216. トラブルに弱い人・強い人・学べる人

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

繊細な人、優しい人はトラブルに弱いイメージがありますがあなたはどのように思いますか?

ブリジストンの元CEO荒川詔四氏の言葉を紹介します。

「繊細な人ほどトラブルに強く、またトラブルが起きていることは仕事が順調に進んでいることを意味する。」

ビジネスが上手くいくために欠かせないのは、「信頼関係」です。

では、信頼関係を築くためには何がポイントになるでしょうか。

例えば、

「相手の事を考える優しさ」

「相手の感情を細やかに察知する繊細さ」

などが挙げられます。

このような気質の持ち主は、日本キッズコーチング協会の観点から見ると、いわゆる「デリケートタイプ」です。

デリケートタイプは、繊細さと優しさを兼ね備えていますので、人との良好な信頼関係を作る事が得意です。

仲間や同僚、ビジネスの相手との信頼関係があれば、トラブルも解決して仕事が順調に進むというわけです。

デリケートタイプはトラブルに弱いイメージがありますが、実は逆なんですね。

トラブルやうまくいかないことがあっても大丈夫です。

トラブルから学べることはたくさんあります。

トラブルは仕事がうまくいっている証拠!ですから。

そして、あなたの周りにはあなたを信頼している人たちがたくさんいるはずです。

あなたの長所である「信頼関係」をフルに発揮してゆっくりと状況を好転させていきましょう🎵

今日1日があなたにとって安心を感じる1日となりますように。

(^-^)/てつ

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

広告

投稿者: 一場 哲宏

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間のFCしらゆりシーガルス監督を経て、2019年に一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC公認キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中