186.もし、自分で作った女性の彫刻像と暮らした王様が、教育心理学の用語になったら。

おはようございます。キッズのスペシャリスト、てっちゃんコーチです。

むかしむかし、ギリシャのキプロス島にピグマリオンという王様がいました。

ピグマリオン王は彫刻がとっても上手で有名でした。

ある日、その王様は自分自身の理想的な女性を思い浮かべ象牙で作りました。

すると、王様はその女性の彫刻像に恋をしてしまいました。

王様は自分が掘った彫刻像を生きた女性にし、妻にしたいと熱烈に願っていました。

そこに現れたのが愛と美の女神、アフロディーテです。

その女神様はピグマリオン王の願いを聞き入れて、その彫刻像に命を与え人間に変えました。

ピグマリオン王はその女性と幸せに暮らしましたとさ。

めでたし、めでたし。

 

さて、このギリシャ神話が

「ピグマリオン効果」

 

と名付けられたのですが、人から期待されると本当にその通りになるという教育心理学用語です。

別名、「ローゼンタール効果」だったり「教育期待効果」とも呼ばれています。

人から期待されると、人はその期待に応えようと意識することで現実となる。

「先入観」とか「想い」って良くも悪くも効果を発揮するんですね。。。

教育、子育て、サッカーの指導、人材育成、マネージメント etc

知っておくべき内容だと思いませんか?

ローゼンタール効果(教育期待効果)については、また明日。

 

今日1日があなたにとって喜びを感じる1日となりますように。

 

(^_-)-☆てつ

 

★伊勢原に国産木材でスタジアムを作る★

※英語バージョンはこちら

English version kidsfootball coaching

広告

投稿者: 一場 哲宏

1973年3月29日生まれ、千葉市出身。日本体育大学に進学後、ドイツのケルン体育大学にて交換留学生として4年間サッカーの指導法を学ぶ。ケルンの街クラブで5・6才カテゴリーの監督を務めた。以降、イギリス・ロンドンの日本人向け幼稚園や湘南ベルマーレなど国内外で指導。2013年から6年間のFCしらゆりシーガルス監督を経て、2019年に一般社団法人伊勢原FCフォレストを設立。同代表理事。 指導者B級ライセンス、キッズリーダーインストラクター、幼稚園教諭一種、保育士、JAKC公認キッズコーチングエキスパートの資格を持つ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中