214.勉強もサッカーも同時に向上させるアレとは?

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

昨日はアレ!で話が終わってしまいましたね。すみません。

「勉強ができる」

「頭がいい」

「かしこい」

そんな子どもたちは、頭の中のプロセスが優れている。

そのプロセスとは、

「知覚→予測→判断→実行」

でしたね。

目に見えるのは最後の「実行」です。どのようにプレーしたかです。

「知覚・予測・判断」は頭の中のプロセスなので目に見えない。

でもそこを鍛える必要がある。

そのためにはアレを使う必要がある。

それは、、、

 

「質問」

 

です。

 

何が見えていたの?

そもそも見ていた?見えてなかった?

他に選択肢はあった?

イメージはある?

どうなりそう?

今、何をするべき?

次に何をするべき?

 

自分で考えさせて、自分で決めさせましょう。

失敗?全然OKです。

頭の中の一連のプロセスを鍛えることが、

「勉強」にも「サッカー」にも「人生」にも活きてきます。

 

こんな考え方を日本中のキッズを担当するコーチが意識すれば、

日本のサッカーは世界に近づくし、

日本はもっと幸せな国になるだろうな。

どんなにAIが台頭しても、インテリジェンスを持った人材が世界をリードしていくでしょう。

「将来を見据えて、今の指導をする」とはそういう事です。

 

目に見える現象(プレー)にとらわれるのではなく、そこに至る目に見えないプロセスを向上させる。

そのために、指示命令ではなく「質問」を使う。

 

うちの子は「ダメ!」ではなく、「大丈夫!」と可能性を信じてサポートする。

そのためにはまずは自分を信じて満たす必要がある。

実際、あなたはいつも子どものことを真剣に考え、がんばっている。

あなたも私も子どもに成長させてもらっています。

子どもたち、ありがとう!

 

今日1日があなたにとって「将来を見据えた今」を感じることができる1日となりますように。

 

(^_-)-☆てつ

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

 

広告

投稿者: 一場 哲宏

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間のFCしらゆりシーガルス監督を経て、2019年に一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC公認キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中