224.私が決断したこと

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

大変長らくお待たせいたしました。

私が決断したことをお話いたします。

それは、今まで6年間お世話になったFCしらゆりシーガルスを辞めるということです。

主な理由は2つあります。

1つは、自分の大切にしている理念を曲げられないこと。

もう1つは、夢を実現させるためです。

ベルマーレで年間約15,000人の幼児や小学生と巡回授業を通じて関わることで気付いたことがあります。

それは、同じことを伝えていても6年生に伝えるのと1年生に伝えるのとでは全く心への響き方が違うということです。

つまり、幼少期の教育や環境がどれほど大切かを思い知らされたわけです。

そこで幼児から小学生に対して一貫教育できる伊勢原白百合学園にお世話になったのですが、本当に幸せな6年間でした。

サッカーを通して自分で考えることや人間力を高めることを、年間を通じて行い、さらに6年間やったらどうなるのかが見たかったのです。

一人の人間としてどのように育つのか。。。

チームとしてどんなチームになるのか。。。

その答えが先日の6年生の最後の大会でした。

210.仲間を思いやる心の大切さ

やはり、このやり方は間違えていなかったと確信することができました。

この指導理念で子どもも大人もみんなが成長できて、みんなが幸せになれる。

もちろん、時間はかかるかもしれません。

子どもたちは(大人も)たくさん失敗します。

だからいいんです。

とは言え、理念や価値観には正解がありません。

私が信じる指導理念や価値観が合っている子どももいれば、そうでない子どももいる。

それでいいんです。

私は私の信じる指導理念や価値観を曲げることができません。

それを曲げてまで生きていこうとは思いません。

プロのサッカーコーチなので。。。

ご迷惑をお掛けする人もいるかもしれませんが、ご理解いただければ幸いです。

私は人生の新しい道を見つけました。

しらゆりには心から感謝しております。

ではまた明日。。。

今日1日があなたにとって大切な1日となりますように。

(^_-)-☆てつ

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

投稿者: 一場 哲宏

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年にFCしらゆりシーガルス監督に就任。 http://shirayuri.ciao.jp/soccer/ 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC公認キッズコーチングアドバイザーの資格を持つ。 ★ジュニアサッカークリニック記事 https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1666471670100687&id=100002136114011 ★しらゆり招待記事 https://www.sakaiku.jp/column/thought/2018/013400.html

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中