64.電車・バスを使って試合会場に自分たちだけで行く。その意図は?③

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日も昨日の話の続きです。

しらゆりでは、3年生ぐらいから保護者付き添いのもと、電車移動が増えてきます。

そして、3年生と5年生だけで市外に移動することもあります。

5年生が3年生を引率する訳です。

5年生は責任感が生まれます。

3年生は公共交通機関を使うにあたり、ルールやマナーを学び始めます。

もちろん、昨日もブログで書いているように失敗の連続です。

でも、それがいいんです。

そこで柔軟に対応することを学びます。

 

こんなこともありました。

その日も5年生と3年生が市外の同じ会場でリーグ戦をやりました。

もちろん、帰りも5年生が3年生を連れて移動します。

 

解散する時、5年生が私に声をかけてきました。

 

5年K君:「てっちゃんコーチ!行きのルートと帰るルートは一緒じゃなきゃダメですか?」

私:「いや、特に決まっているわけじゃないけど。」

K君:「分かりました!じゃあ違うルートにします。」

 

5年生のK君がなぜ帰るルートを変えたのか、その時は分かりませんでしたが理由を知り、驚きました。

行きのルートは私鉄で乗り換えも多い。

3年生は試合を1日やってかなり疲れている。

だから電車で座って帰りたい。JRは座れるかもしれない。

更にJRの駅から伊勢原駅までバスなら確実に座って帰れる。

 

このように、3年生のことを考えて5年生がルートを変更して帰ったわけです。

 

想像してみてください。

試合会場への行き帰り移動手段のパターン1とパターン2

 

パターン1

親の運転する車に乗り、ゲームをする。寝る。現地に着いたら起こされる。

試合が終わったら迎えてきてもらい、エアコンの効いた車内で快適に過ごし、気づいたらもう家の玄関という数年間。。。

 

パターン2

今日も電車・バス移動。どこの駅で降りればいいんだろう?やべー!乗り過ごした!でも大丈夫。人に聞こう!道が分かんないな~!この地図合ってるかな~?

と不安と焦りと重たいリュックを自分で背負い、汗だくで移動する数年間。。。

 

この違いは数年後、数十年後に大きな違いとなりますよ。

自分の人生をどう生きるかに関わってきますよ。

そう断言できます。

 

今日1日があなたにとって勇気をもらえる1日となりますように!

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

 

 

 

63.電車・バスを使って試合会場に自分たちだけで行く。その意図は?②

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんです。

今日も試合会場に自分たちで電車・バスで移動することについてです。

 

そこには思いもよらないアクシデントが待ち構えています。

 

それがいいんです。

 

そこでどのように対処するか。

その経験値が高ければ高いほど人間力も上がります。

ピッチで困難な状況になった時にも力を発揮します。

 

なぜならオンザピッチとオフザピッチはつながっているからです。

オフでだらしない人間がオンで立派にプレーすることは100%ありません。

 

もう数年前になりますが、こんなこともありました。

 

O君たちは途中の駅でトイレに行き、乗るべき電車に乗り遅れてしまいました。

それは、つまり駅からグランドまでのバスにも乗り遅れてしまうことを意味します。

O君は私に電話してきました。

O君:「コーチ、トイレに行ってたら電車に乗り遅れました。」

私:「そうか、しょうがないな。」

O君:「予定していたルートだと完全に遅刻するので、もう1つ先の駅に行き、そこからバスに乗るルートにチャレンジしようと思います」

私:「分かった。気をつけてな」

結局少しだけ遅刻したのですが、私はその柔軟な発想と勇気ある行動にびっくりしました。

 

実は、こんなエピソードはたくさんあります。毎週と言ってもいいでしょう。

 

親が運転する車に乗って行けばすぐに着くのに、わざわざ苦労してみんなで移動する。

トラブルがあっても柔軟に対応する。

分からなければ人に助けを求める。

遅刻しそうになったらコーチに電話する。

 

こんな経験を数年間続けるとどんな子どもに成長すると思いますか?

 

卒団生たちは、すでに立派に自分の足で歩き始めています。

 

あなたは、子どもにどんな風に成長してほしいですか。

あなたは、チームの子どもたちがどのように成長することをイメージしていますか。

 

今日1日があなたにとって新しい道の開ける1日になりますように!

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

62.電車・バスを使って試合会場に自分たちだけで行く。その意図は?①

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんです。

今日は、 “試合会場に自分たちだけで行くこと” についての話です。

結論から言うと、

 

「可愛い子には旅をさせよ」

 

ということです。

つまり、厳しい経験を積むほど成長するため、かわいい子ほど敢えて辛い思いをさせよ!という意味です。昔の旅は辛いものだったことからこのようなことわざができたそうです。

さて、交通の便が発達した現代においても電車・バスで移動することは大変な場合もあります。

あえてそれをさせるのは、子どもたちを

 

自立させるため

 

です。

低学年では切符を買う所からスタートします。パスモやスイカは便利ですが、駅から駅に移動するのに、その距離によって金額が違うことを知らなければなりません。

便利な世の中になりましたが、根本的な原理を知っていてパスモなどを使うのと、知らないで使うのとでは大きな違いがあります。

パスモ1枚で買い物すらできてしまうので、「勘違い」の元となります。

 

保護者にも手伝ってもらいますが、移動ルートを自分たちで調べてきてそれを擦り合わせます。何時にどこに集合するか。何時の電車に乗り、どこで乗り換え、どのバスに乗るか。

 

そこには様々な失敗があります。

・人身事故で電車が遅れた。

・電車の上りと下りを間違えた。

・各駅停車に乗らなかったので通り過ぎた。

・駅のトイレに行ってたら、乗るべき電車が行ってしまった。

・水筒を駅のベンチに忘れた。

・水筒を電車とホームの間に落とした。

・駅からグランドまでの道のりで迷子になった。

・切符を無くした。

・うるさくしていて怒られた。

 

等々、挙げたらきりがありません。

でも、それがいいんです。

様々なトラブルを経験する。

そして、今、自分たちはどうするのかを考える。

便利な世の中だからこそ、不便を経験するのです。

 

もし、しらゆりの選手たちが電車の中でうるさくしていたり、

マナーを守っていなかったら、遠慮なく叱ってください。

 

明日につづく。。。

 

今日1日があなたにとって幸せを感じる1日となりますように。

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

 

 

 

 

 

 

61.あえて困難、ストレス、試練を与える。

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんです。

今日は、選手にあえて困難な状況、ストレス、試練を与えることについてです。

 

我々指導者は、選手によりよい環境を与えることを常に考えなければなりません。

環境とは、主に3つがあります。

 

1、物的環境

2、自然環境

3、人的環境

 

この中で一番影響力のあるのが「人的環境」です。

ここでは、物的環境と自然環境の話は省略します。

人的環境を考えると、サッカーの指導では、つまり、コーチです。

コーチは、子どもたちがサッカー選手としても人間としても成長していけるように環境を整えます。

 

しかし、

 

環境を整えることとは、障害を取り除くことではありません。

 

あえて、選手に対して困難な状況を与えること。ストレスを与えること。試練を与えることもしていきます。

それはもちろん、

 

選手の更なる成長

 

を考えてのことです。

 

しらゆりでは、小学校3・4年生くらいからそのようなアプローチが増えてきます。

例えば、実力でAチームBチームを分けて活動すること。

試合会場に自分たちで電車・バスの時間を調べて、自分たちで行く。

などもその一つです。

 

JFA(日本サッカー協会)のテクニカルニュースで海外指導者研修の記事があります。

イングランドにおける人間教育・人間形成の欄には、

 

あえて困難な状況やストレス・試練を与える環境を意図的に用意することも行っている。例えば、ピッチ外でさまざまな奉仕活動やクラブ運営の手伝いを課したり、レフェリーにわざと誤審をさせて感情をコントロールさせたり、時には意図的に先発メンバーから外して数試合に出場させなかったりするなど、計画的にストレスや挫折を味わわせるという。

 

しらゆりのみんなは、いつも楽しくサッカーをやっていると言われます。

基本スタンスは合っていますが、コーチ陣はそれだけを考えているわけではありません。

しらゆりでもサッカーの上手な選手を意図的にBチームにして、リーダーシップや自己主張、さまざまな人の立場に立って物事を考える力をつけさせます。

もしかしたらびっくりするかもしれませんが、、、

一定期間、わざと褒めることをせずに、厳しい言葉を投げかけ続けることさえもあります。

下の学年の選手を上の学年に入れて活動することによって、刺激を与えることもあります。

いつもいつもプラス面だけを考えているのではありません。

私たちの子どもへの働きかけは、不調和やアンバランスなどのマイナス面を生み出すこともあります。

しかしそれを、

 

その時のマイナスと見るか、将来に向けてのプラスと見るかです。

 

高学年になれば、1試合の重みを感じること、試合に出れない悔しさを感じることも成長につながります。

全ての選手、親御さんの望み通りにいつでも物事が進むことはないでしょう。

 

それが人生ですから。。。

 

うまく行かない時が成長の時だと、保護者の皆様には理解してもらっています。

私たちコーチ陣は、常にその子の将来をイメージしながら

「今」にアプローチしています。

 

~今日のまとめ~

サッカーを通して、挫折を自分で乗り越える力をつけよう。

そのためにコーチは様々なアプローチをしています。

うまくいかない時が成長する時。

そのことを保護者は理解し、見守ろう。

 

※試合会場に電車バスを使って移動することについては後日書きます。

 

今日1日があなたにとって気付きをもらえる1日となりますように!

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

引用:JFA TECHNICAL  NEWS  Vol.86  P13 イングランドの育成(2)人間教育・人間形成

 

60.試合の対戦相手なのに一緒に練習?

おはおうございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は、試合の対戦相手と一緒に練習をするの!?という話です。

 

これは、しらゆりでは実はとっても普通のこと。特に低学年ではほとんど毎回やっています。

なぜか?

 

その根底には、

相手も味方も一緒に上達する!

という考え方があります。

 

もちろん、試合をしての勝ち負けも大事です。サッカーですから。勝負ですから。

と同時に楽しい!って心から思うことも大事です。

特にキッズ年代では、ウォーミングアップの鬼ごっこから一緒にやります。

初めて出会うサッカーの仲間とコミュニケーションを取って仲良くなる。笑顔になる。

合同練習では、いつもやっているメニューを対戦相手にもやってもらう。

相手がいつもやっているメニューを一緒にやってみる。

すると、今後に活かせる様々なアイデアがたくさんあります。

しらゆりで練習試合をやる時は、私が練習のファシリテーターとして進めていきます。

次はこれ!という感じではなく、子どもたちに質問しながら進めていきます。

そうすれば、与えられた練習ではなく、自分たちで考えた自分たちの練習になります。

だからモチベーションが違う!(笑)

そして楽しい!(笑)※真剣に楽しむことも含まれます。

嬉しい事に、子どもとの接し方や言葉の掛け方が勉強になりました!

と言って下さるコーチもたくさんいます。(感謝)

 

試合は、対抗戦もやりますが、相手チームも自チームもごちゃまぜでミックスしてチームを作って試合をする「ミックス戦」もやります。

 

これがまた最高に面白い!

ミックスゲームについては、後日改めて書きますね!

 

~今日のまとめ~

 

  • 「相手も味方も一緒に上達する」という理念

 

  • 鬼ごっこから一緒にやってコミュニケーションを取る。

 

  • 合同練習では、お互いにメニューを出して気づきをもらう。

 

  • 対抗戦だけでなく、ミックス戦もやると盛り上がる。

 

今日1日があなたにとっていろいろな人から何かを学べる1日となりますように!

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

 

 

 

59.子どもがどんどんサッカーが上達するたった1つの法則

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんです。

今日は、「子どもがどんどんサッカーが上達するたった1つの法則」についての話です。

 

私は、今までの指導人生の中で数えきれないくらいたくさんの子ども、親御さんと接してきました。

子どもによって、成長のスピードが違うし、サッカーの上達スピードも違う。

1人の子どもでも急激に伸びる時期もあれば、停滞する時期もある。

しかしながら、比較的安定してぐんぐん伸びていく子どもがいることも事実。

子どもがどんどん変わり、成長していくし、サッカーもうまくなる!

そんな子どもには1つの法則がありました。

 

親が変わると 子どもが変わる

 

という法則です。

 

  • 子どものためによかれと思ってついつい手や口を出してしまう。

 

  • 子どもが失敗しないように、先回りして道をならしてしまう。

 

  • 指示と命令を出し、親の思うように全てを運ぼうとする。

 

このような親の元では子どもは当然育ちません。

心理学者のアドラーもたとえ親子であろうと、

 

「課題を分離せよ」

 

と言っています。

つかず離れずの距離感を持ちつつ、

放置するわけでなく、

助けがあればいつでも助ける用意をする。

赤ちゃんであれば、常にお世話をすることが必要です。

しかし、幼児・低学年にもなれば自分の事は自分でさせる必要があります。

つまり、「ヘルプ」から「サポート」にならなければいけません。

わが子に対するリスペクトがあれば、子どもはどんどん自立します。

 

最後に、山口県の教育者の方が提唱した子育ての心得として知られる

『子育て四訓』を紹介します。

1.乳児はしっかり肌を離すな

2.幼児は肌を離せ 手を離すな

3.少年は手を離せ 目を離すな

4.青年は目を離せ 心を離すな

 

親が変わると子どもが変わる。

それを今までたくさん見てきました。

このブログを読んでいるあなたは意識が高いので大丈夫ですよ♪

 

今日1日が、あなたにとって喜びの多い1日となりますように。

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

 

 

58. 自主性と主体性の違い

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は、自主性と主体性の違いについてです。

結論から言うと、自主性は決められた枠の中で自分から率先して行動すること。

主体性は、その枠がない状態で自分で考えて行動すること。

となります。

別の言い方だと、

自主性は、やるべきことが明確に決まっていて、それを自らやること。

主体性は、何をやるべきか決まってない中で自分で考えて判断、決断、行動すること。

つまり、枠があるかないか。やるべきことが決まっているかいないか。

の違いです。

普段の生活でも勉強でもサッカーでも、やるべきことが決まっていて、それを人に言われる前にやれる人は、自主的な人。

ゴール設定があり、そこにいくためには、何をするべきかを考えて、失敗を恐れず行動できる人は、主体的な人となる。

サッカーにおいて、やるべきことはたくさんありますね。

自分の荷物だけでなく、チームの荷物も持つ。

チームで使うブルーシートを広げたり、たたんだりする。

荷物や水筒を整理整頓する。

あるいは、ポジションの役割を理解して、自分がやるべきプレーをやる。

これらは、「やるべきこと」なので、それをいかにして自分から率先して出来るかが「自主性」になります。

「主体性」は、こんな選手になるにはどうしたら良いかを考えて、自分で練習を工夫してできる。

あるいは、こんなプレーがしてみたい!という目的があり、その目的達成のために何をどうすれば良いかを考えて自分で練習メニューを組み立てる。

そんな感じでしょうか。

そう言えば、話は変わりますが、渡り鳥のV字飛行でも一番空気抵抗を受ける先頭は順番に代わっているそうですね。うまく役割分担している。。。

話が脱線してスミマセン。

いずれにしても、人間力を磨くためには、

「自主性」も「主体性」も大切です!

それらは、常に指示と命令を受けながらでは、育むことは出来ません。

失敗を重ねて、なおも行動する。

だから時間がかかります。

昨日も書きましたが、「自主性、主体性」は、私が大切にしている指導理念であり、フィロソフィーです。

今日もあなたにとって、何かを学べる1日となりますように!

(^-^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★