30.なぜ、今、人間力なのか?②

おはようございます!キッズのスペシャリスト、てっちゃんです。

今日も昨日に引き続き、人間力の話です。

今まで求められていた人間力は、

 

言われたことを忠実にやること

 

でした。

では、これからはどうでしょうか?

もうすでに、グローバル化の波は押し寄せ、人工知能、自動化、センサー、全てのものがネットに繋がる状態になってきました。

これは何を意味するのでしょうか?

そうです。単純作業はロボットか、人件費の安い所がやるわけです。

 

職が奪われる

 

これは本当でしょうか?

ある意味では本当だと思います。

今の子どもたちが社会に出る頃には、確実に社会情勢、仕事のあり方は変化しています。

今ある職業は無くなり、新しい職業が出来ていることでしょう。

私たち大人(保護者)はそれが分かっています。

分かっているのに、なぜ今行動しないのでしょうか?子どもを路頭に迷わせるか否かは、保護者の行動にかかっています。

さて、そのような社会において必要なのはどのような力でしょうか。

それは、

自ら考え、行動する力

問題を解決する力

人とコミュニケーションを取る力

創造する力

等々です。

つまり、言われたことをやるだけではなく、自ら思考し、協同し、チャレンジする力が求められているのです。

実は、サッカーでそれらの力を育むことが出来ます。

それは、

 

サッカーというスポーツが「社会の縮図」と同じ

 

だからです。

 

それでもなお、あなたはサッカーの指導現場で、指示命令を出し続けますか?

もちろん、ボトムアップだけでなくトップダウンも必要です。

子どもだけの発想には限界があり、特に依存状態にある育成年代においては、戦術をしっかりと教え込むことも時には必要です。指示命令を出すこともあります。

私たちしらゆりのコーチ陣は、選手の成長、サッカーの指導方法を常にコミュニケーションを取りながら勉強しています。そして、子どもたちと一緒に取り組んでいます。

あなたのクラブでは、子どもたちの何を育成しようとしていますか。

しらゆりでは、

サッカーだけではない所が指導理念の柱となっています。

 

 

サッカーというスポーツは、決められたポジションごとの役割があるものの、一人ひとりの自主性がパフォーマンスに大きく関係しています。

私たち大人は、子どもたちの将来を見据えて、今、何が出来るのかを考えなければならないのです。

「サッカーは社会の縮図」については、また後日お伝えします。

 

では、今日もあなたにとって新しい発見のある素敵な1日となりますように!

(^-^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

29.なぜ、今、人間力なのか?①

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は、なぜ今人間力なのか?の話です。

これは、今まで求められていた人間力と、これから求められる人間力の違いを明らかにする必要があります。

今回の①では、今まで求められていた人間力について考えていきましょう。

結論から言うと、

「言われたことをどれだけ忠実にやるか」

ということが求められていました。

教育でも社会でも同じです。

特に、「体育」と「スポーツ」の違いは明らかです。

「スポーツ」は楽しく体を動かすという原点からスタートしているのに対し、

「体育」は体を鍛えるという側面が非常に大きかったのです。

高度経済成長の時代においても体力のある、働くことのできる丈夫な体が求められていました。

そこでは、自分で考えて行動するという主体性などは必要とされていませんでした。

会社での仕事内容でも上司に言われたことをどれだけできるか。会社の歯車として働くことがサラリーマンの一般的な考え方でした。

学校でも会社でも、

出る杭は打たれる

ということです。

日本人は人と違うことを恐れ、みなと同じだと安心し、平均というものを一つの安心できる指標としていました。

それは今でも日本人の国民性として注目される要素になっています。

平均、皆と一緒、同じ考え、同じスタイル、、、などを土台として私たち日本人は高度経済成長期を突っ走ってきました。

そしてバブル崩壊後、ネットが地球を小さく、狭くしました。あらゆる世界中の情報を手に入れることができるようになり、足を運ばなくても買い物ができ、どこでも仕事ができるようになり、車は自動運転になってきています。ロボットやAIが私たちの生活をすごいスピードで変えているのです。

もはや、将来の発展は予測不可能になり、言われたことをただやっているだけの人間(特に日本人)は、労働力としては必要なくなりつつあります。

間違いなく、今の子どもたちが社会にでるころには、「できる人間」と「できない人間」の二極化が進み、職業にも影響していることでしょう。

平均値で良かった。人と同じで良かった。言われたことをやるだけで良かった。これらの人間力は過去のものとなり、こらからは今までとは違う人間力が求めらているのです。

この続きは、また明日!

参考:江田 靖史 氏

今日1日があなたにとって笑顔溢れる1日でありますように!

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

26.日本人の精神性③ ~サッカー× 民族性×歴史~

おはようございます✨てっちゃんです♪

昨日の続きです。しらゆり招待は、相手チームに良いところやアドバイスを伝える大会。なぜなら、自分たちだけでなく、相手チームも一緒にうまくなる!というコンセプトがあるからです。

オランダにおける、しらゆり招待のコンセプトの受け取り方は、さまざまでした。

もちろんサッカーは戦いなのに、自分たちが不利になるようなことをなぜ言うのか?という氣持ちも分かります。

しかし、賛同してくれた指導者もいました。

 

その中の一人はこう言います。

 

今の世の中、人をリスペクト(尊敬)することが少なくなった。サッカーにおいてもトップレベルはもちろん、我々グラスルーツのカテゴリーでも人をリスペクトしなくなりつつある。その意味では、この対戦相手のことを考えて合同でミーティングするというのは新しい発想だ。普及、育成の年代からこのような取り組みをしていく必要があるのではないだろうか。

 

さらに驚くべきことに、、、

 

このようなコンセプト(考え)が浸透していけば、争いが無くなるかもしれない。と。。。

 

国境が陸続きで、争いの中で歴史が作られてきた国々。

海に囲まれ、独自の平和文化を継承してきた日本。

 

戦国時代においても、敵に塩を送るくらいですから。(真実かは分かりません)

聖徳太子も、「和を以て貴しとなす」と十七条憲法で和の精神を示唆していますし。(詳しいことは分かりません。。。)

 

しらゆりは、サッカーを通して人間力を高め、磨きをかけることを活動理念として掲げています。

 

FCしらゆりシーガルス

 

すべてのサッカーチームがしらゆりのようになってほしいとは全く思っていません。それは不可能だし、いろいろなコンセプトを持って活動していくチームがあった方が、お互いに刺激を受けながら成長できます。

様々な考え方があり、勝利こそ全て、勝つことで学ぶことがある!という考えも否定しません。

もちろん、しらゆりだって勝たなくていいわけではありません。何のためのスポーツかと問われれば、マルかバツかという二項対立ではなく、いろいろな考え方がリンクしていると言ってもいいでしょう。

ですが、サッカーを通して、人間性を高めよう!と活動するしらゆりのようなチームがあってもよいのではないでしょうか。

いえ、増えていくことが日本の未来につながると思います。

 

私たち日本人は、自分たちのアイデンティティー(主体性、自己同一性)に自信を持ち、自己肯定感を高めながら周りと協調して成長していくことができます。

日本人の精神性の高さは、様々な分野で世界中から注目の的となり、世界の平和をリードしてくことになるでしょう。

今回のロシアワールドカップの日本のピッチ内外での活躍から、そんなことを考えているてっちゃんでした。

 

P.S. 日本の歴史を勉強しなきゃな。。。

 

今日1日が、あなたと周りの人々の心をつなぐ、大切な1日でありますように!

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

25.日本人の精神性② ~しらゆり招待inオランダ~

おはようございます!キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は日本人と外国人の精神性の違いがサッカーとどのように関係するかの話です。

しらゆりでは、以前も書いているように、

自分たちと一緒に相手チームもうまくなる

ことを考えています。低学年では特に練習試合を組んだ時、一緒に鬼ごっこや合同練習をして交流を図ります。試合も対抗戦だけでなく、相手も味方もミックスしてチームを作り、試合を楽しみます。

しらゆり招待サッカー大会では、ハーフタイムに相手と合同ミーティングをやります。相手の良い所をお互いに伝え合うのです。さらにもっとこうしたらいいよ!とアドバイスまで送ります。

これは、日本ならすんなりとできます。

なぜなら、

他人を活かすことで自分も活かされるという「和の精神」

が日本人の土台となっているからです。

外国ではどうでしょうか?

3月にしらゆりの5、6年生がオランダ・ドイツ遠征に行きました。

そして、オランダでしらゆり招待サッカー大会を開催してきました。

オランダ人にとっても初めてとなるハーフタイムの「合同ミーティング」

サッカーを国技とするオランダにおいて、

“自分たちだけでなく相手も一緒にうまくなる”

という考え方は、はたして受け入れられたのでしょうか???

結論から言うと、、、

理解し、賛同してくれた人はいたが、全く理解できない人もいた。

といった所でしょうか。

サッカーを国技とするオランダ人、基本的には個人主義の欧米人にとって、なぜ相手チームの良い所を発表しなければいけないのか。さらになぜ相手にアドバイスまで送る必要があるのか。サッカーは戦いであり、相手を負かすスポーツ。なぜ、自分たちが不利になるようなことをわざわざしなければならないのか。

ごもっともです(汗)

しかし、中には心から賛同してくれた指導者もいました。

明日は、しらゆり招待のコンセプトに賛同してくれた指導者の感動的なコメントをお伝えします!

お楽しみに~♪

今日もあなたにとって素晴らしい1日になりますように。

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

24.日本人の精神性① ~オフザピッチ~

おはようございます!キッズのスペシャリスト、てっちゃんです。

今日は日本人の精神性の高さについての話です。

ワールドカップでの日本代表の戦いぶりが世界で称賛されています。優勝候補のベルギーをあそこまで追い詰めたのだから当然かもしれません。

そして、世界中の人々を驚かせているのは、プレーだけでなくピッチ外での日本人の振る舞いです。

日本のサポーターは、試合会場で日本が勝っても負けてもゴミ拾いをしている光景が報道されています。

さらに、

日本代表の選手、スタッフたちも自分たちが使ったロッカールームをきれいに掃除してロシア語でスパシーバ(ありがとう)の手紙や折り鶴を残したそうです。

 

日本人選手 ロッカールーム

 

また、昨年はサッカーの大学生日本代表が現地の公園をゴミ拾いするという報道もされていますね。その理由は至ってシンプル。

公園は子どもたちが遊ぶ所だから。。。

 

日本大学生代表 台湾の公園をゴミ拾い

 

私は、以前ブラジルに行った時、人々が平気でゴミを道に捨てているのを見てカルチャーショックを受けました。ゴミを道端に捨ててはいけない!という日本人としての私の考え方(モラル)は一蹴されました。

 

彼らは言います。ゴミ清掃員たちの仕事を俺は作ってやってるんだと。。。

 

郷に入っては郷に従え

 

ということわざがありますが、これは私には、到底受け入れられませんでした。。。

 

ところで、日本人が持っている「おかげさま」の精神や、人を活かすことで、自分も活かされる「和」の精神は外国にはあまり見られません。

人の為に考え、行動し、与えることが結局自分にも返ってくることを我々は知っています。

日本人は、「平和ボケ」していると世界から言われています。これは事実です。日本人は、本当に世界の平和を願うことができる民族なのです。

対して、諸外国の人々は良い悪いは別として個人主義です。そして、世界の平和ではなく、まずは自分、そして、自分の国の国益を考えます。

話が大きくなりましたが、サッカーについてもどうやら同じことが言えそうです。

この話の続きはまた明日!

ワールドカップや世界の国々でゴミ拾いができる精神性の高い日本人。

私は日本人であることを誇りに思います。

 

今日もあなたにとって幸せな1日になりますように。

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

21.人生を変える大切な話② ~腰を入れる~

おはようございます!キッズのスペシャリスト、てっちゃんです。

おまたせしました!今日はあなたやあなたの受け持つ子どもたちのプレーや人生までも変えてしまう実践編です。

腰を入れること、腰のアーチを作ることがどれだけ大切かは、昨日の話で分かったと思います。

では、実践編です。

 

壁に向かって2つの方法でインサイドキックをしてみてください。(3~5mで大丈夫です)

①背中を丸め、猫背になって蹴る。

②腰を入れてスッと立ち、リラックスして蹴る。その際、振りかぶるモーションの最後に足が遅れてきて、蹴るような感じ。

イメージは、

背中(を意識して)でインサイドキック

あるいは、

腰(を意識して)でインサイドキック

のような感じです。背中でキック!?ってどういうこと?キックは足でしょ!?

っていうつっこみはやめてくださいね。腰を入れてリラックスして背中を意識しながらキックって意味です。

恐らくビックリすると思います。

何が???

私がこの2つのパターンで蹴ったデモンストレーションを子どもたちに見てもらいました。

感想は、

球のスピードが速い!

音が違う!

本当に同じくらいの力強いで蹴ったの~?

などでした。

いやいや、力はむしろ②の方が弱いくらい。

私が一番ビックリしたのは、壁に当たって跳ね返ってくる球の速さが半端ない!!!速すぎたので、コントロールミスしました(汗)

もし、思いっきり蹴れる場所があれば、ゴールや壁に向かってインステップキックも同じやり方で試してください。今までとまったく違う感覚でものすごいキックができること間違いなし!

更に、腰を入れることは、脳の働きや集中力にも影響します。勉強するにも腰を入れた状態とそうでない状態では、頭へのインプットの量も質も違ってきます。

 

腰を入れる = 成績UP

 

実は、この腰を入れることを、サッカーの練習中だけでなく普段の私生活から意識してできるようになると、目に見えない力が宿り、運気もアップするらしいですよ!

つまり、大切なのはサッカーや勉強の時だけでなく、普段から意識すること。

国民教育の師父と謳われている森信三先生も腰骨を立てる(腰を入れる)ことの大切さを「心理は現実のただ中にあり」の著書の中で強調しています。しかも、朝起きてから夜寝るまで極力続ける!と。

まずは、キックの実験、そして普段の姿勢を変えてみましょう。人生が変わります。

 

参考:操体施術・トレーニング指導 ヘッドトレーナー 西本 直

参考:森 信三 『心理は現実のただ中にあり』 致知出版社

 

今日があなたにとって、人生が変わるスタートの1日になりますように。

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

20.人生を変える大切な話① ~腰を入れる~

おはようございます✨てっちゃんです!

ワールドカップで見事に決勝トーナメントに進んだ日本代表。これまでの素晴らしい戦いは、日本を大いに盛り上げてくれています。サッカーやスポーツの力ってやっぱりすごいな~!と思う今日この頃です。

さて、あなたは、外国の屈強な選手たちと体のぶつかり合いで負けない、日本代表の選手を挙げるとすると誰を思い浮かべますか?

 

昔だと中田ヒデ選手、最近では、武藤選手や柴崎選手もバランスが良いですよね。サイドをかけ上がる長友選手も小さな体にもかかわらずあたり負けしません。

彼らの共通の特徴をプレーではなく身体的な見方から探ると、、、

 

腰の反り(アーチ)

 

になります。

表現は色々とあります。

腰が入っている。

腰骨が入っている。

腰にアーチがある。

つまり、おしりの上にある腰骨がカーブしていて、スッと立っている姿勢。おしりがプリっと出ている姿勢です。イメージ出来ますか?

外国人は、もともとこのように体ができている場合が多いですが、日本人だとあまりいませんね。

 

腰は体の要です。

 

上半身と下半身をつなぐ中心で、体の前側と後側をつなぐ中心でもあります。

投げるにしても、蹴るにしても、走るにしても全身をうまく使わないと、スピードもパワーも出すことができません。

全身のエネルギーをスムーズに伝える重要な役割が腰という訳です。

ですから、腰が入っている人、腰にアーチがしっかりとできている人のパフォーマンスは素晴らしいのも納得できます。何しろ、力がスムーズに伝わる訳ですからね。

さて、明日は私が実際に試した実践編をお伝えします。45才の私でもキックの質が信じられないくらい変わりました。これを子どもの頃に知っていれば、、、

 

参考:操体施術・トレーニング指導 ヘッドトレーナー 西本 直

参考:森 信三 『心理は現実のただ中にあり』 致知出版社

 

今日もあなたにとって素晴らしい1日になりますように。

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

18.子は親の背中、選手はコーチの背中を見て育つ。

おはようございます✨キッズのスペシャリスト、てっちゃんです。

日本代表、決勝トーナメント進出おめでとうございます!やりましたね!ポーランドに負けましたが、セネガルと勝ち点、得失点、総得点、当該成績が同じで、イエローカードの枚数の差で上位になるという奇跡。。。日本らしいというか何というか。。。

いずれにしても、次も頑張ってほしいです!全力で応援します!!!

さて、今日の本題に入りましょう!選手はあなたの背中を見ていますよ!という話です。

私は、湘南ベルマーレの普及グループで7シーズンを過ごしました。その間、湘南地域の幼稚園、保育園、小学校に出向き、年間約15,000人にサッカーのレッスンをしてきました。

そのレッスンでは、ただ単にサッカーの楽しさだけでなく、思いやり、協力、感謝などの美徳や生きる力を主眼に置き、子どもたちに伝えてきました。

月曜日から金曜日まで毎日どこかの学校に行くわけですが、クラスは皆それぞれ雰囲気があり個性的です。

もちろん、学年によって、地域によっても当然ですが雰囲気が全然違います。

そのクラスの雰囲気や子どもの生き生きとした表情、発言や規律は何に依存しているのでしょうか?

どんなキャラクターの子どもたちが集まっているのか、クラスの人数、地域性等々様々なことが考えられます。

そして、その1つに”担任の先生”も挙げられるかもしれませんね。

朝から夕方までクラスで子どもたちと接しているので、その影響力はやっぱり大きいのではないでしょうか。

先生が明るくてオープンマインドだと、子どもも同じように明るく、笑顔が輝き、生き生きとしている場合が多いです。

一方で、子どもの行動を高圧的に制限していたり、常に指示と命令を出し子どもをロボットのように動かしたりしているクラスもありました。

また、逆に何でも自由過ぎてコントロールが効かず放任状態なクラスもありました。

そう考えると、今私が見ているサッカーチームは、私のキャラクターが色濃く反映されているということなんですね。私がどんな人間かによって、チームのカラーが決まる。

責任重大です!(汗)

子どもは親の背中を見て育つ。

選手はコーチの背中を見て育つ。

あなたが傷つけるような言葉を使えば、

選手もその言葉を使い、他人を蹴落とし、個人主義に走る。

あなたが心温まる言葉や勇気づける言葉を使えば、

選手も同じようにその言葉を使い、仲間と共に喜びや感動を分かち合う。

あなたが目先の勝利のためだけに作戦を立て選手を起用するなら、

選手の心は休まることが無い。

あなたが選手の将来の人生を考え、練習や試合を通して成長を望むなら、

選手たちは自分を大切にし、自分の人生を自分で切り開くようになる。

あなたがゴミを道ばたに捨てるなら、選手も平気でゴミを捨て、感謝のない人間になる。

あなたがゴミを拾うなら、選手も拾う人間になり、感謝の心を持ち、地球を愛する人間になる。

自戒を込めて。。。

今日もあなたにとって素晴らしい1日になりますように。

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

19.試合の意味

おはようございます!てっちゃんコーチです。

今日は、試合の意味についてのお話です。

てっちゃんコーチやしらゆりが、試合をどのように捉えているかのお話です。

結論から言うと、試合は子どもが成長するためにあります。勝てばいいという話ではないし、負けてもいいということでもありません。

要は、試合を通して子どもたちがどのように成長できるかな?と考え、様々なアプローチをするわけです。

 

しかも、自分たちだけでなく相手チームにも!

 

私たちは、自分たちだけが試合に勝ち、喜びたいとは全く考えていません。サッカーを通して成長してほしいのは、相手も味方も関係なくみんな一緒です。

練習試合などで相手の方が強い時、自分たちがやられまくっている時、とっても悔しいです。

と同時にラッキーだなとも思います。相手に自分たちのレベルを引き上げてもらえるからです。

同じくらいのレベルだと、お互いに切磋琢磨して高め合うことができる。

自分たちが相手よりも少しできる場合、普段あまり活躍できない選手がいいプレーをしたり、得点を決めたりして自信をつけることもある。しかし、ここでも相手と一緒にレベルアップすることは忘れない。

合同ミーティングやミックスゲームもその一つ。

そして、しらゆりの保護者にはいつも伝えていることがあります。

 

しらゆりの子どもはみんな自分の子ども

 

自分の子がスタメンだろうが、Aチームだろうがそんな事は大きな問題でなく、みんなが成長できるようにサポートする。

試合をビデオを撮ってもいいでしょう。でも、自分の子どものプレーだけを撮るのではなく、引きでみんなを撮る。わが子だけがナイスプレーをすればいい訳ではないですからね。

試合では、相手チームの選手がいいプレーをしたら拍手を送るし、頑張っていたらそれを認める。つまり、、、

 

相手チームも応援する!

 

キッズ年代では、相手チームと鬼ごっこ、合同練習、対抗戦、ミックス戦などで楽しく交流したいですね。もちろん、コーチ同士も積極的に情報交換できればお互いを高め合うことができきます。勝った!負けた!も大切ですが、特にこの年代では「楽しかった!」「またやりたい!」が一番大切です。

 

今日もあなたにとって素晴らしい1日になりますように。

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

10.ミスの話

サッカーはミスのスポーツと言っても過言ではありません。どんなにすごい世界的な選手だってミスをします。メッシだってC.ロナウドだってシュートを外します。ドリブルで取られたりパスをミスしたりします。

育成年代でのサッカーは、どれだけ積極的にプレーして、どれだけたくさんミスをするかで成長度合いが決まります。特にサッカーを始めたばかりの幼児や低学年では、ミスを恐れずどんどんチャレンジさせる事が大切です。何がミスで何が成功かの意識もまだ無いでしょうから、この時期にブレーキをかけるような指示や、否定するような言葉がけはNGです。

コーチや親の顔色を伺って、怒られないようにプレーをする。チャレンジしない子どもはその分失敗も少ないでしょうが、自分で考える事、工夫する事もしない。そもそも、楽しくない。

これでは、何のためにサッカーをやっているのか分かりません。

子どもがシュートを外した時に、コーチが

「どこ見てシュート打ってんだよ!」

と怒ったら、その子どもが

「ゴールを見て打ちました!」

なんて笑い話がありますが、コーチの発する言葉は子どもの心にダイレクトに響きます。

選手が上達するか否かは、コーチの言動にかかっています。試合中に常にミスを指摘するコーチはどうなんでしょう。ミスを指摘するのは一番分かりやすいですよね。

「何やってんだよ!」

「あ~あ、ボール取られた!」

「またミスした!」

「なんでそこから打つんだよ!」

で、遠くからシュートを打って、ゴールが決まったのに怒っているコーチもいますからね。(驚)

私たちコーチは、そのミスがどのタイミングで起きているのかを知る必要があります。

それを知ることで、選手を上達させることができるのです。

一つ一つのプレーには、①観て、②判断して、③実行するという流れがあります。

①観る → ②判断する → ③実行する

①の観る所と②の判断する所でのミスは、目に見えないので分かりにくい。

③の実行する所でのミスは、成功したか失敗したかなので分かりやすい。(例:シュートを外した。パスが通らなかったなど)

そして、実はこの①観る所と②判断の所のミスが8割で③実行のミスは2割とも言われています。

あなたならどちらにアプローチしますか?

失敗したプレーをわざわざ指摘するのではなく、

そもそも観えていたのか?

その判断は良かったのか?

他の選択肢は無かったのか?

を質問することが大切です。

そして、①観る&②判断の所を特に注目し、日々のトレーニングを通して上達させるのです。もちろん、③の実行(技術)のトレーニングも怠りません。

子どものプレーのミスは①観る・②判断・③実行のうち、どれなのか。

私たちはそれを見極め、質問し、子どもたちを導くのです。

プレーのミスをダメ出しするようでは、コーチ失格です。

参考:“世界に通用する指導力育成コーチ” 倉本和昌氏

今日もあなたにとって素晴らしい1日になりますように。

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。