104.理想的なキッズ指導の心構え【遊び編】

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日はキッズ年代のサッカー指導においての「遊び編」です。

毎回お話していますが、サッカーはスポーツです。

スポーツとは体育ではありません。

詳しい説明は避けますが、体育は体を鍛える意味が深い教科です。

それに対し、スポーツは遊びです。

つまり、

 

サッカー = スポーツ = 遊び

 

なんです。

そして、

遊び = 学び

となります。

幼少期の子どもたちは、何をどのように学ぶのでしょうか?

それは、

 

生きる力(人間力)の根っこを「遊び」から学ぶのです。

 

幼稚園や学校で机に向かって勉強を学ぶのではありません。

もちろん、そのような時間が必要なこともあるかもしれませんが、基本的には外遊びや中遊びなどを織り交ぜた「遊び」から様々なことを「学ぶ」のです。

サッカーはチームスポーツです。

個人競技とは違い、仲間の大切さを学ぶことができます。

そして、意見のぶつかり合いもリアルに体験することができます。

感情と感情のぶつかり合いから、時には人を傷つける言葉を発してしまうこともあるかもしれません。

失敗や反省、気づきや学びを得て成長するのです。

 

「自分を理解し、他者を理解する」

 

今後訪れる正解のない激動の時代において、自分の意見をしっかりと主張しながら他者も理解し、お互いに成長していく。

人と協力することでパスもドリブルもシュートもうまくいき、勝利につながる。

失敗から学ぶことで成長する。

子どもは遊びながら学びます。

大人から「あーやれ、こーやれ」と言われながらの遊び(サッカー)は必要ですか?

遊びに指示・命令は必要ですか?

かと言って「教える」ことはしないのか?と言われればそうではない。

二項対立ではないのです。

 

「サッカーを通して成長すること」

 

その本当の意味を理解してほしくてこのブログを書いています。

 

今日1日があなたにとって嬉しいニュースが飛び込んでくる1日となりますように。

 

(^_-)-☆て

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

 

 

 

103.ママ~!この人だれ? えっ!?パパだよ。

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日のテーマは深刻な内容です。。。

 

夏休みに家族で数日間旅行に行くことができました。

いつもは子どもと接する時間があまりないので、会話もスキンシップも多く取ることができて幸せな気持ちになりました。

それはそれは私たち家族にとって、本当に貴重な時間となりました。

仕事を含め、人生のステージには様々な段階があります。

ベルマーレでコーチをやっていた時は、毎朝5:30の電車に乗り、帰りは夜10時でしたので子どもの寝顔しか見ないという生活が数年間続きました。

一番大変で一番大切な子育ての時期に何もできなかったわけです。

なので妻には頭が上がりません。感謝しています。

しかも、サッカーコーチの仕事のメインは週末。

自分の子どもではなく、他の子ども(チームの子ども)を見ることになります。

こんなに子どもと接する時間が少なかったのに、

「ママ―!この人だれ?」「えっ!?パパだよ」

とならなかったのは妻のおかげです。

いえ、いえ、実は、子どもは言葉を発していない(まだ喋れない)だけで、ほぼそうなっていました。

働き盛りの頃と子育ての時期は重なることがどうしても多いようです。

働き方改革!?ってよく分かっていませんが、

「自分の人生は自分で切り開くもの」

「トライ&エラーが大切」

「失敗から学び成長する」

といつもサッカーを通じて子どもたちに伝えています。

だからまずは、自分がそうしなきゃ!と心に決めています。

ただ、人間の脳は「変化を嫌う」ことと「少しずつしか変われない」という特性があるらしいです。

そんなことも踏まえつつ、世のため、人のために自分の使命を果たしていきます。

あなたも子どもとの時間を大切に!

 

今日1日があなたにとって幸せを感じられる1日となりますように。

(^_-)-☆て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

102.人間性=プレーの質

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は、あなたも何となく感じている「人間性とプレーの質」の関係です。

もう気が付くと20年以上サッカーの指導をしていますが、やっぱりそうだよな!と思う事があります。

それは、

人間性=プレーの質

という事です。

例えば、私がミニゴールを運んでいる時に、「コーチ~!手伝うよ~!」と駆け寄ってくれる子ども。

例えば、試合会場に向かう時にチームの荷物(ビブス・ブルーシート・テントなど)を積極的に持ってくれる子ども。

そのような子ども(選手)はチームに大きな推進力を与えてくれます。

 

とは言うものの、全ての子どもがキッズ年代で上記のように行動出来るとは限りません。

でも、いいんです。一人ひとりの成長のスピードは異なります。そのうち気付き、だんだん成長していきます。

ただ、コーチがその視点を持っていることが大前提となります。

 

子どものちょっとした

 

良い行動にフォーカスをする

 

そして承認する

 

それがチームに浸透していけば、共通理解が深まります。

一人がみんなのために、

みんなが一人のために、

行動できるようになります。

 

魅力的なチームにならない訳がない!ですよね。

 

人間性とプレーの質がどんどん向上している

 

それが最近、目に見えるようになってきて、嬉しさと幸せを感じているてっちゃんです。

私たちコーチ陣は、「人間性とプレーの質」に価値を置いています。

だから子どもたちの良い言動に気付き、敏感に反応してしまいます(笑)

私たちコーチ陣も子どもたちに成長させてもらっています。

皆様のお陰です。ありがとうございます。

 

今日1日があなたにとって素敵な1日となりますように。

(^-^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

98.「反感を持たれずに認めてもらえる伝え方」を3年生がマスターしている件。(360度フィードバック)

おはようございます!キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日はしらゆりでいつもやっている、いいとこメガネ・アドバイスメガネのうち、アドバイスメガネについてお伝えします。

 

先日お伝えしましたが、練習や試合後には全員で円形を作りミーティングをしています。

人の良いところを見つけて伝えるだけでなく、もっとこうした方がいいよ!というアドバイスやリクエストも伝えます。

 

これは、360度フィードバックと言います。

誰もが誰からでも意見をもらい、誰にでも意見を言うことのできる環境です。

 

チームが目指すべき理想の形を毎回、全学年が行っています。

 

例えば、プレーに関してだと、、、

ドリブルばかりしている仲間にパスも出して欲しい!

それをミーティングで伝えるのです。

その伝え方が大切。

どちらの方が言われたときに受け入れやすいでしょうか?

例1)

A君はいつもドリブルばかりしているから、ボールを取られて負けちゃうんだよ。もっとパスを出して欲しいんだけどな!

例2)

A君はいつもドリブルしててすごく上手だから、仲間を見てパスも出来たらもっと上手になるし、みんなで勝てるようになるよ!

前者はまるでドリブルすることがNGのように聞こえてきませんか。

後者はドリブルを認められてからの話なので受け入れやすい。

この伝え方のちょっとしたコツは大人になっても必要です。

最高の形は、アドバイスやリクエストを褒め言葉・感謝でサンドイッチすることです。

 

①褒める・認める・感謝

②アドバイス・リクエスト

③褒める・認める・感謝

 

誰かに何かを伝えたい時に使ってみてください。

あなたは、どんな場面で使いますか?

 

今日1日があなたにとって幸せの和が広がる1日となりますように。

 

(^-^)/て

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

96.子育てで「もうイヤ~!」となった時にやるべきたった1つのこと

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は子育てで子どもも親も「どうしていいか分からない!」「助けて~!」ってなった時の話です。

子育てをしていると、親は子どもに対して「もうイヤ~!」となってしまうことがありますよね。

私もしょっちゅうです(汗)

感情的になってしまうこともあります。

でも、少し時間をおけば冷静になってくる。

感情的に怒ってしまった自分を反省する。

そんな時にやるべきことがあります。

「ごめんね!」そして「大好きだよ!」と声をかけながら子どもを抱きしめるのです。

「7秒間抱きしめる」

日本キッズコーチング協会では、7秒間抱きしめることを勧めています。

親に抱きしめられると、子どもは幸福感に包まれ幸せホルモンと言われている「オキシトシン」が分泌されます。

子どもはあなたからの愛情を求めています。

子育てで悩んだ時、どうしていいか分からなくなった時、愛の言葉をかけながらギューっと抱きしめてください。

自分は大切にされている。

ここにいていい存在。

生まれてきて良かった。

という感情になり、自己肯定感も上がります。

ところで、脳の中の記憶を司る海馬は2・3才までは発達しないので、何かを覚えることは出来ません。

しかし、スキンシップの記憶だけは残っているそうです。

赤ちゃんも同様にとにかくたくさん抱きしめてくださいね。

うちの長女は大きくなってきたので、抱きしめる機会は少なくなってきました。

あなたも今のうちだけですよー☺️

子どもはすぐに大きくなりますからね。

つまり、「もうイヤ~!」となってしまった時はもちろん、出来れば毎日抱きしめて声をかけましょう!

というお話でした。

今日1日があなたにとって大切な1日となりますように。

(^-^)/てつ

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

95.Jリーグでもブンデスリーガでもない。啐啄(そったく)リーグです!

おはようございます!キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日は、子どもの主体性を育む年間リーグについての話です。

川崎市の FC JUNTOS さんが主催する啐啄(そったく)リーグです。

これは、啐啄同時(そったくどうじ)という言葉からきています。

鳥の雛が卵の外へ出ようと殻を内からつつくことを「啐(そつ)」

母鳥がそれに応じて殻を外からつつくことを「啄(たく)」

と言います。

両者が一致し、同時であってこそ雛は誕生することができます。

サッカーにおいては、子どもが内発的な動機により主体的に自ら向上しようとする。

コーチはしかるべきタイミングでコーチングして積極的・計画的に子どもを成長させる。

コーチの声掛けは、啐啄と同じで早過ぎても遅過ぎてもダメなのです。

もちろん、多すぎても少なすぎてもダメ。

だから、コーチングは難しいのです。

実は、コーチが一番成長さえてもらっているのかもしれません。

このような考え方を基にして啐啄(そったく)リーグは開催されています。

その日のタイムスケジュールが本部に貼ってある。

それだけ。。。(笑)

子どもたちは、時計を見ながら何時からどのコートで試合かを確認しながら試合を楽しむ。

遊びに夢中になって、試合に間に合わない。。。(いつもすみません)

審判はいません。(セルフジャッジ)

だから当然言い争いや、ちょっとしたケンカが起きる。

それがいい。。。(笑)

1カ月に1回、このようなリーグ戦があるのは本当にありがたいです。

彼らは、自己主張やタイムマネージメントだけでなく、他のチームからの刺激を受けて人間力に磨きをかけています。

さらに、しらゆりでは、、、

5年生が3年生を電車・バスで連れて行きます。

乗る電車を間違えたり、降りる駅を間違えたり、道に迷ったりと、

トラブルも多いですが、そこでどのように対処するかが大切です。

車に乗って到着するのと、ハラハラドキドキ、未知に迷ったら人に聞きながら到着するのとでは、天と地の差です。

その経験が数年後、あるいは将来必ず活きてきます。

公共のマナーやルールなど、そこから学ぶことは非常に多いです。

もし、迷惑をかけていたら叱ってください!

今日1日があなたにとって最高の1日となりますように。

(^_-)-☆てつ

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

94.試合後24時間はプレーの話は禁止!?(24時間ルール)

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

今日はアメリカの取り組み(24時間ルール)についての話です。

アメリカでは、保護者向けにとても興味深い取り組みがなされているようです。

それは、保護者は試合後24時間は、子どもとプレーの話をしてはいけない。

というものです。

24時間ルール サカイク記事より

 

想像してみてください。

試合後あまり活躍できなかった子どもが、帰りの車の中でお父さんに怒られているシーン。。。

お前のプレーのあれがダメ。これがダメ。

ダメ出しの連続。

「お前はやる気があるのか?」

「ないならサッカーやめろ!」

子どもは自分の失敗は自分が一番分かっています。

それを言われて子どもはどのように感じるのか。

そもそも人間は、

 

「失敗から学び、成長する」

 

そのことを忘れてしまっています。

ひどい場合には、帰りの車を待たずに試合後すぐに子どもに説教することもあるかもしれません。

もっとひどい場合には、試合中に罵声を浴びせるかもしれません。

 

子どもはあなたにアドバイスを求める!?

 

それは本心でしょうか?

あなたの言っている事とコーチが言ってる事は同じでしょうか。

子どもにアドバイスを求められ、安易に答えることで自分で考える力が育つでしょうか?

出来ないことを出来るようにすることは大切です。

キッズ年代では、出来たプレーをもっと出来るようにする。

それをストロングポイントにする。

その方が「快感情」も加わり自然とプラスの方向に向上していきます。

もし、あなたが我慢出来ずに怒ってしまうのなら、24時間ルールも有効です。

 

今日1日があなたにとって子どもの長所を認められる1日となりますように。

 

(^-^)/てつ

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★