71.ミックスゲームって何?その意図は?

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は、ミックスゲームについての話です。

 

しらゆりで練習試合をやる場合(特に低学年)ほとんど必ずミックスゲームをやります。

ミックスゲームとは、味方も相手もごちゃまぜにしてチームを作り、試合をすることです。

当然、初めて出会う子どもたち同士なので「自己紹介」から始まります。

〇〇小学校の1年1組の△△です。あだ名は◇◇です。担任の先生は☆☆先生です。

と、担任の先生の名前まで。。。(笑)

その他、好きな食べ物、好きなサッカー選手、誰がキャプテンをやるかなど盛り上がります。

対抗戦で少し疲れた子どもも一気に笑顔になる!

 

子どもってすごいです。

 

大人がああしろこうしろ!と言わなくても自分たちでどんどん発言する。

そして表情が変わるのが分かります。

 

楽しい雰囲気がそうさせる?

 

普段あまり話さない子も話す場合が多いです。

普段はいじられキャラじゃないのに、いきなりいじられキャラになる子もいます。(笑)

ふとしたきっかけで、いじられる美味しさを知ってしまうのです。

 

また、プレー面でも同じことが言えます。

いつもは見たこともない、すごいパスやシュート、初対面なのに素晴らしいコンビネーションがたくさん見られます。

コーチに色々と言われることなく、自分を表現できるのがいいのでしょうか。

プレーの幅が広がり、今まで隠れていたポテンシャルをお互いに引き出します。

 

ですが、もちろんいいことばかりではありません。

楽しすぎて「おふざけ」がエスカレートして相手を嫌な気持ちにさせてしまうことや、傷ついてしまうこともあります。

ですが、それも含めてよい経験であることは間違いありません。

 

学びの場であり、成長の場となるのです。

 

最後には、MVPを選びますが技術的なことではなく、一生懸命コミュニケーションを取っている子や、普段あまり光があたらない子をよく見て、その子のよい所を見つけて発表します。

子どもたちからは、えっ!?なんで〇〇がMVPなの?ってビックリしますが、理由を説明すると、「お~!すげ~!〇〇やるじゃん!」となるわけです。

後日、そのチームのコーチから、あれがきっかけで自信を持ち、スイッチが入りました!と報告を受けると嬉しい気持ちになります。

 

なぜ、ミックスゲームをやるのか?

 

その根底には、

 

自分たちだけでなく、相手も一緒に上達し、成長する!

 

という考え方があるからです。

 

今日1日があなたにとって喜びの大きな1日となりますように。

(^_-)-☆て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

 

 

70.助けて~!と言えますか?

おはようございます!キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は「助けて~!」と言うことの大切さについての話です。

 

キッズコーチング一般財団法人日本キッズコーチング協会のマキ先生と

 

「社会人に必要なスキル」

 

について話をしました。

会社の製品でもサービスでも、より良いものを提供するには、一人で頑張るだけじゃなく、他の人とコミュニケーションをとって協力する方がいい。

もし、行き詰まったら「助けて」と言って助けてもらったらいい。

で、助けてもらったら「ありがとう」を言う。

こんな、当たり前かもしれないけど、大切なことを出来ない人がたくさんいる。

子どもの頃から「助けて!」「ありがとう!」の経験をたくさん積んだ方がいい。

今、その瞬間、を見逃さず教える。

 

しかも、子どもの場合は、その瞬間が来たときに、「助けて」と言うんだよ!「ありがとう」って言うんだよ!ってリアルタイムで教えてあげた方がいい。とのことでした。

 

その話を聞いたとき、私は「氷オニ」を思い浮かべました。

オニにタッチされて氷になっても、「助けて~!」と言って誰かにタッチしてもらえればまた逃げられる。

でも、その「助けて~」が言えない子が結構いるんです。

誰かが気付いてくれるのを待ってる。

気付いてくれるまで、ずっと黙って待ってる。

もちろん、めちゃくちゃ大きい声で「助けて~!」と叫ぶ子もいる。

助けてくれたら、「ありがとう!」って言いながら他の氷になっている人を助けることができる。

 

たかが氷オニ、されど氷オニ。

 

助けてー!ありがとう!は、幼児の頃から自然に言えるようになりたいですね。

いつもやっている氷オニには、私たちのこんな意図が隠されているのです。

 

立派な社会人になれるかどうかの根っこはキッズ年代にあります。

 

やっぱりキッズ年代の指導者は、責任重大ですね。

でも、大人になっても「助けて」「ありがとう」はどんどん使っていきたい。

実は、私も最近悩んでいることがあって、周りの人たちに「助けて!」を連発して相談に乗ってもらっています。ありがとうございます。

 

今日1日があなたにとって助けを求めたり相談できたりする1日となりますように。

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

 

 

 

 

69.オランダの小学校で指導者としてのあり方を省みる。

おはようございます!キッズのスペシャリスト、てっちゃんです。

今日は、「指導者としてのあり方」「自分を労うこと」についての話です。

 

最近、本を読んだり倉本和昌氏のサッカーコーチングセミナーに参加したりする中で、話題に上がるのが、

 

「自分を労う」

 

ということです。

 

まずは、自分自身を満たすことができないと、

他人を褒めたり、他人に尽くしたりすることができない。

 

これって、サッカーの指導者にも当てはまりますよね。

もちろん、教育者もです。

 

オランダの小学校での朝の職員会議

 

を思い出します。

しらゆりでオランダ・ドイツ遠征に行った時にオランダの小学校を訪問させていただきました。

朝の職員室での光景は、日本のそれとは全く違うものでした。

先生たちは、コーヒーを片手に談笑しているのです。

これから始まる子どもとの闘い!?(笑)

を感じることは全くありませんでした。

みんな、とっても笑顔だし、リラックスしてる。。。(衝撃)

 

自分の心に余裕があることの大切さ

 

を感じずにはいられませんでした。

 

シャンパンタワー

 

をイメージして頂けると分かりやすいかもしれません。

 

まずは、自分を労い、自分を満たす。(1段目)

次にパートナーや家族。(2段目)

その次に知人、友人、同僚。(3段目)

そして、お客様や他人。(4段目)

 

どんな小さなことでも、自分を労う。

  • 朝、おはよう!って言えた。

 

  • ゴミを拾えた。

 

  • お弁当を作った。

 

  • 歯を磨いた。

 

なんでもいいんです。。。

自己犠牲はいけません。

 

世の中のママさんたちは、家事に育児に仕事に大忙し。

ストレスフルな毎日です。

これは、シャンパンタワーの2段目から注いでいること。

 

かく言う私も、4段目の「仕事」サッカーチームから注いでいるような。。。

 

まずは、自分を労い、満たす。自分の心に余裕がある状態。

それが、指導の質を上げることにもつながる。

そして、幸せな世界を作り出す第一歩かもしれませんね。

 

今日もブログを発信できた自分に拍手!パチパチパチ~!

ありがとうございます!

そして、皆さんからコメントを頂けると最高に嬉しいです(^_-)-☆

コーチや先生や友人、そして主婦の方まで様々な立場からのコメントは、学びを深いものにすることができ、勉強になります。

いつもありがとうございます。

 

~今日のまとめ~

 

  • 指導者(教育者)は自分の心に余裕がないと良い指導はできない。

 

  • まずは自分が満たされること。

 

  • どんな小さな事でも、自分を労う習慣が大切。

 

  • シャンパンタワーの一番上(自分)から満たす!

 

  • 1、自分 2、家族 3、同僚・友人 4、客・他人

 

  • 今のあなたは何段目から?

 

  • 自戒を込めて。。。

 

今日1日があなたにとって自分を大切にできる1日となりますように。

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

 

 

 

 

68.あなたは人生で初めて出会うコーチ ~私の元を去った親子~

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は、キッズのコーチは子どもにとって人生で初めて出会うコーチ!という話です。

 

私にとって今でも忘れなれない子どもとその母親がいます。

なぜなら、その子はサッカーの楽しさを知ることなく私の元を去っていったからです。

私は、その子にサッカーの楽しさを伝えることができませんでした。

残念そうで、少し申し訳なさそうな何とも言えない母親の顔を今でも覚えています。

 

今、目の前にいる子どもがサッカーをずっと続けるか。

サッカーをずっと好きでいてくれるか。

それは、

 

「サッカーって楽しい!」

 

と子どもが感じているかどうかです。

キッズ年代にとって、あなたは最初に出会うコーチ。

だからこそ、責任重大。

 

あの子どもがサッカーをやめてしまったのは、

私の責任。

あの時の自分は未熟だった。

 

自分自身がコーチとしても人間としても成長しなければ!

よりよいコーチになるために、日々勉強です。

 

今、考えると保護者への説得力も無かった。

保護者が子どもにできることで、一番大切なことの一つに、

 

「辛抱強く待つ」

 

ことが挙げられます。

そんなに子どもにべったりついていたら子どもは自立しないし、成長しませんよ!

と今なら自信を持って言える。

 

目の前にある「今」の結果は大事ですか?

もちろん、大事ですよね。分かります。

でも、彼が立派な社会人となり、幸せな人生を送る

「将来」の方が大事じゃないですか?

そんな事を今なら自信を持って言える。

 

他の子どもと比べちゃいけませんよ。

指示命令だけでは、自分で考えて行動できる人間にはなりませんよ。

あれはダメ。これもダメ。と否定してはいけませんよ。

肯定的なアプローチが大切ですよ。

外発的モチベーション(動機づけ)ではなく、

内発的モチベーションが大事ですよ。

等々。

 

今なら自信を持って言える。

 

自分が関わった子どもが一生サッカーが好きでいてくれるように。

その子が大人になり、その子どももまた、サッカーをやってくれるように。。。

 

~今日のまとめ~

 

キッズのコーチは、子どもの一生を決める。

 

 

今日1日が、あなたにとって感謝にあふれる1日となりますように。

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

 

 

 

 

 

67.お~い!サッカーやる人、集まれ~!

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は、「子どもの集め方」についての話です。

 

これから練習が始まろうとしています。

あなたはどうやって子どもを集めて、練習を開始しますか?

 

「集まれ~」とか「集合!」と叫びますか?

それとも、誰かに集まることを伝えて、その子がみんなを集めますか?

それもいいと思います。

リーダーシップが育ちそうですね。

 

自分で考えて行動できる人間に育てたいなら、

時間が来たら自分たちで集まる方が理想かもしれません。

 

目の前にいる数人にひそひそ話をしていれば、

他の子も気になって集まるかもしれません。

 

面白い話をしてゲラゲラ笑ったり、拍手したりしていれば

それに気づき自然と集まってくる可能性が高いです。

「あれっ!笑っている!なんの話しているんだろう?」

とか、

「あれっ!拍手の音が聞こえてきたぞ。なんでだろう?」

などです。

 

はやく集まってくれたら、感謝の言葉とグリーンカードを提示する。

そんなやり方もあります。

 

つまり、

 

集まっていない子ども

 

にアプローチをして叱ったり怒ったりするのではなく、

 

集まってくれている子ども

にアプローチをするわけです。

 

時間になって自分たちで集まってくれてありがとう!

これでスムーズに練習が始められるよ。

みんなは、コーチに言われなくても自分たちで行動できるんだね。

すごいよ!サッカーも同じだからね!

 

な~んて言葉をかけていれば、嬉しくなって効果倍増間違いなし!

 

 

~今日のまとめ~

 

子どもの集め方1つで指導のスタイルが分かる。

 

あなたなら、どのように集めますか?

 

※これが正解!というものはありません。時と場合、年齢によって違いますから。

 

 

今日1日があなたにとって、意気投合する仲間が集まる1日になりますように。

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

 

 

66.合宿の効果と効能

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は合宿の効果・効能についての話です。

今回一緒に行ったサトルコーチも記事を配信してくれています。是非ご覧ください。

https://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fsnfootball05%2Fposts%2F10215561712228838&width=500

 

合宿にいくことでのメリットは、何と言ってもオンザピッチとオフザピッチがつながっていることを身をもって経験できることです。

親元を離れて生活することで、普段親がやってくれることを自分でやるわけです。

つまり、

「自分のことは自分でやる!」

という経験を通して、自立を促すのです。

親への感謝も感じることでしょう。

合宿に来ると普段の生活習慣が良くも悪くも見えてきます。

例えば、食事中の姿勢や食事のマナーもその一つ。

一番感じるのは、自分で考えられず何でも質問すること。

  • 食事中にコーチの所に来て、「僕のみそ汁(お茶)が無いんですけど」
  • 「コーチ、僕の水筒がありません。」
  • 「コーチ、お風呂はどこにありますか?」

 

家庭では、親御さんがすぐに答えを言ってくれるかもしれませんが、合宿ではそうはいきません。

ですが、そのような質問も、初日、2日目、3日目となると少なくなります。

そして、質問のレベルが上がります。

また、上級生が下級生の面倒を見て、責任感を持たせる良い機会でもあります。

部屋の整理整頓、荷物の整理、ユニフォームの洗濯などなどです。

その他、食器の上げ下げ。台拭きでテーブルを拭く。お弁当の残飯袋を手にもって待機する。バスの中に忘れ物がないかを自分たちでチェックする姿もありました。

6年生の姿は、下級生のお手本でした。

オフザピッチだけでなく、朝から晩までサッカー漬けですので、ピッチ上でも宿でもゆっくりと自分たちでミーティングを開くことができます。

6年生はもちろん、5年生も4年生も自分たちで率先して、試合後や試合前にミーティングをやっていました。

夏休みであれば、自然の中での体験などサッカー以外の夏にしかできない経験もさせてあげたいものですね。

~今日のまとめ~

  • 合宿ではオンとオフがつながっていることを学べる
  • 親元を離れて “自分のことは自分でやる” 自立の機会。
  • 質問のレベルが上がる。
  • 下級生の面倒を見ることで責任感を持つことができ、成長する。
  • サッカー以外の自然体験も大切。

今日1日が、あなたにとって「楽しい~!」と心から言える1日となりますように。

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

65.キッズ年代からの戦術的アプローチ

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は、キッズ年代においての押し付けではない、自然な形での戦術的アプローチの話についてです。

以下、世界に通用する指導者育成コーチの倉本和昌氏のFacebookから引用です。

小学1、2年生の選手に技術と判断をどうやって同時に習得させるか?

先日、友人のトレーニング見学に行きました。

そのチームは、

「団子サッカーが自然と解消されるメソッド」

を取り入れているチームであり、実際にどんな変化があるのか見学させてもらいました。

サッカーを始めたばかりの子どもたちの難しいところはボールを扱うことがままならないということですが、

だからある程度技術レベルが上がるまで、顔をあげたり、周りを見るのは難しいという風になります。

なので、まずはしっかりとした

技術トレーニング

からという流れは理解できます。

ところが、

そのチームで行われたトレーニングでは自然と判断と技術がリンクしている選手がたくさんいました。

そのチームはセレクションで選手を選考したり、色々なところから集めてきたりというチームではなく、近くに住んでいる子が集まってサッカーを楽しんでプレーしているチームです。

女の子もたくさんいます。

特別コーチが「ああしろ」「こうしろ」と言わなくても、

選手たちが主体的にポジションをとったり、

相手の逆を突くことをやっているのです。

パスなのか、ドリブルなのかの判断を自分たちで出来るようになっているわけです。

これに本当に驚きました!!

「団子になるな!」と言わなくても、選手が自然と離れたポジションをとったり、そこから「反対に出して〜」と声が出る。

技術の差に関係なく、全選手がプレーに関わろうとしていたことが印象的でした。

僕も低学年の子たちとサッカーをやったことがありますが、どうしていいかわからなくて
立ち止まってしまう子とかいますものね。

それが全くいない。技術的レベルはまだまだではあるのですが、自分からプレーに関わろうとしている。

特別なトレーニングを施しているわけでもなく、

ある仕組みを用意して、

あとは選手にプレーさせているだけなんですが。

ストリートサッカーがベースに考えられているもので、小学低学年、中学年の選手のインテリジェンス向上、

つまり、

技術と判断をリンクさせる

には非常に適したものだということが再確認できました。

その仕組みについて詳しく9月15日のセミナーでお伝え致します。

「そんなのあるわけない!」と気になる方は是非セミナーを受けて頂ければと思います(笑)

チームで導入するのも、非常に簡単であり、指導歴に関係なくチームに落とし込むことができます。

https://goo.gl/forms/OpMOeGi0Mg4jFsaz1

よろしくお願い致します。

○現在開催中の他のセミナー

指導力ワンランクアップ1日セミナー

https://goo.gl/forms/MbtjiftK382pKxaG2

引用、ここまで。

という事で、このメソッドを取り入れている子どもたちが、来年、再来年、そして5年後、10年後にどんな選手になっているか、今からワクワクします。

何しろ、

数カ月でこの上達

ですから。。。

今日1日があなたにとって希望の光が見える1日となりますように。。。

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★