55.それは、お医者さんごっこから始まった。

おはようございます!キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は、私の指導者人生のスタートは「お医者さんごっこ」からという話です。

 

私の“日本”での指導者人生スタートは千葉県柏市の幼稚園でした。

サッカーや幼児体育の時間だけでなく、普段の保育から子どもと関わることが大切!という考え方の素晴らしい幼稚園でした。

毎朝、色々なクラスに入って行き、コーナー保育で子どもたちと遊びます。

※コーナー保育とは、ままごと、積み木、製作、ブロックなどのコーナーを設置し、自分で好きな遊びを選んで、主体性、集中力、自己肯定感などを育む保育方法の1つ。

 

中でも人気だったのが、おままごとでの「お医者さんごっこ」でした。

 

私はいつも「患者役」、子どもが「医者」です。

 

子ども: 今日はどうしました?

私: あ、いえ、特に元気です。

子ども: まあ!大変!横になってください。

私: 先生、話が噛み合ってないような。。。

子ども: 熱を測りましょう!50℃ですね。

私: 50℃ですかっ?

子ども: はい、手術しましょう。お腹を出して!切ります!

私: 先生!それはおままごとで使う包丁ですよね?やめてください!痛いです!あ~!

子ども: はい!もう終わりました!

私: はやっ!ありがとうございました。

 

こんなやり取りを毎朝繰り返し、お医者さんの都合で何度もお腹を切られてきました。

お腹だけならまだしも、手も足も体中を5人くらいのお医者さんに切られまくることもしばしば。

命がけで子どもたちとの信頼関係を構築していきました。

 

つまり、ただ単にサッカーや体育の時間に出向いて行ってレッスンを行うのではなく、普段の保育からお互いの距離感を縮めることで相互に理解し、信頼関係を築ければ、レッスンの質が変わってくるということです。

 

キッズ年代のコーチをしているあなたも、ぜひお医者さんごっこからスタートしてみてください。(笑)

 

~今日のまとめ~

 

  • すべての指導のスタートは信頼関係から始まる。

 

  • 命がけで遊びに付き合おう!

 

 

今日1日があなたにとって人のために行動できる1日となりますように!

 

(^^)/て

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

 

38.娘、算数のテストで0点!しかも年度末総まとめ!

おはようございます!キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は、娘がテストで0点を取った話です。しかも年度末の総まとめテストです!

さて、困ったことになりました。

私でも5点を取ったことはあるけど、さすがに0点は無いな~😢

あ、でも高校生の時に中間テストで、徹夜で朝まで勉強して完璧に準備をしたのに、朝ごはんを食べたら寝ちゃって、起きたら昼だった!ってことはありました。

もちろん、全教科0点。。。

それはさておき、年度末の総まとめで0点ということは、この1年間の勉強は、何にも分かってないということですよね(笑)

ちょっとした計算方法の勘違いもあるらしいですが、、、

更に面白いのは、

家のパソコンで検索履歴に、

「テストで0点 ママ 怒る どうする?」

って見つけました!

これは、姉妹でママは絶対怒るから、どう対処しようと考えて、ネットで調べてる。。。

でも、出てくるのは

「子どもが0点を取っても怒ってはいけない理由」

とか

「子どもが答案用紙を隠してた」

など、母向けの回答ばかり。

私たち夫婦は話し合い、少しずつ一緒に勉強していくしかないね~!となりました。

そこから、母娘のお勉強が始まりました。

でも、これが難しい!!!

つい、

「なんでこれが分かんないの!?」

とか、

「どうしてそうなるの!?」

の繰り返し。。。

我が子に何かを伝えるときに、感情的になってしまうのは当たり前。

それでも妻は根気よく寄り添ってくれて、何とか最低限のレベルは脱出した様子。

とても感謝しています。

もし、あなたの子どもが0点を取ってきたら、何て声を掛けますか?

どんな風に勉強していけば良いのでしょう?

ヒントは、「スモールステップ」です。

それについては、後日お知らせします。

今日1日が、あなたのピンチがチャンスになるような最高の1日となりますように!

(^-^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

36.娘たち、寝坊して学校遅刻の巻

おはようございます!キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は、娘たちの失敗談の話です。

 

数カ月前のある日、家族会議にて自分で朝起きる!ということが決まりました。

 

自立させるためです。

 

それから数日後だったと思うのですが、案の定、、、

 

 

寝坊しました。。。

 

もちろん、起こしません。

 

やっと起きてきて時計を見て、

 

寝坊 → 遅刻 を認識します。

 

学校のルールとして、遅刻した場合には保護者がクラスまで連れてきて、担任の先生に直接引き渡すことになっています。

 

つまり、私が娘二人を学校に連れて行き、クラスまでいかなければならないのです。

 

私は考えます。

 

遅刻の理由が寝坊なのに、車で送迎するのもおかしな話だな。

 

歩いてトコトコ行くのもなんか変だな。少しでも急ぐべきだよな。

 

だって、決められた時間に遅れてるんだもんな。

 

 

と、いうことで3人で走って学校に行きました。

 

 

俺も走る必要あるのか?というかすかな疑問を持ちつつ。。。

 

 

学校に着き、理由を担任に説明してクラスで引き渡す。

 

当然、クラスの子どもたちは、どうした~!?

 

と聞くわけです。

 

娘たちもさすがに恥ずかしそう。。。

 

でも、この苦い経験があったからこそ今がある。

 

失敗から学びましたね!

 

 

今日1日があなたにとって学びの多い1日となりますように!

(^-^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

 

31.JFA芝生プロジェクト×加藤さん

おはようございます!キッズスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日はJFAグリーンプロジェクトを10年以上継続している神奈川県小田原市のSKJ-FCの取り組みの話です。

先日、SKJさん主催の第18回イーストリバーカップU9があり、しらゆりの3年生が参加してきました。

場所は神奈川県小田原市の下府中小学校です。この学校の校庭は、、、

FB_IMG_1531184401686.jpg

そうです。天然芝なんです!!!

この日は12チーム、150人の子どもたちが芝生の上でサッカーを楽しみました。

10年前から校庭の芝生化に取り組み、今までかなりの苦労があったと聞いています。

それでもあきらめずに、継続して取り組んできた加藤さんを尊敬します。

とても暑い日でしたが、天然芝の上だと時間が経つのも忘れて、寝っ転がったりボールを蹴ったりして過ごしました。

加藤さんは言います。

芝生とサッカーでもっとつながりたい!

小田原市の街クラブが、たくさんのサッカーファミリーに芝生を通して幸せを届けています。

私はこのクラブをこれからもずっと応援していきます!!!

ありがとうございます。

協力: SKJ-FC 加藤 智晃

 

芝生化に興味のある方は、加藤さんまで連絡を取ってみてくださいね!

SKJ 加藤さんのFacebookページ

 

今日もあなたにとって素晴らしい1日になりますように!

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

28.氷オニと2人の若者(食事中の方は読まないで下さい)

おはようございます!てっちゃんコーチです。

今日は、ある2人の若者の勇気ある行動と氷オニの話です。

キッズ年代では、ウォーミングアップを兼ねて鬼ごっこをよくやります。

中でも人気があるのが氷オニです。鬼にタッチされた人は氷になって動けなくなる。

他の人がタッチをしたら(氷が融けるイメージ)また動いて逃げることができる。というルールです。

鬼にタッチされないように逃げるのはもちろん、氷になって動けなくなっている人(困っている人、助けが必要な人)を助けることができるかどうかがポイントです。

鬼ごっこが終わった後に、もし街で困っている人がいたら助けてあげてね!な~んて話もします。

さて、先日私は駅のホームで乗り換えのための電車を待っていました。時間は、夜11時半過ぎ。

ふと気付くと、近くに泥酔して倒れているおじさんがいる。飲み過ぎて、嘔吐し、駅のホームもスーツもズボンも汚れてる。。。

大丈夫かな~?このおじさん。

他の人たちも私と同じように心配そうに見ていたり、見て見ぬふりして立ち去ったり。

そこに、2人の若者が寄ってきて声をかける。それだけでなく、自販機で水を買い与える。

お~!すごい若者たちだ!

おじさんも意識はあるようだ。

私は電車が来たので、乗ることにする。何しろこの電車を逃すと更に帰宅が遅くなる。

若者たちは、1人がおじさんに声を掛け続け、もう1人は駅員を呼びに行った様子。

若者たちの行動は称賛に値する。

私は電車に乗りドア付近に立って、流れていく夜景を眺めながら、若者と自分を比べてみたりする。

若者 = 立派

自分 = 最低

鬼ごっこで子どもたちに、街で困っている人がいたら助けてあげてね~!

な~んて話している自分を思い出す。(自己嫌悪)

まあ、もし今度そんな人がいたら声をかけよう!と電車のドアに寄りかかりながら、心に誓ってみたりする。

その5秒後、

同じくドア付近に立っていた目の前のお兄ちゃんが、

足元に

吐いた。。。😫

そして、私は、その場を立ち去った。。。

あれっ!?今度そんな人がいたら声くらいかけよう!って心に誓ったはずなのに。。。

(また自己嫌悪)

次こそは。。。

今日1日があなたにとって自分を認めて、労える1日でありますように!

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

27.成果(結果)を上げるには、まず○○の質を上げよ!

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は、良い結果を得るためには何からスタートするべきかの話です。

あなたは、ワールドカップで日本が大活躍した原因をいくつか挙げるとすると何だと思いますか?

 

もしかして、日本代表の躍進もこれかな!?って思ってしまう内容です。

 

 

さて、あなたが結果を出したいと思った時、以下の①~④のどこからスタートしますか?

 

①結果の質

②関係の質

③思考の質

④行動の質

 

これは、マサチューセッツ工科大学のダニエルキム氏が提唱する”組織の成功循環”の考え方です。

まず、悪い循環の場合はこのようなサイクルとなっています。

 

①結果 良い結果が出ない

②関係 対立

③思考 失敗を避ける

④行動 消極的

①結果 更に結果が出ない

 

これに対して、良い循環の場合はこのような流れになっています。

 

②関係 対話、尊重

③思考 良いアイデア

④行動 挑戦、助け合い

①結果 成果を実感

④関係 信頼関係向上

もうお分かりですね!

そうです。結果を出すには、まず②の『関係の質』がスタートなのです。

ハリルさんから西野さんに監督が変わって、2か月ほどで結果を残せた理由の1つに、監督と選手たちとの関係の質が作用しているのかもしれませんね。

これは、チームに限らず、グループや会社の組織などでも同じことだそうです。

あなたの所属するチームや組織も『関係の質』からスタートしてみてはどうでしょう!?

 

 

参考 : 世界に通用する指導力育成コーチ 倉本和昌氏

 

今日もあなたが組織の中で輝く素敵な1日になりますように。

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

15.感性を磨くということ

おはようございます✨てっちゃんです。今日はサッカーの話題から離れ、感性を磨くこと、命の切なさ、大切さについての話です。

3週間くらい前、我が家にあおむし君がやって来ました。娘がアゲハチョウの幼虫を拾ってきて家で飼うことになったのです。

いきものがかりは、家の次女。葉っぱをあげたり糞の始末をしたり頑張りました。

そして、サナギとなり立派なチョウになることを心待ちにしていました。

1週間くらい前、私がふと虫かごを見るとすでに羽化してました。

しかし、

虫かごが狭かったせいか、羽が広がらず曲がった状態になっていました。

次女の顔がひきつっています。

次女は懸命に曲がった羽を広げようとしますが、時間が経っていたようでその状態で固まっています。

羽をパタパタさせますが、うまく飛ぶことは到底出来ません。

私も次女も家族全員、楽しみにしていただけに失望と申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

そのまま公園などに放しても、すぐに死んでしまうのは明らかなので、ベランダで飼うことになりました。

割り箸の先に砂糖水を含ませたティッシュを巻き付け、ミニトマトのプランターにその割り箸を立ててそこにとまらせます。そして、無理矢理チョウの口(ストロー)を爪楊枝で伸ばして吸わせていました。

5日間くらい家のマンションのベランダで放し飼い状態でした。と言っても飛べないので、割り箸にくっついているだけ。

次女は、毎日ティッシュを変えて甲斐甲斐しく世話していました。

ある日、チョウは羽をパタパタさせてベランダの床を1メートルほど飛んでは着地。また1メートルほど飛んでは着地を繰り返していました。

羽が広がっていないので、うまく飛べず、それくらいが限界でした。

それでも、ずっと割り箸に止まって一生を過ごすより、何かが変わるかもしれないとチャレンジしているように感じました。

家のマンションは5階で、外には素晴らしい景色が待っているのに、きっと空を飛べたら気持ちいいのに、、、。

今日も同じように次女とアゲハチョウはベランダで遊んでいます。

きっとこのままこのアゲハチョウはベランダで一生を過ごし、恋をすることも子孫を残すこともなく死んでいくんだな。

と思った瞬間、

ベランダのちょっとした隙間からチョウが飛び出して行きました。

20180622_103224139835895.jpg

次女はその隙間から覗き込むようにチョウの行方を追いましたが姿を見失いました。

下の方を見ても見つけられません。

地上に落ちてしまったのか、うまく飛んでいったのか分かりませんが、その隙間から次女はできるだけ顔を出し、

「なんとか(がんばって)生きるんだよ~!!!」

と大声で叫びました。

その様子を目の当たりにした妻は、胸がギュッとなったそうです。

命の切なさ、尊さ、心の葛藤、愛などを教えてくれたアゲハチョウと次女の物語でした。

アゲハチョウが次女の願いの通り、なんとかがんばって生き延びていることを家族全員が祈っています。

あれから数日が経ちますが、今でもたまにアゲハチョウ元気かな~?と家族の話題に上がります。

心の柔軟性があるキッズ年代では、様々な経験や自然体験から感性を磨くことが大切です。

人間性とサッカーのプレーは密接な関係があるからです。

今日もあなたにとって素晴らしい1日になりますように。

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★