97. サッカーと乱闘と割れたビール瓶、そして警察。プレーしたら死ぬな。

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は日本と海外の「球際の激しさの違い」についてです。

オランダ、ドイツ、イギリスなどで数年間サッカーに携わった自分が、日本との一番の違いは?と聞かれると「球際の激しさ」や「本気度の違い」と答えます。

ドイツのU6(幼児チーム)でコーチをしていた時、日本人との本気度の違いにショックを受けました。

彼らは、リーグ戦の試合はもちろん、練習の中での試合でも負けたら泣いていました。

タックルもするし、スライディングで倒すのも普通だし、本気度を全面に出してプレーする。

要は、負けたくないのだ。

私は社会人のチームにも所属してプレーしていましたが、試合がいつしか乱闘になり、ビール瓶の投げ合いが始まり、警察が来る。。。なんてこともありました。

これにはサッカーにとどまらず、人種問題も深く関わっています。

公園で様々な国の人たちが集まり試合をすることもよくあるのですが、それも決して「遊び」ではありません。

ミスした時に「シャイセ!(くそ!)」という言葉がいつも飛び交います。その言葉は、自分に向けて言っているのです。

草サッカーと言えども、遊びなのに遊びじゃないんです。(汗)

数年前、オランダに日本人中学生チームが遠征に来ていました。

一緒にオランダの高校生年代の試合を見ていたのですが、ボソッと、、、

「俺たち、ここでプレーしたら死ぬな。」

と口に出していました。

当然です。

ピッチ際で試合を観戦し間近で体と体、肉と肉が衝突するのを目の当たりにし、骨と骨のぶつかり合う鈍い音を聞いている訳ですから。

私が伝えたいこと。

それは、球際の激しさが違うということ。

でも、残念ながら「球際の激しさが違う」という表現では到底理解してもらえない。。。

「百聞は一見に如かず」

誰か一緒に海外、行きませんか~?😁

今日1日があなたにとってドキドキワクワクする1日となりますように。

(^-^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

95.Jリーグでもブンデスリーガでもない。啐啄(そったく)リーグです!

おはようございます!キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は、子どもの主体性を育む年間リーグについての話です。

川崎市の FC JUNTOS さんが主催する啐啄(そったく)リーグです。

これは、啐啄同時(そったくどうじ)という言葉からきています。

鳥の雛が卵の外へ出ようと殻を内からつつくことを「啐(そつ)」

母鳥がそれに応じて殻を外からつつくことを「啄(たく)」

と言います。

両者が一致し、同時であってこそ雛は誕生することができます。

サッカーにおいては、子どもが内発的な動機により主体的に自ら向上しようとする。

コーチはしかるべきタイミングでコーチングして積極的・計画的に子どもを成長させる。

コーチの声掛けは、啐啄と同じで早過ぎても遅過ぎてもダメなのです。

もちろん、多すぎても少なすぎてもダメ。

だから、コーチングは難しいのです。

実は、コーチが一番成長さえてもらっているのかもしれません。

このような考え方を基にして啐啄(そったく)リーグは開催されています。

その日のタイムスケジュールが本部に貼ってある。

それだけ。。。(笑)

子どもたちは、時計を見ながら何時からどのコートで試合かを確認しながら試合を楽しむ。

遊びに夢中になって、試合に間に合わない。。。(いつもすみません)

審判はいません。(セルフジャッジ)

だから当然言い争いや、ちょっとしたケンカが起きる。

それがいい。。。(笑)

1カ月に1回、このようなリーグ戦があるのは本当にありがたいです。

彼らは、自己主張やタイムマネージメントだけでなく、他のチームからの刺激を受けて人間力に磨きをかけています。

さらに、しらゆりでは、、、

5年生が3年生を電車・バスで連れて行きます。

乗る電車を間違えたり、降りる駅を間違えたり、道に迷ったりと、

トラブルも多いですが、そこでどのように対処するかが大切です。

車に乗って到着するのと、ハラハラドキドキ、未知に迷ったら人に聞きながら到着するのとでは、天と地の差です。

その経験が数年後、あるいは将来必ず活きてきます。

公共のマナーやルールなど、そこから学ぶことは非常に多いです。

もし、迷惑をかけていたら叱ってください!

今日1日があなたにとって最高の1日となりますように。

(^_-)-☆てつ

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

94.試合後24時間はプレーの話は禁止!?(24時間ルール)

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日はアメリカの取り組み(24時間ルール)についての話です。

アメリカでは、保護者向けにとても興味深い取り組みがなされているようです。

それは、保護者は試合後24時間は、子どもとプレーの話をしてはいけない。

というものです。

24時間ルール サカイク記事より

 

想像してみてください。

試合後あまり活躍できなかった子どもが、帰りの車の中でお父さんに怒られているシーン。。。

お前のプレーのあれがダメ。これがダメ。

ダメ出しの連続。

「お前はやる気があるのか?」

「ないならサッカーやめろ!」

子どもは自分の失敗は自分が一番分かっています。

それを言われて子どもはどのように感じるのか。

そもそも人間は、

 

「失敗から学び、成長する」

 

そのことを忘れてしまっています。

ひどい場合には、帰りの車を待たずに試合後すぐに子どもに説教することもあるかもしれません。

もっとひどい場合には、試合中に罵声を浴びせるかもしれません。

 

子どもはあなたにアドバイスを求める!?

 

それは本心でしょうか?

あなたの言っている事とコーチが言ってる事は同じでしょうか。

子どもにアドバイスを求められ、安易に答えることで自分で考える力が育つでしょうか?

出来ないことを出来るようにすることは大切です。

キッズ年代では、出来たプレーをもっと出来るようにする。

それをストロングポイントにする。

その方が「快感情」も加わり自然とプラスの方向に向上していきます。

もし、あなたが我慢出来ずに怒ってしまうのなら、24時間ルールも有効です。

 

今日1日があなたにとって子どもの長所を認められる1日となりますように。

 

(^-^)/てつ

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

90.オランダで学んだ、多様性を受け入れる心

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は、「多様性を受け入れる心」についてです。

しらゆりの5年生は、オランダ・ドイツで何を学んだのか?

その1つに、

日本とは違う文化やメンタリティーを肌で感じる。

そして、それを受け入れる。

ことが挙げられます。

しらゆり招待inオランダ サカイク記事より

世の中には、本当に色々な人がいます。

国籍の違い、体の大きさ、性別、気質、考え方、LGBT、障がい(個性)を持っている、生活環境、、、

一人として同じ人間はいません。

サッカーチームの子どもたちも同様です。

足が速い子、キックが上手な子、コミュニケーション力が高い子、自己主張出来る子、優しい子、、、

身体的な特徴だけでなく、性格も違う、得意なプレーも違う、プレーの特徴も全然違う。

彼らが社会に出た時、会社や組織の中でもっと色々な考え方の人たちに出会います。

そんな人たちと一緒に仕事をしていくこともあるでしょう。

ましてやグローバル化が加速度的に進む。

国境を越えてさまざまな国の人たちと一緒に仕事をする。

そんな将来を見据えて、人間関係をサッカーチームで学べるとしたら素敵だと思いませんか?

しらゆりでは、仲間はもちろん、相手チームをリスペクトする事や、審判をリスペクトする事を大切に考えています。

仲間に対して悪口を言ってしまうこともあるかもしれません。ケンカだってしょっちゅうです。

作戦会議も自分たちでやります。もちろん、コーチが話を進めることもありますが、基本的には自分たちで(勝手に)はじめています。(笑)

その中で、どんな作戦で行くか、誰が試合に出るかで言い争いになります。
それがいいんです。

自分と違う意見があることを知り、自分の意見とどのようにすり合わせるかを考える。

自己主張する。他者を認める。違うことを受け入れる。

日本では、なんとなくみんな一緒。周りに合わせる。出る杭は打たれる。

海外では、個性が大切にされる。

島国の日本の中ですら、あいつは嫌い、あいつとは合わない、と言っているが、

世界に出たらもっとすごい人たちがゴロゴロ身近にいる。

日本の常識は全く通用しない。

『違うことを受け入れる』

それは、グローバルな人材になる第一歩かもしれませんね。

オランダ・ドイツに行ったしらゆりの子どもたちは、日本では味わうことのできない刺激を肌でビンビン感じたはずです。

おかげ様でしらゆりでサッカーをやる子どもはどんどん増えています。

もちろん、類は友を呼ぶ法則にしたがって、指導理念に賛同してくれる人たちが集まってくれています。

でもすべてが一緒ではない。考え方や好みが違う人間が集まっているからこそ、許容範囲が広がるのです。
サッカーを通して、自己主張、他者理解、多様性を受け入れる。

そんなことを実は、

子どもだけでなく、コーチも保護者も一緒に学んでいます。

~今日のまとめ~

  • 人はみな違う。
  • 将来を見据えて人間関係を「今」学んでいる。
  • 言い争いやケンカを通して、自己主張、他者理解を学ぶ。
  • 多様性を受け入れる心を育む。
  • 子どももコーチも保護者も一緒に学び成長している。

今日1日があなたにとって、許容範囲の広がる1日となりますように。

(^_-)てつ

★いせはらに国産木材でスタジアムを作る★

69.オランダの小学校で指導者としてのあり方を省みる。

おはようございます!キッズのスペシャリスト、てっちゃんです。

今日は、「指導者としてのあり方」「自分を労うこと」についての話です。

 

最近、本を読んだり倉本和昌氏のサッカーコーチングセミナーに参加したりする中で、話題に上がるのが、

 

「自分を労う」

 

ということです。

 

まずは、自分自身を満たすことができないと、

他人を褒めたり、他人に尽くしたりすることができない。

 

これって、サッカーの指導者にも当てはまりますよね。

もちろん、教育者もです。

 

オランダの小学校での朝の職員会議

 

を思い出します。

しらゆりでオランダ・ドイツ遠征に行った時にオランダの小学校を訪問させていただきました。

朝の職員室での光景は、日本のそれとは全く違うものでした。

先生たちは、コーヒーを片手に談笑しているのです。

これから始まる子どもとの闘い!?(笑)

を感じることは全くありませんでした。

みんな、とっても笑顔だし、リラックスしてる。。。(衝撃)

 

自分の心に余裕があることの大切さ

 

を感じずにはいられませんでした。

 

シャンパンタワー

 

をイメージして頂けると分かりやすいかもしれません。

 

まずは、自分を労い、自分を満たす。(1段目)

次にパートナーや家族。(2段目)

その次に知人、友人、同僚。(3段目)

そして、お客様や他人。(4段目)

 

どんな小さなことでも、自分を労う。

  • 朝、おはよう!って言えた。

 

  • ゴミを拾えた。

 

  • お弁当を作った。

 

  • 歯を磨いた。

 

なんでもいいんです。。。

自己犠牲はいけません。

 

世の中のママさんたちは、家事に育児に仕事に大忙し。

ストレスフルな毎日です。

これは、シャンパンタワーの2段目から注いでいること。

 

かく言う私も、4段目の「仕事」サッカーチームから注いでいるような。。。

 

まずは、自分を労い、満たす。自分の心に余裕がある状態。

それが、指導の質を上げることにもつながる。

そして、幸せな世界を作り出す第一歩かもしれませんね。

 

今日もブログを発信できた自分に拍手!パチパチパチ~!

ありがとうございます!

そして、皆さんからコメントを頂けると最高に嬉しいです(^_-)-☆

コーチや先生や友人、そして主婦の方まで様々な立場からのコメントは、学びを深いものにすることができ、勉強になります。

いつもありがとうございます。

 

~今日のまとめ~

 

  • 指導者(教育者)は自分の心に余裕がないと良い指導はできない。

 

  • まずは自分が満たされること。

 

  • どんな小さな事でも、自分を労う習慣が大切。

 

  • シャンパンタワーの一番上(自分)から満たす!

 

  • 1、自分 2、家族 3、同僚・友人 4、客・他人

 

  • 今のあなたは何段目から?

 

  • 自戒を込めて。。。

 

今日1日があなたにとって自分を大切にできる1日となりますように。

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

 

 

 

 

45.確認できると安心する話術(リピート)とは?

おはようございます!キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は「リピート」についてです。

それでは、ここでクイズ第1問!

「明日は9時に東京駅集合ねー!」

と言われたとき、その返事として、次の①と②では、どちらの方が安心するでしょうか?

①うん、分かった!

②OK!明日9時に東京駅集合ね!

さて、どちらが安心しますか?

そうですね。②ですよね。繰り返し言ってもらえると、ちゃんと把握しているんだなと安心します。

これは、私が尊敬するキッズコーチングのマネージャー、マキ先生に教えてもらったこと。

ほんのちょっとした会話の術ですが、色々な場面で使えますよね!

親子の会話

先生と生徒の会話

コーチと選手の会話

等々。

待ち合わせの時間や場所などは、間違えると大変なことになるので有効ですが、子どもと接している時にも抜群の効果を発揮します。

子どもは、自分の言葉をリピートしてもらえると、自分の言葉を確認し、気持ちを整理でき、それが安心安全を感じることに繋がるからです。

「つらい」→「つらいのね」

「楽しい!」→「楽しいね!」

本当に小さな事ですが、これを意識出来るか出来ないかで、相手に対する気遣いも分かります。

自分の言葉をリピートされると安心する。

それを子ども自身は理解していませんが、リピートされることで無意識に安心安全を感じているはずです。

サッカーコーチなら、子どもとの信頼関係を築く手法としても意識したいですね。

キッズ年代のコーチにとって、リピートは大切な技術です。

この人は安心できる人だ。信頼できる人だ。

となれば、信頼関係も出来てサッカーの指導もうまくいきます。

感情を受け入れ、理解を深める「リピート」を上手に使い、心の距離をグッと縮めましょう!

今日1日が、あなたにとって大切な人と絆が深まる1日となりますように!

(^-^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

6.てっちゃん、キレるの巻

おはようございます。今日は、てっちゃんコーチがチームメイトに “キレた話” です。

私はドイツの8部とか9部?くらいのチームでプレーしてました。(もう20年くらい前ですが)

よくタックルされて、2メートルも3メートルも吹っ飛ばされてました。でも、一番ショックだったのは、味方と完全にアイコンタクトが取れているのに、パスを出してくれなかったこと。

チームメイトに信頼されていないと、パスが全く回って来ないのです。ピッチでただフラフラ走っているだけ。これは精神的にキツかったな~。

練習でも試合でも自分が仲間外れにされている感じ。

そしてある練習の日、もうどうにも我慢できず、私、キレました😤

何で俺にパスを出さねーんだよ!いい加減にしろよ!フリーなんだからパス出せよ!とか、自分でも何て言ったか覚えてません(汗)

チームメイトは今まで大人しかったテツがいきなり発狂したものだからびっくり!

しばらく時が止まりました。😅

でも、その日から状況が一変。パスが回って来るようになったのです!考えてみれば当然なのですが、以前の私は自己主張することなく要求もすることなく、ほとんどだまってプレーしてました。

これは、サッカー以外も同様です。

日本では周りの人が気を遣ってくれて声をかけてくれますよね。ドイツでは、良い意味でも悪い意味でも『こういう人なのね!あなたは。』とリスペクトされる。

どんな服を着ようが、何を食べようが、同性を好きになろうが、いい歳して無職だろうが、どんな生き方をしようが、それが尊重される文化が根付いている。

言い方を変えると「自由」なんです。でも、自分でそれを選び行動しているので、全てが自分の責任です。だから、子どももどんどん自立していくのです。日本の中高生とヨーロッパの同じ年代の子どもは、全然違います。それこそ、子どもと大人。

まず、自分の意見をしっかり言える。コミュニケーションが取れる。自分の責任を理解し、自由に生きている。

日本では自分を押し殺し、周りに合わせるのが美徳とされる風潮がありますが、ドイツでだまっていると意見が無い人=無能な人だと思われて相手にされない。スポーツでも仕事でも社会がそうなっています。

ピッチで自分を表現しないとピッチにいないも同然。

自分を表現しない→いないも同前→パスが来ない。という図式です。

そして、ある時キレて自分を表現し、パスを要求しまくったら、どんどんパスがまわってくるようになった。

自分を表現、要求する。→パスがまわってくる。→プレーの機会が増える→信頼される。→楽しい!という図式です。

なんだか人生に似ていますね。

サッカーを通して生きる力を育むのであれば、ピッチで自分を自由に表現させましょう。親やコーチをチラチラ見ながらプレーするようでは、自由にプレーしているとは言えません。

自分をどんどん表現し、失敗が許される環境作りがキッズ年代では大切です。

今日もあなたにとって幸せな1日になりますように。

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★