295. 決断と行動を自分にも子どもにも!

サッカーを通して子どもが自分で考えて行動できるようになり、4ステップ理論で技術・戦術・人間力を向上させる、町おこしサッカーコーチのてっちゃんです。

元号が令和になり時代の変化を感じつつも、粛々とブログを書き続ける毎日です。

元号は変わりましたが、人間はなかなか変われません。

よく言われていることですが、人は変化を恐れます。

変わりたいのに、変われないのです。

誰でもです。

ですので変わりたいのに変われない!と思って自己嫌悪に陥ることはないのです。

とは言え、現状維持は衰退を意味します。

そこに留まっていてはいけないのです。

私は自分の信念を貫くため、そして夢を叶えるために新チームを立ち上げたわけです。

もちろん、最初からうまくはいきません。

そんなことは百も承知の上で決断し、行動したのです。

ここに至るまでは苦しい葛藤がありました。

しかし、自分の人生ですから自分の決断に後悔は全くありません。

私は信じられないくらい多くの人たちに支えられています。

それは、決断し行動したことで気付くことができました。

 

 

あなたに伝えたいこと。

それは、自分を守るのは自分。

家族を守るのも自分。

決断すればその方向に物事が進みます。

私がその例です。

場所がない、人がいない、お金がない、物がない、あれがない、これがない、ない、ない、ない、、、

全て言い訳でした。

日本では何かの決断や行動に対して「やめておいたほうがいい」という風潮がどうしてもあります。

ああなったらどうしよう。こうなったらどうしよう。

頭をよぎるのは不安ばかり。。。

それでも周りの人たちに支えられてここまで来ています。

 

自分で決断をすること。させること。

これを子どもの頃から習慣にする。

「やってみたい!」

に対して「お!いいね!やってみな!」

という言葉を子どもにかける。

そして大事なことは

自分自身にも言う。

自分に許可を出す。

決断すると人生はより色鮮やかに流れ始める。

行動すると失敗もするが、それは確実に成功に近付いている証拠。

今すぐではなくても、1年後でも3年後でもいいからコミットメントする。

決断と行動を自分にも、子どもにも!

ちなみに、決断とは決めて絶つこと。

つまり、1つに決めたら他を絶つ(捨てる)こと。

あなたにも決断の時が近づいているのでは?

今日1日があなたにとって、決断できる1日となりますように。

(^-^)/てつ

★伊勢原駅前に国産木材でスタジアムを作る★

投稿者: 一場 哲宏

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間のFCしらゆりシーガルス監督を経て、2019年に一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC公認キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中