185.子どものちょっとした変化を逃さない。その為には。。。

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

娘が友だちとトラブルになったことがありました。イジメまではいきませんが悩んでいてどうしたら良いか分からない状態に陥っていました。

以前、娘が学校で嫌なことがあったと話した事はありましたが、その時はあまり深く考えずに時が過ぎました。

しかし、それからしばらくして蕁麻疹が出ていることに母親は気付き、以前の嫌なことがあったという会話と結び付きました。

先生に相談するか聞いたところ、娘は自分で何とかしてみるとのことでしたので任せていました。

子ども同士のことなので親は口を挟まずに自分で解決させることが、彼女の力になると思ったからです。

1週間ほどするとどうやら事なきを得たようですが、母親の察知能力というか子どものちょっとした変化を逃さない目は凄いなと思った次第です。

子どもの行動をすべて監視して守ることは不可能だし、そんなことはするべきではないのですが、子どものちょっとした変化に気づくことは大切です。

「私はいつでもあなたの味方よ」というスタンスを取りサポートする必要があります。

安心安全を感じる拠り所である必要があります。

その為には、日ごろからのコミュニケーションとアクノリッジ(認める)がポイントになることは言うまでもありません。

日々の仕事に追われストレスをかかえる毎日。。。

ですが、がんばっている自分を労い、心に余裕をもちたいです。

実際、あなたは仕事や家事や育児やたくさんの事をがんばっている。

十分すぎるほど、よくやっていますよ。

みんなあなたに感謝しているはずです。

まずは自分を認め、自分を満たすこと。

すると小さなことで怒らなくて済むし、子どもの変化にも気付けるし、何かあった時に相談してくれます。

このブログを読んで少しでもあなたに変化が生まれたら、こんなに嬉しいことはありません。

今日1日があなたにとって幸せを感じる1日になりますように。

(^_-)-☆てつ

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

※英語バージョンはこちら

English version kidsfootball coaching

投稿者: 一場 哲宏

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年にFCしらゆりシーガルス監督に就任。 http://shirayuri.ciao.jp/soccer/ 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC公認キッズコーチングアドバイザーの資格を持つ。 ★ジュニアサッカークリニック記事 https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1666471670100687&id=100002136114011 ★しらゆり招待記事 https://www.sakaiku.jp/column/thought/2018/013400.html

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中