189.子どもの可能性に蓋をするのはいつもあなた?

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。 子どもは無限の可能性がある。 良く聞く言葉ですが、これは

本当です。


ピグマリオン効果、ローゼンタール効果の話は前々回のブログを参考にしてください。

子どもに期待をかけるのは決して悪いことではありません。 しかし大抵の場合、期待をかけすぎているか、ネガティブな言葉をかけすぎているかです。


せっかく夢を持って頑張ろうとしているのに、「無理だよ」「やめた方がいいよ」という人のことを、


ドリームキラー



と呼びます。まさに夢を殺す人、、、


以前も書きましたが、あなたの言葉は幼い心にダイレクトに響きます。


夢だけではありませんが、子どものあれをやりたい、これをやってみたい!や、こうなりたい!などの実現欲求に対して、


「何言ってるの?」


「そんなの無理に決まってるでしょ」


などの言葉をあなたが発した瞬間に、可能性の道が閉ざされます。


子どもの事を考え、良かれと思って言っているのかもしれませんが、


もしそうだとすると更に重症です。


無理かどうかはやってみなければ分からないし、才能があるかどうかもやってみないと分からない。


やる前から道を閉ざす。


せっかく登ろうとしている壁を登らせない。


成長に蓋をしてしまう。


子どもの成長はあなたの言葉で決まります。

ということは、あなたの言葉で子どもが変わる。


あなたの考え方が変われば子どもも変わる。


あなたが成長すれば、子どもも成長する。


もちろん、私たちコーチ陣も同じことが言えます。


子どもの夢を殺すのではなく、


子どもの夢をかなえるコーチになります🎵


子どもには無限の可能性があります。  


P.S. でも、実はあなたにも、私にもあります。


今日1日があなたにとって有意義な1日となりますように。



(^-^)/てつ



★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

投稿者: 一場 哲宏

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年にFCしらゆりシーガルス監督に就任。 http://shirayuri.ciao.jp/soccer/ 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC公認キッズコーチングアドバイザーの資格を持つ。 ★ジュニアサッカークリニック記事 https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1666471670100687&id=100002136114011 ★しらゆり招待記事 https://www.sakaiku.jp/column/thought/2018/013400.html

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中