219.森を元気に!それが日本の元気につながる。

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

日本の国土の70%が森林ということ、知っていましたか?

そして、その森林が健康な状態ではないということを。

 

日本での木材の自給率は35%しかありません。多くは輸入木材が使われています。

昔は木材が使われていましたが、現在では石油へのエネルギー転換があり、コンクリートや鉄骨の建物が増えました。

日本で木材は使われなくなり、森の木は伸び放題。

地表に光が届かず生態系バランスが崩れています。

すると山は保水機能を失い地滑りやがけ崩れで災害が起こっています。

川の水が汚れ川魚やそこに住む生物も減少しています。

 

未来の為に私たちができることとは

 

森林の木を間伐(間引き)し地表に光を通し、様々な微生物や生き物が住む森を作ることです。

森が健康になるとミネラルを多く含んだきれいな水が川に流れ、魚が喜びます。

きれいな水はやがて海へと流れ海がきれいになり海の魚も増えます。

海に囲まれた日本の漁業が盛んになり、おいしい魚介類が食卓に並び食文化を継承していきます。

 

森を守るというと木を植えるイメージがありますが、

実は人がどんどん森の中に入っていき、木を間引くことが大切です。

そして、その木を使って家を建てたりベンチを作ったりスタジアムを作るのです。

 

今日1日があなたにとって大切な1日となりますように。

 

(^_-)-☆てつ

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

218.あなたにとって理想のサッカークラブとは?

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

あなたにとって理想のサッカークラブとはどのようなクラブですか?

 

強いクラブ。

子どもが笑顔で楽しんでいるクラブ。

近所にあるクラブ。

仲間がいるクラブ。

 

そこに正解はなく、いろいろなものがリンクしていることでしょう。

 

私が考える理想のサッカークラブとは、以下の3つにアプローチしてビジョンとして掲げて進んでいくチームです。

 

「Personal」

「Happy」

「Future」

 

 

~Personal(人間的成長)~

 

・子ども一人ひとりの人間力を引き出す

 

~Happy(幸せな人生)~

 

・子どもを通じて保護者とともに学び成長する

 

~Future(日本の未来)~

 

・子どもの輝く笑顔と地域活性化の発信基地になる

 

 

サッカーを通して人々が笑顔・健康・幸せになるクラブ。

一人ひとりの個性を大切にするクラブ。

サッカーだけではないサッカークラブ。

子どもも親もコーチもみんなで育つクラブ。

地域とともに歩むクラブ。

みんなで作るサッカークラブ。

 

これからもそんなクラブを作っていけるようにがんばります。

ありがとうございます。

 

今日1日があなたにとって未来を見つめる1日となりますように。

 

(^_-)-☆てつ

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

 

217.決断は1つ。言い訳は無限。

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

人と意見が違う時、対決してでも自分の意見を通そうとすることがあるかもしれません。

あるいは、相手の意見をリスペクトして認めることもあるかもしれません。

いずれにしてもお互いの尊厳を守るための境界線を保つことは、お互いにとって大切です。

アメリカの作家・思想家・詩人のヘンリー・デイヴィッド・ソローは言います。

 

もしも誰かが道連れと

歩調を合わせていないとすれば、

その人は別な行進曲を

聴いているからかもしれない。

 

それがどのような音階であれ、

かすかにしか聴こえない音楽であれ、

彼がその音楽に合わせて

進むことを認めるべきである。

by Henry David Thoreau

 

 

相手と意見が違うのは当たり前。

私は相手をリスペクトします。

私は本当の自分でいるために、他の人からの不当な影響を受けることなく、決断を自分で下します。

様々なきっかけはあるかもしれませんが、それがお互いの為であるならば、お互いのために決断する時がきます。

先日お話を伺った人からも「決断」の大切さを教わりました。

 

決断は1つ。言い訳は無限。

 

決断すれば行動に移せる。

行動できれば物事は前に進む。

人生は生まれた瞬間から死に向かって進んでいる。

止まることは後退と同じ。

2019年がスタートして半月。

今年のあなたの抱負は?

新年、あなたは何を決断しましたか?

私は今年に限らず、これからもずっと子どもの未来のために生きます。

それが親、兄弟、家族、チーム、みんなの幸せにつながるから。。。

 

今日1日があなたにとって自分自身を振り返る1日となりますように。

 

(^_-)-☆てつ

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

214.勉強もサッカーも同時に向上させるアレとは?

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

昨日はアレ!で話が終わってしまいましたね。すみません。

「勉強ができる」

「頭がいい」

「かしこい」

そんな子どもたちは、頭の中のプロセスが優れている。

そのプロセスとは、

「知覚→予測→判断→実行」

でしたね。

目に見えるのは最後の「実行」です。どのようにプレーしたかです。

「知覚・予測・判断」は頭の中のプロセスなので目に見えない。

でもそこを鍛える必要がある。

そのためにはアレを使う必要がある。

それは、、、

 

「質問」

 

です。

 

何が見えていたの?

そもそも見ていた?見えてなかった?

他に選択肢はあった?

イメージはある?

どうなりそう?

今、何をするべき?

次に何をするべき?

 

自分で考えさせて、自分で決めさせましょう。

失敗?全然OKです。

頭の中の一連のプロセスを鍛えることが、

「勉強」にも「サッカー」にも「人生」にも活きてきます。

 

こんな考え方を日本中のキッズを担当するコーチが意識すれば、

日本のサッカーは世界に近づくし、

日本はもっと幸せな国になるだろうな。

どんなにAIが台頭しても、インテリジェンスを持った人材が世界をリードしていくでしょう。

「将来を見据えて、今の指導をする」とはそういう事です。

 

目に見える現象(プレー)にとらわれるのではなく、そこに至る目に見えないプロセスを向上させる。

そのために、指示命令ではなく「質問」を使う。

 

うちの子は「ダメ!」ではなく、「大丈夫!」と可能性を信じてサポートする。

そのためにはまずは自分を信じて満たす必要がある。

実際、あなたはいつも子どものことを真剣に考え、がんばっている。

あなたも私も子どもに成長させてもらっています。

子どもたち、ありがとう!

 

今日1日があなたにとって「将来を見据えた今」を感じることができる1日となりますように。

 

(^_-)-☆てつ

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

213.勉強もサッカーも上達する!あの流れとは?

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

昨日は「あの流れ」で話が止まってしまいましたね。。。すいません。

一連の流れが向上していけば、プレーも勉強も向上します。

間違いありません。

では、その一連の流れとは、、、

 

 

知覚

予測

判断

実行

 

の流れです。

 

つまり、見て、予想して、どうするか決めて、実行する。

この一連の流れがスムーズに、かつできるだけ正確にできる子どもは、正直に言って

 

「かしこい」です。

 

だから、子どものプレーを見ればすぐに分かります。

見て考えてプレーしている子は、一連の流れができているのでぐんぐん上達していきます。

その子の親御さんに学校の勉強はできているかどうか聞くと、(答えづらいとは思いますが)

「まあ、問題なく」のような返事がきます。

コーチと会話のやり取りをしても、かしこさはある程度分かります。

 

でも心配しないでください。

今できていなくても、重点的にその流れ(戦術)を鍛えていますから必ず向上します。

今、何をするべきか?次に何をするべきか?をオンザピッチでもオフザピッチでもアプローチしています。

それが習慣になるのです。

あなたがもし、インテリジェンスに優れた選手を育成したいのなら、目に見える最後の「実行」ではなく、目に見えない、「知覚・予測・判断」にアプローチするべきです。

 

シュートを外したこと、パスやコントロールをミスしてしまったことなどは、目に見えるから指摘するのは簡単です。

「何でそこにパスする!」

「どうしてミスするかな~?」

「何やってんだよ!」

これらはサッカーを知らないお母さんでも、誰でもできます。

 

起きた現象ではなく、そこに至るプロセスを向上させたいのです。

頭の中で行われている、目に見えない「知覚・予測・判断」を向上させたいのです。

その頭の中で行われるプロセスが優れている子は、勉強もできるしサッカーもうまいです。

 

では、どうやって頭の中のプロセスを向上させるか?

気になりますよね。

それは、アレです。アレ!

アレを使えばいいんです!

ではまた明日。。。

 

今日1日があなたにとって知的好奇心をくすぐる1日となりますように。

 

(^_-)-☆てつ

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

212.なぜ、勉強ができる子はサッカーもうまいのか?その理由とは。

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

「勉強ができる子はサッカーもうまい」

もちろん、そうでない場合もあります。

私は勉強できないし、サッカーもうまくない(汗)
でも、サッカーを子どもに教えるのは大好きです!(笑)

さて、話がそれましたが、勉強できる子がサッカーもうまい傾向は確かにあります。

なんでだろう?と考えました。

「勉強ができる」とはどういう事なのかを考えると、ピン!ときました。

「勉強ができる」とは、「頭が良い」とも表現できます。

単純にテストで点を取るとか成績がいいとかだけではありません。

数字に表れない「頭の良さ」や「かしこさ」も大切ですからね。

では、「勉強ができる」「頭がいい」「かしこい」子どもは何がすごいのか?

それは、

「学ぶことを学ぶ力」

が優れているのです。

何でこれはこうなんだろう?などの興味関心から始まり、

もしかしたら、こうなんじゃないか?

こうやってみたらどうだろう?

少し分かった!じゃあこれは?

う~ん、分からない。調べてみよう。

お~!そういうことか!

やった!面白い!分かった!できた!

これらは学ぶことを学んでいるプロセスの一環です。

知的好奇心を満たすための学びです。

学ぶことは楽しい!が分かっているのです。

どうでしょうか?

これらの一連の流れは勉強にもサッカーにも当てはまりませんか?

学ぶことを学べる子どもは、勉強もできるしサッカーもできるのです。

逆説的に言えば、サッカーが上手い子は勉強もできるとなりますね。

つまり、あの流れが優れているんです。

えっ?あの流れ?

そうです!あの流れです!

明日へ続く。。。

今日1日があなたにとって素敵な1日となりますように。

(^_-)-☆てつ

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

211.子どもは遊びの天才!

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

突然ですが、芝生の斜面の写真は何をしている所か分かりますか?

先日、6年生の県大会がありました。

1試合目が終わり、次の試合まで2時間半の空き時間があったのですが、5年生を中心とした遊びの風景です。

要するに、

「ドリブルして斜面の下から上に到達するゲーム」

なのですが、斜面の上から次々とスライディングしてくる仲間をかわさないといけません。

スライディングしてボールを奪うことができた人が、ドリブルする権利をもらえます。

私も挑戦しましたが、これが難しい!

なにせ、ドリブルしながら斜面を登りつつ、スライディング部隊をかわさないといけないのですから。

でも、これがかなり面白い!

スライディング部隊はちゃんと一列に並んで順番待ちをしていたり、みんなでスタートの声を掛け合ったりとルールも作られている。

自分たちが楽しむためのルールを自分たちで決めて、改良しながら永遠と遊んでいる。。。

やっぱりルールは上から下に強制的に守らされるものではなく、自分たちが安心・安全に楽しく過ごすために自分たちで作り出すものなんだな~と思いました。

5年生を中心としながらも1年生や他の学年も混ざっているし、同じゲームを別の場所で3年生がやり始めていました。

もちろん、服は芝だらけ、土だらけ。。。

この遊びを知らずに汚い服を着て家に帰ってきた子どもを見たら、

「なんでこんなに汚いの!?」

「6年生の応援に行ったんでしょ!?」

「何してたの!?」

となるかもしれませんが、お父さん・お母さん怒らないでくださいね。

その他にも枯草を集めてベッドを作っているグループもありました。

呼ばれて横になったら本当に寝そうになりました。。。

子どもは遊びの天才です。

 

今日1日があなたにとって気付きを得られる1日となりますように。

 

(^_-)-☆てつ

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★