遊びや中遊びなどを織り交ぜた「遊び」から様々なことを「学ぶ」のです。

サッカーはチームスポーツです。

個人競技とは違い、仲間の大切さを学ぶことができます。

そして、意見のぶつかり合いもリアルに体験することができます。

感情と感情のぶつかり合いから、時には人を傷つける言葉を発してしまうこともあるかもしれません。

失敗や反省、気づきや学びを得て成長するのです。

 

「自分を理解し、他者を理解する」

 

今後訪れる正解のない激動の時代において、自分の意見をしっかりと主張しながら他者も理解し、お互いに成長していく。

人と協力することでパスもドリブルもシュートもうまくいき、勝利につながる。

失敗から学ぶことで成長する。

子どもは遊びながら学びます。

大人から「あーやれ、こーやれ」と言われながらの遊び(サッカー)は必要ですか?

遊びに指示・命令は必要ですか?

かと言って「教える」ことはしないのか?と言われればそうではない。

二項対立ではないのです。

 

「サッカーを通して成長すること」

 

その本当の意味を理解してほしくてこのブログを書いています。

 

今日1日があなたにとって嬉しいニュースが飛び込んでくる1日となりますように。

 

(^_-)-☆て

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

 

 

 

103.ママ~!この人だれ? えっ!?パパだよ。

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日のテーマは深刻な内容です。。。

 

夏休みに家族で数日間旅行に行くことができました。

いつもは子どもと接する時間があまりないので、会話もスキンシップも多く取ることができて幸せな気持ちになりました。

それはそれは私たち家族にとって、本当に貴重な時間となりました。

仕事を含め、人生のステージには様々な段階があります。

ベルマーレでコーチをやっていた時は、毎朝5:30の電車に乗り、帰りは夜10時でしたので子どもの寝顔しか見ないという生活が数年間続きました。

一番大変で一番大切な子育ての時期に何もできなかったわけです。

なので妻には頭が上がりません。感謝しています。

しかも、サッカーコーチの仕事のメインは週末。

自分の子どもではなく、他の子ども(チームの子ども)を見ることになります。

こんなに子どもと接する時間が少なかったのに、

「ママ―!この人だれ?」「えっ!?パパだよ」

とならなかったのは妻のおかげです。

いえ、いえ、実は、子どもは言葉を発していない(まだ喋れない)だけで、ほぼそうなっていました。

働き盛りの頃と子育ての時期は重なることがどうしても多いようです。

働き方改革!?ってよく分かっていませんが、

「自分の人生は自分で切り開くもの」

「トライ&エラーが大切」

「失敗から学び成長する」

といつもサッカーを通じて子どもたちに伝えています。

だからまずは、自分がそうしなきゃ!と心に決めています。

ただ、人間の脳は「変化を嫌う」ことと「少しずつしか変われない」という特性があるらしいです。

そんなことも踏まえつつ、世のため、人のために自分の使命を果たしていきます。

あなたも子どもとの時間を大切に!

 

今日1日があなたにとって幸せを感じられる1日となりますように。

(^_-)-☆て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

102.人間性=プレーの質

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は、あなたも何となく感じている「人間性とプレーの質」の関係です。

もう気が付くと20年以上サッカーの指導をしていますが、やっぱりそうだよな!と思う事があります。

それは、

人間性=プレーの質

という事です。

例えば、私がミニゴールを運んでいる時に、「コーチ~!手伝うよ~!」と駆け寄ってくれる子ども。

例えば、試合会場に向かう時にチームの荷物(ビブス・ブルーシート・テントなど)を積極的に持ってくれる子ども。

そのような子ども(選手)はチームに大きな推進力を与えてくれます。

 

とは言うものの、全ての子どもがキッズ年代で上記のように行動出来るとは限りません。

でも、いいんです。一人ひとりの成長のスピードは異なります。そのうち気付き、だんだん成長していきます。

ただ、コーチがその視点を持っていることが大前提となります。

 

子どものちょっとした

 

良い行動にフォーカスをする

 

そして承認する

 

それがチームに浸透していけば、共通理解が深まります。

一人がみんなのために、

みんなが一人のために、

行動できるようになります。

 

魅力的なチームにならない訳がない!ですよね。

 

人間性とプレーの質がどんどん向上している

 

それが最近、目に見えるようになってきて、嬉しさと幸せを感じているてっちゃんです。

私たちコーチ陣は、「人間性とプレーの質」に価値を置いています。

だから子どもたちの良い言動に気付き、敏感に反応してしまいます(笑)

私たちコーチ陣も子どもたちに成長させてもらっています。

皆様のお陰です。ありがとうございます。

 

今日1日があなたにとって素敵な1日となりますように。

(^-^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

101.ケンカ

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日はケンカについての話です。

先日の練習中、3年生が激しいケンカをしました。

殴り合い、つかみ合い、そしてひっかき傷も少しだけ作ってしまいました。

きっかけは手つなぎ鬼ごっこ。鬼にタッチされたら手をつなぐという鬼ごっこです。

鬼のA君は、B君にタッチしました。

ところが、B君は手をつながず、パンチ!!!

もちろん、A君は怒る!B君も怒る!ケンカが始まる。。。

しらゆりでは、ケンカしてもいいよ~!とケンカを容認しています。

ただし、境界線は引きます。

ここはサッカーをやる場所。うまくなりたい人がサッカーを楽しむ場所。

だからケンカはピッチの外でやりましょう!というルールがあります。

なぜ、ケンカを容認しているのでしょうか。

それは、ケンカから学べることがとても多いからです。

  • 自分の意見をしっかりと主張する。
  • 自分と違う意見があることを知る。
  • 心をコントロールする。
  • 受け入れる素直さを育む。
  • お互いの意見のギャップをどう埋めるのか考える。
  • 認める。謝る。

など、自己主張や他者理解、コミュニケーション能力の向上が期待できます。

ケンカをすることで、こんなにいいことがあるのです。

この日はとてもヒートアップしすぎてしまったので、コーチが仲裁に入りました。

しばらく時間を置き、落ち着いたところでお互いの話を聞く。

B君がタッチされたのに、手を繋がなかった理由もちゃんとあるのです。

それは、ボールが転がっていたので危ないからしまっていた時にタッチされたと。

このように、子どもだけで解決できない場合には、コーチが橋渡しをする場合もあります。

気持ちは分かったよ!といったん心に寄り添い、パンチするのはどうだったかな?

と聞くと答えは「ダメ」

そうだよね~。

すると、B君はA君に「ごめんね」A君も「いいよ」

二人ともさっきまでの取っ組み合いがウソのように、握手してハグして練習に戻っていきました。

もちろん、二人の保護者にはちゃんと説明をし、フォローしています。

今日1日があなたにとって幸せな1日となりますように。

(^_-)-☆て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

100.㊙公開!100回記念。戦術理解と技術を主体的に向上させる方法

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。
世界に通用するサッカーコーチを育成している倉本和昌氏は言います。

「4ゴールは、キッズ年代の団子サッカーの解決策になりますよ!」と。

通常は、ゴールが2つあって、1つ(自分のゴール)を守り、1つ(相手のゴール)を攻めます。

4ゴールゲームとは、ゴールが4つあること。2つ(自分のゴール)を守り、2つ(相手のゴール)を攻めます。

ミニゴールを使ってもいいし、コーンゴールでドリブル通過にしてもいいです。

キッズ年代では、ゴールにシュートする方が分かりやすいし、モチベーションも上がりやすいかもしれません。

目的によって、人数は1人対1人でもいいし、2人対1人、2人対2人、それ以上でもいいです。

5人以上になると関われない子どもが出てきたり、情報が多すぎたりするので出来ればそれ以下の人数が良いでしょう。

1対1ならドリブルでの駆け引きやフェイントを練習できます。

右のゴールに行くと見せかけて左に行くなどです。

おすすめは、2対1以上の複数対決です。ドリブルもパスも選択肢に含まれるからです。

利点としては、

  • 常に選択肢を持ちながらプレーできる。
  • 顔を上げながらプレーできる。
  • 判断を変えながらプレーできる。
  • DFはチャレンジ&カバーを練習できる。
  • パスの意識が生まれる。
  • パスを受ける動きが自然に生まれる。
  • 声を出さずにはいられない。

などが挙げられます。

実践に近い形で基礎技術練習ができるし、

基礎となる戦術も学ぶことができる。

4ゴールゲームは、年長くらいならルールを理解できます。

相手を見ながらドリブルし、あっちに行ったりこっちに行ったりして相手の逆を取る楽しさを知ることができます。

もちろん、その為にはボールを自由に運べないといけません。

だから必死に自分からやろうとします。

複数でやれば、パスの意識も出て、楽しく自然に団子サッカーから脱却することができます。

おすすめです!

今日1日があなたにとって楽しいハッピーな1日となりますように!

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★