141.親御さんへ贈る言葉 その2 ~将来を見据えて今を見る~

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は将来を見据えて今を見ることの大切さについてです。

 

あえて最初に言っておきます。

決して「勝利を目指すな!」と言っている訳ではないんです。

子どもたちは目の前の試合に勝つために全力で最後まであきらめずにやるべきです。

ですが、コーチや保護者はそこにどっぷり浸かるのではなく、俯瞰して見ることが大切です。

子どもがサッカーをやっていて、本当に本当に大切なものは何ですか?

いつも言っていることなのですが、私たちコーチが見ているものは

「今」ではなく、「20年後、30年後」です。

なぜか?

 

今後、10年~20年後には今ある仕事の半分が自動化されます。

そして、子どもたちの65%は、今ない職業に就きます。

 

これをあなたが本当に理解しているかどうか、

知っているかどうかです。

 

言われたことをやらせる(やらされる)というのは、

‟受け身の人間” を育成していることになります。

それでいいんですか?それでこの先、生きていけますか?という事なのです。

それでもなお、あなたは目先の勝利を目指しますか?

 

「将来」を見据えた上で「今」を見ている親御さんは、

今、何が必要かを理解しています。

目先の勝敗に一喜一憂するのはある意味当たり前。

でも、将来のことをしっかりとイメージしている人は、

勝ち負けの先にあるものが見えています。

あなたはどうですか?

 

今日1日があなたにとって幸せな1日となりますように。

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

(^_-)-☆てつ

※英語バージョンはこちら

English version kidsfootball coaching

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 一場 哲宏

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年にFCしらゆりシーガルス監督に就任。 http://shirayuri.ciao.jp/soccer/ 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC公認キッズコーチングアドバイザーの資格を持つ。 ★ジュニアサッカークリニック記事 https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1666471670100687&id=100002136114011 ★しらゆり招待記事 https://www.sakaiku.jp/column/thought/2018/013400.html

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中