278. 伊勢原FCフォレスト始動!

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

神奈川県伊勢原市の5年後、10年後、100年後をイメージして新しいクラブチームが誕生しました。

伊勢原FCフォレストとは、

 

子どもが自分で考えて行動できるようになるサッカークラブです。

 

そして、その名前の由来は

 

サッカー × 森林スタジアム構想

 

にあります。

29年後には駅前に国産木材のスタジアムが完成します。(と、勝手に言ってます)

くしくも現在建設中の新国立競技場も国産木材を使用するようですね。

先を越されました。。。

日本の気候・風土・伝統を踏まえた木材利用だそうです。

東京オリンピックまであと500日ですから、

完全に先を越されています。。。

 

とは言え、そんなスタジアムが日本中、

いや世界中にできたらいいなと思っています。

 

もちろん、私たちはサッカーチームですからそこへのアプローチは今までよりもかなり力をいれていきます。

子どもたちは間違いなくサッカーがうまくなります。

なぜなら、コーチ陣が常にサッカーの指導方法を勉強し、ディスカッションを重ね、インプットとアウトプットを繰り返しているからです。

※「サッカーがうまい」の定義はもうすでに書いているので読んでください。

 

それだけではありません。

こどもたちがサッカーを通して人間的に成長する速度が半端ないです!

サッカーを通して「自分で考えて行動する」ことが当たり前のようにできるようになります。

自己肯定感が高まり、自分に自信が持てるようになります。

これから約半分の職業が無くなり、新しい職業が次々に生まれる時代です。

そんな時代背景を迎えるにあたって何を学び、何を得なければいけないのか。

必須のライフスキルをサッカーを通して獲得していきます。

 

私たちは口で言うだけでなく、

実際に行動することをお約束します。

 

今日1日があなたにとって何かをスタートする1日となりますように。

(^-^)/てつ

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

投稿者: 一場 哲宏

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間のFCしらゆりシーガルス監督を経て、2019年に一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC公認キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中