6.てっちゃん、キレるの巻

おはようございます。今日は、てっちゃんコーチがチームメイトに “キレた話” です。

私はドイツの8部とか9部?くらいのチームでプレーしてました。(もう20年くらい前ですが)

よくタックルされて、2メートルも3メートルも吹っ飛ばされてました。でも、一番ショックだったのは、味方と完全にアイコンタクトが取れているのに、パスを出してくれなかったこと。

チームメイトに信頼されていないと、パスが全く回って来ないのです。ピッチでただフラフラ走っているだけ。これは精神的にキツかったな~。

練習でも試合でも自分が仲間外れにされている感じ。

そしてある練習の日、もうどうにも我慢できず、私、キレました😤

何で俺にパスを出さねーんだよ!いい加減にしろよ!フリーなんだからパス出せよ!とか、自分でも何て言ったか覚えてません(汗)

チームメイトは今まで大人しかったテツがいきなり発狂したものだからびっくり!

しばらく時が止まりました。😅

でも、その日から状況が一変。パスが回って来るようになったのです!考えてみれば当然なのですが、以前の私は自己主張することなく要求もすることなく、ほとんどだまってプレーしてました。

これは、サッカー以外も同様です。

日本では周りの人が気を遣ってくれて声をかけてくれますよね。ドイツでは、良い意味でも悪い意味でも『こういう人なのね!あなたは。』とリスペクトされる。

どんな服を着ようが、何を食べようが、同性を好きになろうが、いい歳して無職だろうが、どんな生き方をしようが、それが尊重される文化が根付いている。

言い方を変えると「自由」なんです。でも、自分でそれを選び行動しているので、全てが自分の責任です。だから、子どももどんどん自立していくのです。日本の中高生とヨーロッパの同じ年代の子どもは、全然違います。それこそ、子どもと大人。

まず、自分の意見をしっかり言える。コミュニケーションが取れる。自分の責任を理解し、自由に生きている。

日本では自分を押し殺し、周りに合わせるのが美徳とされる風潮がありますが、ドイツでだまっていると意見が無い人=無能な人だと思われて相手にされない。スポーツでも仕事でも社会がそうなっています。

ピッチで自分を表現しないとピッチにいないも同然。

自分を表現しない→いないも同前→パスが来ない。という図式です。

そして、ある時キレて自分を表現し、パスを要求しまくったら、どんどんパスがまわってくるようになった。

自分を表現、要求する。→パスがまわってくる。→プレーの機会が増える→信頼される。→楽しい!という図式です。

なんだか人生に似ていますね。

サッカーを通して生きる力を育むのであれば、ピッチで自分を自由に表現させましょう。親やコーチをチラチラ見ながらプレーするようでは、自由にプレーしているとは言えません。

自分をどんどん表現し、失敗が許される環境作りがキッズ年代では大切です。

今日もあなたにとって幸せな1日になりますように。

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

5.個性×自己主張=サッカーの上達

おはようございます。サッカーの指導をするにあたって、個性を大切にしたい!と思っているてっちゃんコーチです。

私は自分自身のことを普通の人だと思っているのですが、周りからは変わり者の烙印を押されています(泣)

確かに、ドイツ留学中にベルリンマラソンを走ったり、シベリア鉄道でロシアのユーラシア大陸を横断したり、飛行機を使わずにバス、列車、ヒッチハイクなどで日本までシルクロードを2カ月以上かけて帰ってきたりしましたけど。。。

日本では、人と違うことを言ったり行動したり枠から外れると変な目で見られたりしますよね。

ドイツだと個人をとてもリスペクトしていると感じます。あなたはあなた。私は私。のような感覚です。あなたの意見はこうだね。でも私は違う。私はこう思う。と、ハッキリしている。

日本人のように迎合することはあまりない。それが自分の意見をしっかりと持つということでもあり、ドイツでは子どもの頃からそのように教育されているようです。

日本では、自分の意見を全面に押し出すというよりは、周りの人たちはどう考えているのかな?と忖度し、丸く収めようとする。教育においても協調性や和を大切にする。

私は、日本人だし、日本的な考え方が好きです。でも、世界に視野を広げると、自己主張しないと何も始まらないことも知っているし、苦い経験もたくさんしてきました。

例えて言うなら、ドアの扉はノックしなければ開かれることはないということです。そのかわり、ノックすれば必ず開かれます。

「叩けよさらば開かれん」

という言葉があります。その意味は、①ひたすら神に祈れば神は必ずこたえてくれるということ。(聖書より)そして②迷わず積極的な行動をとれば、おのずと道が開ける。ということです。

さて、話が脱線しましたが、サッカーでもピッチ上で自分を表現することが大切です。個人の表現がチームの表現となり、やがて地域、更にその国独自のサッカーとなります。

ドイツとオランダ、隣同士の国なのにサッカーが全く違う。それは個人の、そして国民のメンタリティーがサッカーに色濃く反映されているからです。

キッズ年代の指導者が常に心掛けること。それは、一人ひとりの個性を大切にすること。そして自己主張をさせること。それがサッカーの上達につながり、自分で人生を切り拓くことにもつながります。

私は、キッズ年代から個性を大切にした指導をこれからも心掛けていきます。

ちなみに、サッカークリニックの7月号で公田SCの冨田さんとの対談の様子が掲載されています。

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1712343525513501&id=100002136114011

是非、手に取って読んでみてください。

明日は、てっちゃんがドイツで試合中にキレた話です。お楽しみに!

今日もあなたにとって感謝のあふれる1日となりますように。

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

4.カルチャーショック

おはようございます!

今日はドイツでカルチャーショックを受けた話です。

私は、日本体育大学の交換留学生として4年間ドイツのケルン体育大学に行き、サッカーの指導方法を学びました。食事や生活、言葉の面など、普段生活するのも日本とはかなりの違いがあってとても戸惑いましたが、中でも一番カルチャーショックだったのがサッカーです。

ケルン体育大学の敷地内にあるフットサルコートや、ヤーンビーゼというピッチが5・6面?くらい取れる公園では、ドイツ人だけでなく様々な国籍の人たちが集まり、サッカーを楽しみます。

知らない人が集まって、その場でチーム分けしてミニゲーム(試合)を楽しみます。日本で言うと個人フットサルみたいなイメージでしょうか。でも、そのミニゲーム、決して遊びじゃないんです。本気なんです。

シュートを外したら「シャイセー!」(くそー!)って大声で叫ぶし、味方にも自分自身にも物凄く厳しい!

キーパーと1対1の状況になったら、日本なら遊びますよね。股抜きしてやろうか、抜いてやろうか、なんて。

ドイツでは、ゴールキーパーの顔面めがけて弾丸シュート!って結構普通です。

((゚□゚;))

ゴールまで多少距離があっても、シュートコースが見えたら狙ってきます。

そのシュートがゴールの枠をとらえられなくても、よくやった!とか、いいぞ!って言われます。

シュートに関してはどんどんチャレンジしよう!でも、他のプレーでミスすると、「テツ!何やってんだ!」って怒られます。

試合後にみんなで握手をしますが、試合中散々怒られたので、やべー、また怒られる~ってビビっていたら、

「テツ!ナイスプレー!ビール飲みに行くぞ~!」

って、あれっ!?あんなに怒ってたのに。。。

どうですか?日本では考えられない遊びのサッカーですよね。

いや、そもそも遊びのサッカーってなんなんでしょう。もしドイツ人が日本に来て、個人フットサルに参加したら、私と同じようにカルチャーショックを受けるでしょうね。(逆の意味で)

なんで戦わないの?勝ちたくないの?悔しくないの?となるはずです。

サッカーの楽しみ方や考え方は、ドイツと日本でこれだけ違います。そして、国によって違います。

それらの違いが見れるのが『ワールドカップ』です。どんなプレー、どんなサッカーが見れるのか楽しみですね!

では、今日1日があなたにとってハッピーな1日でありますように!チュース!

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

3.ドイツ人と日本人の違い

おはようございます!

今日はドイツ人と日本人の違いについて、私が感じた所をお話します!

ドイツと日本の子どもたちを指導して一番違うと感じるのは、本気度、戦う姿勢、負けず嫌い、球際の激しさなどでしょうか。

ドイツの子どもたちは、相手に抜かれたら追いかけていって後ろからスライディングして転ばすくらいのプレーをしますし、練習の中でのミニゲームでも負けたら泣きます。

彼らにとってはそれが普通で、それが楽しいし、それこそがフットボールなんです。

ドイツ人と日本人。

そもそもメンタリティー、サッカーに対する考え方、楽しみ方、どんなプレーを大切にするかなどの価値観も全然違います。どちらが良い、悪いではありませんが、違いは明らかです。日本を外から見て、日本の良いところもたくさん再確認できました。

日本人の子どもたちは「練習始めるよ!集まれ~!」って言うとみんな当然集まりますよね。でも、ドイツでは集まってくれません(>_<) スペインや他の国もそうみたいです。

と言うか、むしろ日本人が世界の中では特殊なんだと思います。(良い意味で)

ちなみに、電車が遅れることなく時間どおりに来るのは日本では当たり前ですが、外国から見ると奇跡です。数分遅れただけで、すみませんとアナウンスされるなんて凄すぎます。私がシルクロードを旅した時は3日遅れで列車が来ましたから(笑)

では、また明日!

今日1日があなたにとって素敵な1日になりますように!

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

2.ドイツで指導者人生スタート

EPSON MFP image

私のサッカーコーチとしてのスタートは、ドイツの5.6才の子どもたちでした。ドイツ語もろくに話せないし、指導経験も無いのに、私を監督として受け入れてくれたことに感謝しています。

子どもの指導をしたい!という情熱を買ってくれたのでしょうか。奥寺さんが1FCケルンで活躍していた過去があるにもかかわらず、日本人もサッカーするの?って何度も言われたことがあります。ですので、なんで日本人の監督なんだよ!って納得していない親御さんも数人いて肩身の狭い思いをしたことも事実です。

ドイツでは、5.6才のチームでもホーム&アウェイで年間のリーグ戦があります。試合結果と順位は地元の情報誌に掲載されます。スポーツやサッカーを取り巻く文化の違いを感じますよね。

そう言えば、コーチ会議でアウェイの日程を聞いてたのに、すっかり忘れててすっぽかしてしまった事もありました。もちろん、ダイレクターからも相手チームの監督からもかなり怒られました(涙)

子どもが一生懸命ジョーク(オチのある短い話)を話してくれるんですけど、そこまでドイツ語を理解出来ないので笑ってあげることができず、場がしらけてしまうこともたくさんありました。話が終わり「テツ、笑わないの?」「えっ!?ハハハ、、、」みたいな。

冬はグランドが凍ってしまい、使えなくなることもあるので、体育館で練習することもあります。平均台の上を競争させて、転んで腕を骨折させてしまったこともありました。今考えると未熟だったし、なんて無謀な指導をしてたんだろうって反省しています。

1.サッカーで笑顔・健康・幸せに

・自己紹介
・夢
・ブログの趣旨

皆さんおはようございます。キッズのスペシャリスト・てっちゃんコーチです。この度、ブログを始めることにしました。皆さんと繋がれるのを楽しみにしています。

私の夢は、世界中の親子がサッカーやスポーツを通して笑顔・健康・幸せになることです。その過程の一つとして、神奈川県伊勢原市に国産の木材を使ってスタジアム、スポーツパークを作ります。完成は2048年11月29日。※なぜ国産の木材を使うのかは後日触れます。

このブログでは、「子どもが主役」の考え方を世界中に広めます。これからの未来を創るのは、他でもない “子どもたち” だからです。私は、キッズのスペシャリストとしてまずは子どもにアプローチをします。子どもが変わると親が変わり、親が変わると子どもがより良く変わります。そして、親子の笑顔が未来を変えていくのです。

サッカーの指導は、どの年代もそれぞれ難しさがありますが、特にキッズ年代は難しいと言われています。キッズ年代を担当しているサッカーコーチの皆様がこのブログで少しでも何かを受け取り、子どもたちに還元してもらえたらこんなに嬉しいことはありません。

私自身も皆さんと一緒に成長したいと強く思っています。情報交換をしながら共に歩んで行きましょう♪

(^^)/て

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★