228.指導理念「心技体」の心①

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

昨日はクラブ理念をお話させて頂きました。

クラブ理念

 

今日は更に日々の指導をどのように行っていくのかという

 

「指導理念」

 

の話です。

 

指導理念は、

 

「心・技・体」

 

となります。えっ!?普通!?でも大切ですよね。

中でも「心」は目に見えないながら人間の本質に関わる所ですので非常に重要です。

 

「心」

 

①ボトムアップ+トップダウン

「自分で考えて行動できるようになる」

 

②いいとこメガネ

「仲間の良い所を見つけ認め合う」

 

③オリジナルアプローチ

「一人ひとりに寄り添ったアプローチをする」

 

~ボトムアップ+トップダウンについて~

年齢、気質、性格はもちろんのこと、依存状態にある子どもに対して最初から自分で考えてやってごらんと言っても動けません。

ですので、ボトムアップだけでなく時にはトップダウンで教えることも大切です。

その教え方もまた様々。質問したり自分で気付けるように促したりと子どもによって変わります。

ああしろ!こうしろ!と伝えて動かすのが、大人にとっても子どもにとっても一番楽です。

そして見栄えも良い。

指示命令を出すこともあるけど、出さずにどれだけ自分から気付いて動けるかのギリギリを探ってアプローチをしていきます。

 

すぐに成果はでないので親御さんの忍耐力が試されます。

 

しかし、たとえ時間がかかっても自分で得た気付きや行動こそ、自分のものになります。

 

明日は②のいいとこメガネについてです。

 

今日1日があなたにとって幸せを感じれる1日となりますように。

 

(^_-)-☆てつ

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

投稿者: 一場 哲宏

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年にFCしらゆりシーガルス監督に就任。 http://shirayuri.ciao.jp/soccer/ 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC公認キッズコーチングアドバイザーの資格を持つ。 ★ジュニアサッカークリニック記事 https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1666471670100687&id=100002136114011 ★しらゆり招待記事 https://www.sakaiku.jp/column/thought/2018/013400.html

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中