20.人生を変える大切な話① ~腰を入れる~

おはようございます✨てっちゃんです!

ワールドカップで見事に決勝トーナメントに進んだ日本代表。これまでの素晴らしい戦いは、日本を大いに盛り上げてくれています。サッカーやスポーツの力ってやっぱりすごいな~!と思う今日この頃です。

さて、あなたは、外国の屈強な選手たちと体のぶつかり合いで負けない、日本代表の選手を挙げるとすると誰を思い浮かべますか?

 

昔だと中田ヒデ選手、最近では、武藤選手や柴崎選手もバランスが良いですよね。サイドをかけ上がる長友選手も小さな体にもかかわらずあたり負けしません。

彼らの共通の特徴をプレーではなく身体的な見方から探ると、、、

 

腰の反り(アーチ)

 

になります。

表現は色々とあります。

腰が入っている。

腰骨が入っている。

腰にアーチがある。

つまり、おしりの上にある腰骨がカーブしていて、スッと立っている姿勢。おしりがプリっと出ている姿勢です。イメージ出来ますか?

外国人は、もともとこのように体ができている場合が多いですが、日本人だとあまりいませんね。

 

腰は体の要です。

 

上半身と下半身をつなぐ中心で、体の前側と後側をつなぐ中心でもあります。

投げるにしても、蹴るにしても、走るにしても全身をうまく使わないと、スピードもパワーも出すことができません。

全身のエネルギーをスムーズに伝える重要な役割が腰という訳です。

ですから、腰が入っている人、腰にアーチがしっかりとできている人のパフォーマンスは素晴らしいのも納得できます。何しろ、力がスムーズに伝わる訳ですからね。

さて、明日は私が実際に試した実践編をお伝えします。45才の私でもキックの質が信じられないくらい変わりました。これを子どもの頃に知っていれば、、、

 

参考:操体施術・トレーニング指導 ヘッドトレーナー 西本 直

参考:森 信三 『心理は現実のただ中にあり』 致知出版社

 

今日もあなたにとって素晴らしい1日になりますように。

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

投稿者: 一場 哲宏

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年にFCしらゆりシーガルス監督に就任。 http://shirayuri.ciao.jp/soccer/ 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC公認キッズコーチングアドバイザーの資格を持つ。 ★ジュニアサッカークリニック記事 https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1666471670100687&id=100002136114011 ★しらゆり招待記事 https://www.sakaiku.jp/column/thought/2018/013400.html

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中