197.「教育は人なり」 サッカーも。。。

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

「教育は人なり」という言葉があります。

主に学校教育においてその成否は教員の資質能力に負うところが大きいという意味です。
人は人によって磨かれるのです。

これはサッカーコーチにも言えることであり、親にも言えることです。

私はサッカーのコーチですから、子どもたちがサッカーがうまくなるためにどうしたらいいかを考えて日々勉強しています。

勉強したことをグランド上で伝える。

知っていることは伝えられるが、知らないことは伝えられません。

知っていることもただ伝えるのではなく、どのように伝えるかを考える。

ただ、一番大切なのは、サッカーを通して

子どもが成長すること。

そして当然のことながら、子どもが成長するためには

自分自身が成長しなければなりません。

特にキッズ年代を担当している私は責任重大です。

なぜなら、幼少期は人格の形成に大きな影響を与える時期だからです。

子どもたちは人生の土台をこの時期に作るのです。

一生が決まると言っても過言ではありません。

そしてもちろん、子どもが成長するためには、

親も成長しなければなりません。

親も学ぶ必要があるのです。
『 教育は人なり 』

学校教育 = 教員

サッカー = コーチ

子育て = 親

コーチも親も一緒に学び、成長することで、

私たちが愛してやまない子どもたちも成長します。

今日1日があなたにとって素敵なクリスマスとなりますように。

(^_-)-☆てつ

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

196.あらかじめ「無理!」と言うことで自分を守る子ども

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

自己肯定感が低い子どもは、すぐに無理と言うのが口癖になっているかもしれません。

もし、親に

「あなたはダメな子」

「どうせ失敗するよ」

「どうせ無理よ」

「やめときな」

 

などと言われ続けた子どもは、その思考がその子に刷り込まれます。

もしかしたら、そのようについつい言ってしまう親御さんの気質がネガティブタイプであることも考えられます。

生まれ持った気質なのでしょうがないと言えばしょうがないですが、受け入れて良さを認めていきたいですね。

ネガティブタイプは慎重に行動できますし、いつも物事をポジティブに捉えることが必ずしもよい事とは限りません。

なぜなら物事や出来事は「表裏一体」だからです。

ネガティブタイプの人は、様々な方向から見て考えることができるとも言えます。

 

もし、子どもが「無理!」と言ったら、そう発言する事で自分を守っているのかもしれません。

あらかじめ、失敗するかも!?というメッセージを伝えておけば、実際に失敗した時にダメージが少ないからです。

 

「自分を守る術」なのです。

 

「え~!?俺キーパーやるの~?いいけど、5点は取られると思うよ!」

 

 

と言っておく。。。みたいな。

 

子どもが無理!と言ったら、

「無理だと思っているんだね」

「そう思うことも大切だよ♪」

「大丈夫だよ!」

ってリピートしたり、心に寄り添った言葉を掛けたりしましょう。

 

そして、何でこの子はすぐに無理っていうのかな~?

といろいろと考えてみるのも指導者としてのレベルアップにつながるかもですね。

 

今日1日があなたにとって素敵な1日となりますように。

 

(^_-)-☆てつ

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

 

195.すぐに「無理!」と言う子ども

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

あなたの周りに口癖のようにすぐ「無理!」と言う子どもはいませんか?

あるいはあなたの子どもはどうでしょう。

すぐに無理を言うのには、様々な理由が考えられます。

そもそも生まれ持った気質が「ネガティブタイプ」だったとしたら納得できます。

なぜならネガティブタイプの子どもはいつも心に不安があるので、それを言葉にしたいだけなのです。

その不安をごまかすためについつい否定的な事を言ってしまうのです。

その子の気質がネガティブタイプだと知れば、イライラせずに「不安な気持ちを吐き出しているのね~♪」と流すことができます。

ネガティブタイプと聞くとマイナスのイメージがありますが、根は素直ですから安心してください。きちんと気持ちをまるごと受け入れてあげるようにしましょう。

リピートや7秒ハグ、Iメッセージなどが有効です。

えっ?何それ?となってしまった方は過去のブログを読んでくださいね♡

 

ちなみに、すぐに無理と言うのは気質だけの問題ではありません。

それはまた後日書きます。

 

今日1日があなたにとって気付きを得らえれる1日となりますように。

 

(^_-)-☆てつ

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

194.たまには子どもにゆだねちゃう♪

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

 

あなたはいつも練習を計画通りに進めていますか?

 

私は計画通りに進められない、というかまあいっか?となることもあります(笑)

 

子どもは言うんです。

 

「てっちゃん、これやりたい!あれやりたい!」と。。。

 

でも私も色々考えてるし、子どもが考えていることはだいたい

 

「非効率的」なんです(汗)

 

それでも子どもの意見に乗っかることもままあります。

 

例えばこんな時。

 

  • 子どもが全く集中していない

 

  • 落ち着かない

 

  • テンションが上がりまくり

 

先日3年生が選んだのは、なんと

 

「キックベース」

 

それはそれはすったもんだあるわけです。

 

チームが決まらなかったり、ルールが分からなくて泣いたり、ケンカしたり。。。

 

それでも、ルールを教える子、なぐさめる子、ビブスをもってチーム分けしてる子、ベースを置いたり準備をしてる子。。。

 

プレーでは、思いっきり飛ばそうとして空振りしている子、堅実にバントしている子。。。

 

一通りやったら気が済んだようで、

 

「てっちゃん!じゃあ、サッカーやろうか!」

 

「あ、はい。。。」

 

泣いたり、笑ったり、喜んだり、怒ったり、、、

 

感情がジェットコースターのように急上昇、急降下すること。

 

心の動きを経験すること。

 

心が満足すること。

 

自分を表現し、魅力的な人間になってほしいと願う今日この頃でした。

 

今日1日があなたにとってラッキーなことがありますように。

 

(^_-)-☆てつ

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

193.デリケートタイプが物事を着実に成功させる3つの理由

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

日本キッズコーチング協会 では、人には生まれながらの気質が5つあるとしています。

繊細なイメージのあるデリケートタイプは、アクティブタイプと違いなかなかスタートできませんが、着実に物事を成功させることができます。

その理由は主に3つ挙げられます。

 

1、物事を計画的に着実に進めようとする「予測脳」が発達している。

 

デリケートタイプの人は、未来に起きる現象を予測する力が抜群に発達しています。

ですから最初の一歩が踏み出せない反面、大きな失敗をすることなく着実に進むことができるのです。

 

2、繊細な表向きのイメージとは裏腹に、実は心の内側に大きな夢や志を抱いている。

普段大人しいけど、話をすると意外と芯がしっかりとしていて志がある人だった。。。

という人、あなたの周りにいませんか?

 

3、物事の成功に欠かせない仲間との協力に関して、その優しさと気遣いからパフォーマンスを上げるチームを作り上げることができる。

 

デリケートタイプの人は、周囲への配慮を怠りません。優しさや気遣いをもっています。

これは、チームをまとめていくにあたり重要な能力の一つです。

「俺についてこい!」タイプのリーダーシップではなく、周りを活かすタイプです。

 

あなたの周りにデリケートタイプの人はいますか?

もしくは、あなた???

注意点を1つ。

デリケートタイプの人はペースを乱されると力を発揮できませんのでご配慮くださいね。

 

今日1日があなたにとって夢をかなえる1日となりますように。

 

(^_-)-☆てつ

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

 

 

192. 感謝を理解する3年生

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。昨日は、「ありがとう」が自然に言える子はサッカーの上達度が違うという話でしたね。


自分で「感謝」や「ありがとう」という内容のブログを書くと、その言葉にアンテナが立つのか、周りに「ありがとう」がたくさんあるのに気づきました。

いろいろな方から「ありがとう」を言われたし、自分でも「ありがとう」を言っている。 そして、幸せな気持ちになる。  

実はここ最近、保護者の方と「成長」についてメールで意見交換しています。
その中で昨晩、3年生のお母さんからとてもうれしいメールをもらいましたのでご紹介します。


R君のお母さんは、R君に「成長」について聞いてみたそうです。


母:「最近、心が成長したかなって思えたことはある?学校でも、サッカーでも、家のことでもいいよ。」


R君:「う~ん、よくわからないけど、サッカー後のグランドの片づけとかは、前は面倒だと思ってやりたくなかったけど、ちゃんとやるようになったよ」


母:「それは、何でそういう風に考えられるようになったの?」


R君:「サッカーに対する “感謝” みたいな気持ちかな。」


だそうです。


このメールを読んだ時、自分が3年生の頃は何を考え、何をしていたかな?って思いだそうとしました。


でも、サッカー、体育の授業、給食くらいしか思い出せませんでした。。。少なくとも「感謝」という言葉を発したことはなかったかな。  


このメールを読んで感激していたのですが、練習後にちょっとした事件が起こりました。


いつも自転車で来ている3年生のグループ数人が駐車場で騒いでいます。


駆け寄ってみると、そのうちの一人の自転車のチェーンが外れて困っているとのことでした。


そこで、私が手を油まみれにして修理を終えると、その子は私にこう言いました。


「すげー!てっちゃん、ノーベル賞あげる!」  

と言ってそのまま自転車に乗って帰ろうとしていたので、


「ありがとう」とかないのかな~?と言うと、  

「ありがと~う!」と大きな声で叫びながら走り去っていきました(笑)

「ありがとう」を無理やり言わせてしまった、てっちゃんでした。

今日1日があなたにとって感謝と幸せを感じる1日となりますように。

(^_-)てつ

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

191.なぜ感謝の習慣でサッカーが上達するのか

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

サッカーを通して伝えたい美徳がたくさんあります。

自己主張、尊敬、人に対する思いやり、優しさ、協力、和、勤勉などなど。。。

挙げたらきりがありません。

その中でも特に大切だと感じているのは、

 

「感謝」です。

 

何かを受け取った時、してもらった時に自然に

 

「ありがとうございます」

 

と言える子どもは、サッカーの上達度が断然違います。

どんな小さなことでも、ありがとうと言える人は周りを幸せにしている人です。

運も味方にします。

吸収力も半端ないです。

 

だからといって子どもに「ありがとうは?」と強制しているようでは、自然な感謝の言葉にほど遠くなってしまいます。

もちろん、「ありがとう」という言葉を教えることは重要です。

しかし、あなたが率先して「ありがとう」を言う事の方がもっと重要です。

「ありがとう」は人の心から心へと伝わっていくからです。

考えてみたら、今こうして生きていること、学んでいること、周りで起きる現象、一見ネガティブに見える事象ですらありがたい宝物です。

その時はネガティブに捉えてしまうかもしれませんが、怒りや反抗に心を奪われず、

 

これも、もしかして宝物?

 

と思えるメンタリティーの持ち主は、サッカーだけでなく人生における祝福を引き寄せます。

 

まずはあなたから「ありがとう」を伝えましょう。

そして、私も。

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

 

今日1日が感謝できる1日となりますように。

 

(^_-)-☆てつ

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★