14.ゴールネットを揺らす!

おはようございます✨てっちゃんコーチです。

日本代表、乾選手と本田選手がゴールネットを揺らしましたね!

ワールドカップの舞台で、失点しても追いつけるってそれだけでも凄いです。ポーランド戦がますます楽しみになりましたね!

さて、今日はゴールネットを揺らす!ことについてです。

サッカーの醍醐味の1つにシュートを決めることがあります。シュートを決めたら誰でも嬉しいものです♪

ゴールにシュートを決める。その時、決まった~!と思ったらゴールネットに穴が空いていると、あらっ!?ってなりますよね。ワールドカップではそのような事はありませんので、ご安心を。

私の友人がネパールに行った時は、ゴールにネットが無かったそうです。シュートが決まっても外れても、いずれにしてもボールを取りに行かなければならなかった(汗)とコメントをもらいました。

南米、アフリカ、中央アジアの国々では、ゴールは手作りでネットは無しが当たり前。

そう考えると、日本の学校の校庭には大抵ゴールがあるし、フットサルコートや人工芝のグランドも増えてきました。

とは言え、オランダをはじめヨーロッパのクラブにはサッカーコートを何面も持っている所も少なくない。

つまり、サッカーを取り巻く環境は、国によって全く違うということです。

ところで、日本人でサッカーをやる子は、ほぼ全員自分のボールを持っていますよね。トレーニングシューズやスパイク、ウェアー、ピステ、すね当て等々も自分の物がある。

日本人は幸せです。恵まれているってことを知った方がいいです。

さて、話がそれてしまいましたが、シュートを決めたらボールがそのまま遠くまでいってしまうより、やっぱりゴールネットを揺らしたい!ですよね。

action-1822412__340

サッカーを理解している子どもは、ゴールがなくてもコーンでも棒でもペットボトルでもいいと思います。その場にあるものを工夫して楽しむことも大切です。

ボールが1つあって、2人以上いて、ゴールに代わる何かがあればそれだけで楽しめるスポーツ。それがサッカー。

世界中で一番競技人口が多いのも納得です。

さて、小さな子どもに話を戻しましょう。前述したように、サッカーを理解している子どもはゴールの枠さえあれば楽しめます。

しかし、小さな子どもは違うのです😓

彼らは、ゴールという箱の中にボールがしっかりと収まっている状態を「シュートが決まった」と認識します。ゴールネットを揺らし、ゴールという箱の中にボールがあることが大切で、すり抜けてしまうと喜びが半減!?どころかシュートが決まったことを認識できないこともあります。

20170329_105616

※オランダには様々な大きさのゴールがありました!いいな~!

コーンとコーンの間をゴールと設定することもあるかと思います。シュートしたボールがコーンの間を通り抜けてコロコロと転がっていくのと、ネットの張られたゴールにボールが収まっている状態。どちらの方が喜べるか?ってことです。

コーンしか無い環境であれば、ネット際や壁を利用したいですね。

キッズ年代を指導する際、ゴールにネットがしっかりあることが大切だと分かって頂けましたでしょうか。

とは言え、

しらゆりのフットサルゴールのネットは、実は先日まで穴だらけでした。。。😰

ですが、先日なんと、新品になりました!理事長先生、ありがとうございます。感謝しております。

世界中を旅してきたてっちゃんからすると、サッカーができる、サッカーを指導することができるこんなに最高の環境は他にないと言い切れます。今日もここで指導できる事に感謝です。

では、今日1日があなたにとって感謝を感じることが出来る素敵な1日でありますように!

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

9.日本の新幹線

おはようございます!

いや~!やりましたね!日本代表!ワールドカップ初戦で勝利!これは凄い!

それにしても、3分にPK、退場って、かなりのアドバンテージをもらいましたね!サッカーはやってみないと分からない!

でも次のセネガル、そうとうやりますよ!!!がんばれ日本代表!

あっ!キッズのスペシャリスト、てっちゃんです。

“てっちゃん”と言っても鉄道のことはまるで分かりません。ですが、今日は新幹線のお話です。

毎週木曜日は、年少クラスのサッカーがあります。小さな子どもたちをレッスン前に集めたり点呼を取ったりトイレに行かせたりする時、ボールを持ちながら他の行動をさせるのは至難の業ですよね。毎回、どうしたものかと困っていました。指示命令することなく、子どもたちが自らボールを一か所に集められるには。。。

ひらめいたっ!!!

ボールの新幹線作ろう♪(^-^)

いえいえ、子どものアイデアです。

コートの隅にちょっとした壁と側溝があり、そこに並べてもらいました。

あら、きれい☆彡

でも、数人は、「俺のボールが先頭だ!」と他の子のボールを押しのけ、自分のボールを先頭車両にしたがるんです。(汗)

そこで、反対側を指差して「こっちも1番(先頭)だよ!」って言うんです。これで二人は一番になれます。三人目以降は、、、

どうにかうまくやってください。(笑)

ちなみに、小学生で本当に電車が大好きなT君に、新幹線じゃなくて何か良い電車ない?って聞いたら、少し考えて、、、

「作業列車!」

って答えました。

さすがです!(礼)

他の子は、こっちが運転手でこっちが車掌って教えてくれました。うーん、みんな詳しい!発想が面白いですね!

さて、あなたのチームではどんな工夫をしていますか?そして、どんな表現をしていますか?

もちろん、ゴールの中にシュートしておいで~♪でもいいんですが、新幹線を習慣付けしておくと、小学生になり試合会場に行った時に役立ちます✨

ベンチの後ろに足で線(線路)を引いておくのです。そうするとボールがきれいに並びます。

ただ、気が付くと線路が伸びてて、知らないうちに出発している時があるので気を付けてください。(笑)

今日もあなたにとって笑顔あふれる1日となりますように。

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★