128.叩けよ、さらば開かれん

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は失敗についてです。

物事が成功するかどうかは、どれだけ失敗したかで決まります。

特にアクティブタイプの子どもは、目に映ったものに興味関心を示して近寄ります。

手に取ってみたいのです。だからお友だちのおもちゃを横取りします。

これは性格が悪いとか意地悪とかではなく、そのような気質の持ち主であり好奇心の表れなのです。

それだけトラブルや失敗も多く、あなたを困らせるかもしれません。

でも、大丈夫。成長しない子どもはいません。

今は、失敗から学ぶ時期なのです。

ただ、これは子どもだけでなく、

あなたにも言えることです。

 

私たちは様々な場面で「決断」を迫られます。

先日私が受けた勉強会では講師の先生がこんなことを言っていました。

「人生は一度きり。時間は元には戻らない。」

つまり、「時間は命」

~Aさんの思考パターン~

・いつまでも決断せず、悩み、苦しみその場をぐるぐる回り前に進まない。

それと、

~Bさんの思考パターン~
決断して失敗して気付きや学びを得て前に進み、そして成功する。

あなたは、Aさん、Bさんのどちらを選びますか?

ちなみに、決断しないと失敗もないし成功もしません。

チャレンジしなければミスしません。

ただし、成功もしません。

ドアをノックすれば必ず開きます。

目の前で立っているだけでは開きません。

あなたの前にはいつもドアがあります。

そのドアの向こうには、「失敗」が待っているかもしれません。

しかし、失敗から学ぶならそれは「成功のもと」ですね。

 

今日1日があなたにとって「決断」の日になりますように。

(^_-)-☆て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

※英語バージョンはこちら

English version kidsfootball coaching

投稿者: 一場 哲宏

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間のFCしらゆりシーガルス監督を経て、2019年に一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC公認キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中