81.良いか悪いかは自分で決める

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は、「良い悪いの判断は自分でできます!」という話です。

子どもがちょっとした悪さをしている時に、あなたはどのような声をかけますか?

「コラ~!やめなさい!」

ですかね?

あれをやってはダメ!これをやってはダメ!と大人からうるさく言われているシーンをよく見ます。

また、

「どうしてそんなことしてるの!?」

「何回言ったら分かるの!?」

もよく聞くフレーズです。(笑)

でも、実際、子どもたちは今自分がやっている事がよい事なのか、やってはいけない事なのか、大抵は分かっています。

自分で判断できるはずですよ。

だから、質問してみればいいんです。

「ねえ!今、君がやってることっていい事?悪いこと?」

とか、

「君がやっている事って、〇?✖?それとも△?」

などなど聞いてみると、ダメなことなら、

「え~、✖です。。。」

と答えるはずです。

そこで終わりにしてはいけません。

なぜ、✖なのかの理由を理解することが大切です。

だから、

「えっ!?✖なんだ!でも何で✖なの?理由は?」

と核心に迫ります。

そこまでいくと、やっていい事、悪い事の分別がつきます。

さらに、やってはいけない理由までちゃんと説明できます。

だから腑に落ちてるはずです。

理由は分からないけど、コーチが言ってたから「✖」ではいけません。

さらに、さらに、こう続けます。

「じゃあ、君にお願いがあるんだけど、、、」

「もし、お友だちがやってるのを見つけたら君がイエローカードを出してね!」

と。

もし、手っ取り早く伝えたいなら、

「これをやってはダメ!」ではなく、

「これをやったらこうなるよ!」と伝える。

あるいは、

「こんなふうになってほしいんだけどな~」

など、こうあってほしいという理想を伝えるのもいいと思います。

そして、普段からちょっとした子どもの言動を

認めて感謝を伝えること。

が大切です。

もちろん、YOUメッセージではなく、Iメッセージを使いたいですね。

※Iメッセージについては第74回を参考にしてください。

~今日のまとめ~

  • あれはダメ、これはダメと否定しない。
  • 善悪の判断は子どもに質問する。
  • ダメな理由を聞く。
  • 理想や感謝を伝える。
  • Iメッセージを使う。

今日1日が、楽しいことを更に楽しくできる1日となりますように!

(^_-)-☆て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

80. 3歳児指導のちょっとしたコツ。

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は、3歳児の指導におけるちょっとしたコツについてです。

日本キッズコーチング協会では、子どもの成長を7つのステップで見ていきます。

7ステップの発達段階で、3歳児はちょうど「自立」の時期にあたります。

自分で何でもやってみよう!やってみたい!という時期です。

大人が手助けすると、やめて!と断られることも。。。(笑)

だから、自分でなんでもやらせてみることが大切です。

ですが、当然、失敗も多い。

大人は子どもが失敗するのが分かっているから、ついつい先回りしてしまいますよね。

そんなことが続くと、“どうせ怒られるからやめておこう”

とか、“自分でやらなくても助けてくれるから待ってよう”

などとなってしまいます。

できるだけゆとりをもって、自分でやらせてみましょう。

サッカーではどうでしょうか。

年少さんの1学期では、「試合」の意味すら分かりません。

ボールで遊ぶことが主になります。

マーカーやコーンを使って遊ぶのもいいと思います。

その時、マーカーを踏んではいけない!勝手にコーチの見えない所に行ってはいけない!などの約束はしておきましょう。

基本的な考え方として、、、

サッカーはスポーツであり、

スポーツは遊びであり、

遊びは学びである。

ということを忘れないでください。

鬼ごっこもよいですが、鬼が怖いという子どももいますので、注意が必要です。

分かりやすいのは、コーチが “ 鬼 ” で追いかける。

そして、子どもが逃げる。

という図式ですが、鬼でなくてもワニでもゴリラでもいいです。楽しければ。。。

なお、発育発達の観点から考えると、この時期の子どもたちが「自己中心的」なのは当たり前です。

だから、自分とボールの関係性は非常に強いです。自分のボールを他の子が蹴っただけで怒ったり泣いたりします。

そんな背景もあるので、みんなで1つのボールを追いかけるのも最初からは難しいのでゆっくりとやっていきましょう。

試合の導入は、やはり

子どもチーム V.S. コーチチーム

が分かりやすいです。

コーチがドリブルしながら、

「やめて~!そんなにみんなでボールを取りに来ないで~!」

と言うと、みんなでボールを取りに来ます。(笑)

これで、最後に子どもチームが試合に勝てば、うれしくなりまた試合やろう!となるわけです。

話が最初に戻りますが、3歳は「自立」の時期です。

自分でボールをケースにしまう。自分で靴を履いたり脱いだりする。水筒を所定の場所にそろえる。などサッカー以外の所も、自分でできるように促しましょう。

それが、4歳の「我慢」や「努力」にもつながってきます。

~今日のまとめ~

  • 3歳は「自立」の時期。自分でやらせてみましょう。
  • 手助けはせず、小さな失敗をたくさんさせましょう。
  • サッカー = スポーツ = 遊び = 学び を理解しましょう。
  • 子ども 対 大人 の図式が分かりやすい。
  • ボールを取りにこないで~!と言えば取りにくる(笑)

今日1日があなたにとって学びの多い1日となりますように。

(^_-)て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

79.今さら聞けない「COACH」の語源

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日はコーチの語源についてです。そんなの知ってる~!という方が多いと思いますが、確認のため書いておきますね🎵

COACH(コーチ)と聞くと何を思い浮かべますか?

確かにあの高級ブランドもそうですね!馬車がモチーフです。

イギリスにいた時は、送迎バスをコーチと呼んでいたので最初は違和感を覚えました。

もうお分かりですね。コーチは、客を目的地まで運ぶことからきています。

コーチは、「教える」ではなく「導く」

先生 teacher 教える teaching

コーチ COACH 導く coaching

コーチの使命

クライアント(客や子ども)にああやれ!こうやれ!と指示命令を出したり、知識だけを教えるのではなく、自らが気付き学べるように導く。

ティーチングやトップダウンも時には必要かと思います。

依存状態にある子どもや、理解が難しい子どももいます。

年齢や個人の状態、組織と個の関係性を考えて「教える」ことも大切です。

でも、1から10まで全てを教えて動かしますか?

実はその方法がキッズ年代(育成年代)では、一番簡単な指導方法です。

しかも、結果もついてきます。

しかし、大切なのは、

「将来を見据えての今」

ではないでしょうか。

そう考えると、コーチも親も同じ考え方を共有することが、子どもの育成には必要不可欠であることが分かります。

また、コーチは常にあなたの子どもはもちろん、チーム全体の事を考えています。

チームは生き物

チームは、人間と同じように変化・成長します。

その成長段階についての話はまた後日。。。

~今日のまとめ~

  • コーチの意味と使命を忘れずに子どもと接する。
  • 一人ひとりを見て、teachingとcoachingのバランスを考えて使う。
  • 将来を見据えての「今」が大切。

78.大切な3年間をどう過ごすか?

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は、大切な中学校3年間をどう過ごすか?セレクション・チーム選びについての話です。

そろそろジュニアユースセレクションの時期になってきました。

もちろん、Jクラブも始まっています。

ところで、もうすでに百も承知だと言われるかもしれませんが、

Jクラブは、セレクションではなく、スカウティングですでに選手は獲得しています。

当然、セレクションなので、合格、不合格があるわけです。

いくら “ダメもと” とは言え、落ちたときの心理的な面は考慮しなければならないと思います。

ましてや、何チームも受ける場合には、特に注意が必要です。

それでも、アドバイスさせてもらえるなら、、、

セレクションのその日、その1時間だけ、急に別人のようにいいプレーはできない。

実力の120%を出すことはできない。

ということです。

普段からの積み重ねが大切です。もちろん、オンもオフも。

その積み重ねが、その時に結果は出なくとも将来に繋がります。

ですが、もう1度言います。

いくら落ちると分かっていても、何度も落ちると自信が無くなり、自己肯定感が下がります。

やってみないと分からない???

そうですね。せっかくですから、やるなら楽しんでください!!!

ところで、子どもから大人の階段を上がる中学生年代。

サッカーを通して人間力に磨きをかけた小学生が、

さらに飛躍をする大切な時期です。

部活でやるのもよし、クラブを選ぶのもよし、他のスポーツを選ぶことだってもちろんOKです。

ただ、大切な3年間です。自分をどれだけ高められるかを考えて、真剣に環境を選びたいですね。

チームを選ぶにあたっては、そのチームが強いか弱いかを判断基準にしてしまいがちですが、大切なのは、チームではなく、自分自身です。

自分が一生懸命やれそうかどうかがポイントになります。

以下も参考にしてください。

  • そのチームがどんな指導理念を持っているのか
  • どんな雰囲気で練習しているのか
  • 指導者や選手はどんな言葉をどのように発しているのか
  • サッカー的にも人間的にもなあなあではなく、できる限りの成長ができるか
  • 仲の良い友だちと離ればなれになっても、自分の道を歩む覚悟があるか
  • 家から通える距離か

できるだけ自分でアポをとって練習や試合を見学したり、参加させてもらったりしたいですね。Jクラブは無理でも、町クラブならそのように積極的に自分で連絡して、自分で動ける選手なら即合格です。

※注意:クラブにより事情があります。約束はできませんので、自分で連絡してみてください。

今日1日があなたにとって学びや気づきのある1日となりますように。

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

77.え?忘れ物?じゃあ今、成長するチャンスですね。

おはようございます!キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は「忘れ物」の話です。

サッカーをやっている子の忘れ物ベスト5を発表します!

第5位! 帽子

第4位! 上着

第3位! キーパーグローブ

第2位! 水筒

第1位! すねあて

※しらゆり調べ

スポーツ関連の記事を中心に活躍されているライターさんで、私が尊敬する島沢優子さんもサカイクで書いています。

https://www.sakaiku.jp/series/cat_1/2018/013658.html

まず、基本的に自分の荷物は自分で準備することが大切です。

 

サッカーをやっているのは、本人ですから。

 

  • 荷物を前日に準備する。

 

  • 自分で水筒に氷、お茶などを入れて準備する。

 

  • おにぎりくらいなら自分で作る。

 

  • スパイク(トレシュー)をみがいたり、手入れする。

 

それでも、忘れちゃうこと、ありますよね!

いいんです。それで。

そこで、子どもは失敗し、学び、次に繋げます。

 

まさに今、成長するチャンスです!

 

なるべく低学年のうちに沢山失敗させた方が良いです。

すねあてを忘れたら、試合に出れない。

当然です。サッカーのルールで決まっていますからね。

自分もケガしたくないけど、相手にケガをさせたくない。

 

先日も、しらゆりの子で、すねあてを忘れて試合に出れなくて泣いてしまう子がいました。

その失敗があり、翌週は自慢してきました!

「コーチ!すねあてしてきたよ!ほら見て!」

と、笑顔で指をさしてます。(笑)

 

 

でも、注意しなければいけないこともあります。

一人ひとり、性格も違うし成長段階も違うからです。

だから、

忘れ物 = 試合に出れない

だけでなく、様々なアプローチを大人は準備する必要があるでしょう。

自分で準備しなさい!忘れても知らないわよ!と最初から突き放すのではなく、

低学年なら親と一緒に荷物をチェックすること、

忘れないための「しくみ」や「方法」を考えることも大切です。

いつになっても親と一緒に。。。では成長しませんので、もう大丈夫!という時期がきたら親子で話し合いの場を設けましょう。

もうあなたは一人で準備できるね。これからは自分の責任でやってごらん。と。。。

約束したのに、忘れたら親が届ける。

とかはやめてくださいね。。。

 

今日1日があなたにとって成長を実感できる1日となりますように。

 

\(^o^)/て

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

76.あなたはどっち?褒める?認める?

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は、褒めることと認めることについてです。

「褒めて育てる」とよく言われますが、

それは果たしてよい事なのでしょうか?

「認める」ことが大切とも言われます。

あれっ!?どっちがいいの?

結論から言うと、
どちらも大切だと思います。
でも、気を付けないといけないなと思うことがあります。
それは、
「人にレッテルを貼ってはいけない」
ということです。

具体的には、「あなたは良い子ね」とか「あなたはえらいね」

などの言葉です。
子どもは純粋です。
場合によっては、「良い子」でいなければいけないとか
「えらい子」じゃないとダメとか思ってしまう可能性があります。
そもそも、それらはあやふやで具体的ではありません。
もしかしたら、褒められるために行動する子になるかもしれません。
人は失敗から成長するのに、行動を制限することになるかもしれません。

では、どうするか???

やはり、プロセスが大切です。
がんばったこと。
努力したこと。
取り組む姿勢。
あきらめない力。
それらは誰もが持つ、美徳。
それらを認めて言葉にする。
それが、あなたやあなたのチームにとって
良い事であったり、力をもらうことであったり、素晴らしいことであれば、

「ありがとう!」

と、感謝を伝える。
そう考えると、褒め言葉は大切です。
さらに、

「認める言葉」や、「感謝の言葉」も本当に大切です。

~今日のまとめ~
  • 「良い子ね」「えらいね」ではなく、
  • 具体的な言動を認めて伝えよう!
  • 美徳の言葉や感謝の言葉を遠慮なく伝えよう!
今日1日があなたにとって、子どもの良い面を見つけて伸ばせる1日となりますように。
(^^)/て
★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

75.だまっていてもそうしてしまう裏技 プレイシング

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は、「プレイシング」という行動科学の話です。

プレイシングとは、場所を表す英語 Place(プレイス)から来た言葉です。

昨日のブログで部屋の片づけを例に出しましたが、キッズ年代の子どもにとって言葉だけで行動するのは実は至難の業。。。

なので視覚を使った「片付けのしくみ作り」が重要です。

部屋を片付けよう!掃除しよう!と言葉で言うより、

黙っていてもそうしてしまう

裏技があるんです。

それは、、、

「プレイシング」です。

例えば、ブロックをしまう箱にはブロックのイラストや写真を貼っておく。

おもちゃの箱にそこにいれるべき物の写真などを貼っておくと自然に片付けられるようになります。

人の理解は5割以上が視覚から

言葉はなんと7%以下!

ですので、物の住所を決めて見て一発で分かるように工夫してみましょう。

プレイシングは、体操でもサッカーでも有効!

例えば、ただ単に「並んで~!」よりも

「線に並んで~」の方が並びやすい。

場合によっては、何も言わなくても並んでしまうかもしれません。

~ある日の幼児体育の授業風景から~

マットで前転(でんぐり返し)の練習です。

2~3回前転したらスタートに戻ります。

その際、「繰り返し何回もやろう!」という言葉に加えて、

マットの横にフープやフラットマーカーが並んでいたらどうでしょう?

自然とその道を進んでスタートに戻りますよね。

~ある日のサッカーの練習風景から~

「ボールをここに集めて!」だけでなく、

マーカーで円の形(ダムのように)を作るとどうでしょう。

そうです。簡単にボールを集められます。

おそらくあなたも知らず知らずのうちにプレイシングを使っているかも!?

~今日のまとめ~

  • 言葉よりも視覚からの方が理解できる。
  • 部屋の片づけは「しくみ」が大切。
  • ちょっとした視覚の工夫で自然と動く。
  • 練習や普段の生活でもプレイシングを活用しよう!

今日1日があなたにとって新しいしくみが発見できる1日となりますように。

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★