55.それは、お医者さんごっこから始まった。

おはようございます!キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は、私の指導者人生のスタートは「お医者さんごっこ」からという話です。

 

私の“日本”での指導者人生スタートは千葉県柏市の幼稚園でした。

サッカーや幼児体育の時間だけでなく、普段の保育から子どもと関わることが大切!という考え方の素晴らしい幼稚園でした。

毎朝、色々なクラスに入って行き、コーナー保育で子どもたちと遊びます。

※コーナー保育とは、ままごと、積み木、製作、ブロックなどのコーナーを設置し、自分で好きな遊びを選んで、主体性、集中力、自己肯定感などを育む保育方法の1つ。

 

中でも人気だったのが、おままごとでの「お医者さんごっこ」でした。

 

私はいつも「患者役」、子どもが「医者」です。

 

子ども: 今日はどうしました?

私: あ、いえ、特に元気です。

子ども: まあ!大変!横になってください。

私: 先生、話が噛み合ってないような。。。

子ども: 熱を測りましょう!50℃ですね。

私: 50℃ですかっ?

子ども: はい、手術しましょう。お腹を出して!切ります!

私: 先生!それはおままごとで使う包丁ですよね?やめてください!痛いです!あ~!

子ども: はい!もう終わりました!

私: はやっ!ありがとうございました。

 

こんなやり取りを毎朝繰り返し、お医者さんの都合で何度もお腹を切られてきました。

お腹だけならまだしも、手も足も体中を5人くらいのお医者さんに切られまくることもしばしば。

命がけで子どもたちとの信頼関係を構築していきました。

 

つまり、ただ単にサッカーや体育の時間に出向いて行ってレッスンを行うのではなく、普段の保育からお互いの距離感を縮めることで相互に理解し、信頼関係を築ければ、レッスンの質が変わってくるということです。

 

キッズ年代のコーチをしているあなたも、ぜひお医者さんごっこからスタートしてみてください。(笑)

 

~今日のまとめ~

 

  • すべての指導のスタートは信頼関係から始まる。

 

  • 命がけで遊びに付き合おう!

 

 

今日1日があなたにとって人のために行動できる1日となりますように!

 

(^^)/て

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

 

42.トライ&エラーで人生が変わる

おはようございます!キッズのスペシャリスト、てっちゃんです。

今日はトライ&エラーの話です。

サッカーの指導現場において、トライ&エラーという言葉はよく聞かれる言葉です。

特にキッズ年代では、サッカーでも生活面でも大切な考え方ですよね。

もうすぐ新年度が始まり、4か月が終わります。

年少さんも色々と出来ることが増えてきました。

★ボールの新幹線

★靴を揃える

そして、

★水道の蛇口の開け閉め。

「水道の蛇口をひねって水を出して飲む」

たったこれだけの事ですが、3才には難しい!

でも、トライしてエラーを繰り返すことで学習し、身に付けていく。

水を出しすぎて体操服をビシャビシャに濡らしてしまうことが頻繁に起きるわけです。

でも、その経験が大切。

服が濡れて気持ち悪い。それが大切。

4か月経った今でもまだ失敗する子がいるし、悪ふざけする子もいる。

けど、これはある意味経験して自分のものにしている証拠。

ある子は、失敗を経験しているから、蛇口を捻るとき正面ではなく、横に回ってからひねってました。

お~!なかなかやるね~!

感心してしまったてっちゃんでした!

トライ&エラー&トライ&エラー&、、、

トライをすればするほどエラーもする。

そして成長する。

サッカーも生活も仕事も一緒ですね!

今日1日が、あなたにとって人の失敗を別の視点から見れる1日になりますように。

(^-^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

22.キッズ年代は根っこ作り

おはようございます!キッズのスペシャリスト、てっちゃんです。

世界3位のベルギーを相手に日本がここまで戦えるとは、誰が予想したでしょうか。受け身にならずに、みんなで攻めにいく素晴らしい戦いぶりに感動しました。

今回のワールドカップでは、ベスト16まで来ましたが、私たちキッズの指導者がしっかりと日本人を育てていけば、その先にいくことができると確信しました。

さて、以前湘南ベルマーレで巡回授業を通してサッカーの楽しさ、心の大切さを伝えてきたことを書きました。今日は、キッズ年代の指導がなぜ大切なのか。そして、ベルマーレでの活動で気付いたことが私の活動の原点になっているという話です。

私は、毎日必ずどこかの幼稚園・保育園・小学校に行き、サッカーのレッスンをしていました。サッカーを通して思いやり、協力、感謝などの美徳※1を伝えてきました。

そこで気付いたこと。。。

それは、学年が低ければ低いほど美徳など目に見えない大切な事は心に入る。学年が上がるとすでに人格の一部が形成されており、恥ずかしさや照れも重なり、なかなか心に入らない。という事です。

言ってみれば当然の事なのですが、7シーズンの自分の経験から確信しています。

サッカーを通して心にアプローチをすることの大切さ、そして、それはキッズ年代からスタートするべきだ。との考えから今に至ったわけです。

サッカーの指導はどのカテゴリーもそれなりの難しさがあります。特にキッズ年代の指導は、その子の人生の根っこ(土台)を作るものなので、責任重大です。

心の柔軟性があるうちに、人生を生きていくうえで大切なことを伝えていかなければなりません。もちろん、サッカーの技術・戦術も大切です。オンザピッチとオフザピッチ、サッカーとサッカー以外のこと、その両輪をバランスよく回せるように促していきたいものです。

私は、働きながら保育士や幼稚園教諭の免許を10年かけて取得しましたが、それは先生になるためではありません。(イギリス、日本でお世話になった幼稚園の先生方、スミマセン。。。)

サッカー界におけるキッズのスペシャリストになるためです。

更に精進し、努力を続けていきます。このブログでも、キッズ年代を担当しているコーチたちが、少しでも何かに気づき、現場に活かしてもらえたらと願っています。

サッカーやスポーツを通して、世界中の人々が笑顔・健康・幸せになれるよう、今後も更に頑張ります。

ワールドカップで日本がトップレベルになり、世界中から日本人の和の精神が称賛されるように、今日からまた力を合わせて皆さんと一緒に成長していきましょう!

サッカー日本代表、ありがとうございます。勇気と感動をもらいました。

今日1日があなたにとって志を立てる大切な1日となりますように!

(^^)/て

※美徳:人間が本来持っている美しい徳、よい行いのこと。思いやり、協力、感謝、尊敬、自己主張、忍耐、和、などのこと。

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

17.はきものをそろえる

おはようございます!キッズのスペシャリスト、てっちゃんです。

今日は、はきものをそろえることについてお話します。

こんな詩があります。

はきものをそろえると 心もそろう

心がそろうと はきものもそろう

ぬぐときにそろえておくと はくときに心がみだれない

だれかがみだしておいたら だまってそろえておいてあげよう

そうすればきっと 世界中の人の心も そろうでしょう

これは永平寺の道元禅師という方の教えを詩にしたものだそうです。皆さんも一度は聞いたことがあるかもしれませんね。

凡事徹底という言葉もあります。

当たり前の事を当たり前のようにやる。

自分のくつを揃えるだけでなく、他の人のくつも揃えてあげる。

小さなことかもしれませんが、みんながそれをできるようになると、チームは強くなると思いませんか?

だって、サッカーはチームスポーツですからね。

そして、サッカーはミスのスポーツ。

誰も完ぺきな人はいない。人はみな足りないところを持っている。

サッカーは、その足りない所をみんなで補い合うスポーツだから。

しらゆりでは、年少さんからこんなことを大切にしています。

もちろん、はきものだけでなく、水筒、荷物、ボールなども同じこと。

サッカーは人間性がもろにプレーに出る。

いい加減な人間は、いい加減なプレーをする。

はきものがずれていることに気付けない、直せない人間は、

相手や味方、スペースやゴールを見てプレーすることはできないし、

自分のプレーを修正することもできない。よって、上達しない。

自分のはきものだけでなく、他の人のはきものも揃えらえる人間は、

試合中、チームの為に献身的に汗をかくことができる。

オンザピッチとオフザピッチがつながっているとはこういうこと。

一朝一夕には成り立たない。

今日1日が、あなたと周りの人々の心をつなぐ、大切な1日でありますように!

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

14.ゴールネットを揺らす!

おはようございます✨てっちゃんコーチです。

日本代表、乾選手と本田選手がゴールネットを揺らしましたね!

ワールドカップの舞台で、失点しても追いつけるってそれだけでも凄いです。ポーランド戦がますます楽しみになりましたね!

さて、今日はゴールネットを揺らす!ことについてです。

サッカーの醍醐味の1つにシュートを決めることがあります。シュートを決めたら誰でも嬉しいものです♪

ゴールにシュートを決める。その時、決まった~!と思ったらゴールネットに穴が空いていると、あらっ!?ってなりますよね。ワールドカップではそのような事はありませんので、ご安心を。

私の友人がネパールに行った時は、ゴールにネットが無かったそうです。シュートが決まっても外れても、いずれにしてもボールを取りに行かなければならなかった(汗)とコメントをもらいました。

南米、アフリカ、中央アジアの国々では、ゴールは手作りでネットは無しが当たり前。

そう考えると、日本の学校の校庭には大抵ゴールがあるし、フットサルコートや人工芝のグランドも増えてきました。

とは言え、オランダをはじめヨーロッパのクラブにはサッカーコートを何面も持っている所も少なくない。

つまり、サッカーを取り巻く環境は、国によって全く違うということです。

ところで、日本人でサッカーをやる子は、ほぼ全員自分のボールを持っていますよね。トレーニングシューズやスパイク、ウェアー、ピステ、すね当て等々も自分の物がある。

日本人は幸せです。恵まれているってことを知った方がいいです。

さて、話がそれてしまいましたが、シュートを決めたらボールがそのまま遠くまでいってしまうより、やっぱりゴールネットを揺らしたい!ですよね。

action-1822412__340

サッカーを理解している子どもは、ゴールがなくてもコーンでも棒でもペットボトルでもいいと思います。その場にあるものを工夫して楽しむことも大切です。

ボールが1つあって、2人以上いて、ゴールに代わる何かがあればそれだけで楽しめるスポーツ。それがサッカー。

世界中で一番競技人口が多いのも納得です。

さて、小さな子どもに話を戻しましょう。前述したように、サッカーを理解している子どもはゴールの枠さえあれば楽しめます。

しかし、小さな子どもは違うのです😓

彼らは、ゴールという箱の中にボールがしっかりと収まっている状態を「シュートが決まった」と認識します。ゴールネットを揺らし、ゴールという箱の中にボールがあることが大切で、すり抜けてしまうと喜びが半減!?どころかシュートが決まったことを認識できないこともあります。

20170329_105616

※オランダには様々な大きさのゴールがありました!いいな~!

コーンとコーンの間をゴールと設定することもあるかと思います。シュートしたボールがコーンの間を通り抜けてコロコロと転がっていくのと、ネットの張られたゴールにボールが収まっている状態。どちらの方が喜べるか?ってことです。

コーンしか無い環境であれば、ネット際や壁を利用したいですね。

キッズ年代を指導する際、ゴールにネットがしっかりあることが大切だと分かって頂けましたでしょうか。

とは言え、

しらゆりのフットサルゴールのネットは、実は先日まで穴だらけでした。。。😰

ですが、先日なんと、新品になりました!理事長先生、ありがとうございます。感謝しております。

世界中を旅してきたてっちゃんからすると、サッカーができる、サッカーを指導することができるこんなに最高の環境は他にないと言い切れます。今日もここで指導できる事に感謝です。

では、今日1日があなたにとって感謝を感じることが出来る素敵な1日でありますように!

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

9.日本の新幹線

おはようございます!

いや~!やりましたね!日本代表!ワールドカップ初戦で勝利!これは凄い!

それにしても、3分にPK、退場って、かなりのアドバンテージをもらいましたね!サッカーはやってみないと分からない!

でも次のセネガル、そうとうやりますよ!!!がんばれ日本代表!

あっ!キッズのスペシャリスト、てっちゃんです。

“てっちゃん”と言っても鉄道のことはまるで分かりません。ですが、今日は新幹線のお話です。

毎週木曜日は、年少クラスのサッカーがあります。小さな子どもたちをレッスン前に集めたり点呼を取ったりトイレに行かせたりする時、ボールを持ちながら他の行動をさせるのは至難の業ですよね。毎回、どうしたものかと困っていました。指示命令することなく、子どもたちが自らボールを一か所に集められるには。。。

ひらめいたっ!!!

ボールの新幹線作ろう♪(^-^)

いえいえ、子どものアイデアです。

コートの隅にちょっとした壁と側溝があり、そこに並べてもらいました。

あら、きれい☆彡

でも、数人は、「俺のボールが先頭だ!」と他の子のボールを押しのけ、自分のボールを先頭車両にしたがるんです。(汗)

そこで、反対側を指差して「こっちも1番(先頭)だよ!」って言うんです。これで二人は一番になれます。三人目以降は、、、

どうにかうまくやってください。(笑)

ちなみに、小学生で本当に電車が大好きなT君に、新幹線じゃなくて何か良い電車ない?って聞いたら、少し考えて、、、

「作業列車!」

って答えました。

さすがです!(礼)

他の子は、こっちが運転手でこっちが車掌って教えてくれました。うーん、みんな詳しい!発想が面白いですね!

さて、あなたのチームではどんな工夫をしていますか?そして、どんな表現をしていますか?

もちろん、ゴールの中にシュートしておいで~♪でもいいんですが、新幹線を習慣付けしておくと、小学生になり試合会場に行った時に役立ちます✨

ベンチの後ろに足で線(線路)を引いておくのです。そうするとボールがきれいに並びます。

ただ、気が付くと線路が伸びてて、知らないうちに出発している時があるので気を付けてください。(笑)

今日もあなたにとって笑顔あふれる1日となりますように。

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★